エステ等のダイエット

ふとももや脚痩せに効く!脂肪溶解注射(メソセラピー)の効果と注意点

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは

食事や運動でのダイエットでも
中々痩せづらく、悩まされがちな太もも。

この太ももに対しては
エステや美容外科などでの施術を行って
一気に細くすることもオススメです。

特に脂肪溶解注射(メソセラピー)は
太もも痩せに効果が高く
試していきたい施術のひとつです。

そこで太ももへの脂肪溶解注射について
効果や注意点をまとめてみました。

Sponsored Link

太ももへの脂肪溶解注射(メソセラピー)の効果

脂肪燃焼注射(メソセラピー)で太もも痩せ
太ももが痩せにくい背景には
セルライトの存在があります。

脂肪と老廃物がひとつになったセルライトは
運動や食事などの通常のダイエットでは
中々落とすことが出来ません。

マッサージなどで潰す方法もありますが
自分では届きづらい場所も多く
効果的なマッサージがやりづらい部位でもあります。

 

そこでおすすめしたいのが
脂肪溶解注射(メソセラピー)を使った
太もも痩せの方法です。

脂肪溶解注射の効果は
文字通り脂肪を溶かしてくれます。

さらに血流の流れを促進させるので
溶かした脂肪を体外へ排出してくれて
注射を打った部分を効果的に痩せさせます。

 

見込める効果としては
何度か脂肪溶解注射を打つことで
太ももの間に隙間ができるくらい痩せる事ができます。

上記でご紹介したように
特にセルライトに対しての効果が高いので
太ももに凸凹があると思ったら、試してみてください。

脂肪溶解注射(メソセラピー)の注意点

脂肪溶解注射(メソセラピー)の注意点
脂肪溶解注射(メソセラピー)は
セルライトに対しての効果が高い事は確かです。

ですが、その効果範囲には限りがあるため
面積の広い太ももに対しては
一回の施術で全体に効かせる事は難しいです。

そのため、脂肪溶解注射は何回か打つ必要があり
ある程度の長期的な施術が必要となります。

 

目安としては、
2週間に1回ほど脂肪溶解注射を打ち、
3ヶ月間かけて、太もも痩せを行っていきます。

そのため、脂肪溶解注射での施術を考える際には
1回分だけでなく、3ヶ月分合計の施術代を考えて
治療費を計算する必要があります。

 

また、脂肪溶解注射について
短期的なダウンタイムが報告されています。

施術後には、筋肉痛に似た傷みを感じるようになり
腫れたり、内出血が起こる事もあります。

ですので脂肪溶解注射を打つ際には
当日や翌日の予定を調整するようにしましょう。

もしも傷みや腫れが長いこと続くようなら
一度相談してみる事をおすすめします。

傷みがひいた後は、軽いマッサージを行うと
脂肪の排出を促進できるので
なるべく行うようしましょう。

 

ちなみに、脂肪溶解注射を受ける上で
失敗例が気になる方もいるかもしれません。

そんな方は、別の記事で
脂肪溶解注射の失敗例について
失敗回避の方法と一緒にまとめています。

そちらも一緒に見てみてください。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

脂肪溶解注射(メソセラピー)について
効果や注意点はいかがでしたでしょうか。

頑固な太もものセルライトも
脂肪溶解注射を使えば
比較的、短期間で痩せることができます。

 

とはいえ、注射が苦手だったり
身体に薬品を入れるのが怖い
という人もいるかと思います。

脂肪溶解注射と脚やせエステ、
自分に合った方法を選んで
納得のいく太もも痩せを目指してくださいね。