よくある悩み

セルライトとは?原因や影響、よくある勘違いを知っておこう!

セルライトとは、原因について




お腹やお尻、太ももなど気になる部位にできて、中々落ちてくれないセルライト。

このセルライトって具体的にはどんなもので、なぜできるのか知っていますか?

単に脂肪の塊と考えていると、いくら頑張っても落とすことができませんし、ダイエットも失敗するでしょう。

ダイエットを成功させる上で大きな障害になるこのセルライト。

その正体やできてしまう原因について、わかりやすく紹介していきます。

「全然セルライトが落ちないんだけど…」とお悩みの方は、まずその正体から知ってみてください。

Sponsored Link

セルライトとは

セルライトとはの具体例

言葉だけが有名になっているセルライトですが、これは具体的にはどのようなものなのでしょうか?

実際に見てみたいと思った方は、太もものお肉を摘んで寄せてみてください。

寄ったお肉の中に、ボコボコした気持ち悪い塊が出てきていませんか?

そのボコボコした塊こそが、セルライトなのです。

見た目がみかんの皮に似ているため、別名「オレンジピールスキン」とも呼ばれます。

 

では、セルライトとは何なのかというと、その正体は「脂肪と老廃物の塊」なのです。

しかも厄介なことに、普通の脂肪のように運動や食事で落ちないという特徴までもっています。

そのため蓄積したセルライトが、ふとした瞬間に顔を出して目立ってしまうのです。

単なる脂肪との違いと特徴

脂肪の中でも特別な存在と思われがちなセルライトですが、普通の脂肪とはどう違うのでしょうか?

厳密には色々とありますが、特に目立つ特徴のみ簡単に紹介していきます。

具体的には、下記のような違いがあります。

  脂肪 セルライト
男女差 男性・女性ともにつきやすい 特に女性につきやすい
部位 身体全体につきやすい 特定部位につきやすい
脂肪の位置 皮下脂肪・内臓脂肪に分かれる 皮下につきやすい
でき方 細胞が肥大化してできる 周りの細胞を巻き込んで線維化
落とし方 通常のダイエット レーザーやサプリなど特別な対応が必須
多い人の特徴 太っている人ほど多い 痩せていてもできる
原因 運動不足・カロリー過多 血行不良や冷え性など

これらをまとめると、セルライトというのは身体の表面にできて落ちづらい特別な脂肪の塊というイメージです。

Sponsored Link




脂肪とは違う!セルライトの原因

セルライトの原因は老廃物と冷え

上記で紹介したように、中々に厄介な特徴を持つのがセルライトです。

では、そんなセルライトは何故できてしまうのでしょうか?

普通の脂肪がつく原因とセルライトの原因は全く異なります。

具体的には以下のようなものがセルライトの原因になり得ます。

  • 老廃物
  • 冷え
  • 食べ物
  • 生活習慣

それぞれについて、原因とメカニズムを解説していきますね。

原因としての老廃物

セルライトの材料になるのは、溜まった脂肪と老廃物です。

これらが結合して固まってしまうことでセルライトはできあがるのです。

そのため、普段から運動不足や汗をあまりかかないなどの老廃物を代謝しない生活の方は注意が必要です。

原因としての冷え

身体が冷えてくると、血液やリンパのめぐりが悪くなってしまいます。

その結果として、老廃物が詰まりやすくなり、脂肪と結合してセルライトに成長してしまう事も。

そのため、身体が冷えやすい人ほどセルライトができやすく、また末端冷え性などがでやすい腕や脚にセルライトが出てしまうのです。

自分が冷えやすいという実感がある方は注意してみてください。

原因としての食べ物

セルライトは「脂肪と老廃物の結合したもの」というのは先程お伝えしました。

そのため、脂肪が過度に含まれる食事を続けていると、当然ですがセルライトを増やす原因になってしまいます。

唐揚げやとんかつのような脂ものが好きな人は要注意。

特にご飯などの炭水化物と一緒に食べると、脂肪として身体に残りやすいので気をつけましょう。

原因としての生活習慣

夜に寝るのが遅かったり、不規則な生活をしている人もセルライトに要注意です。

こうした不規則な生活をしていると、ホルモンバランスが崩れてしまいがちです。

ホルモンバランスが崩れてしまうと、セルライトができやすくなる傾向があります。

焦ってセルライトをなくすことを考える前に、まず現在の生活習慣を見直すことから始めてみてください。

セルライトができやすい部位

セルライトは普通の脂肪と違い、特定部位にできやすいという特徴があります。

その中でも、特にセルライトが付きやすい部位というのは限られています。

具体的には下記のような場所ですね。

  • 脚のもも
  • おしり
  • お腹
  • 二の腕

こういった部位によくセルライトができてしまいます。

また二の腕や脚などは服装によっては露出することも多いので、目立ちやすいのが悩みのタネですね。

単に太っているというのではなく、ボコボコが見た目的にも綺麗ではないので気になってしまいます。



見た目だけじゃない!セルライトの影響

セルライトの影響

このように見た目が悪く、人目が気になってしまうセルライトですが、それ以外にも実害はあります。

セルライトができることによってどのような影響があるのか、特に気になるものを下記にまとめました。

  • むくみ
  • 肩こりや腰痛
  • 太りやすくなる
  • 血栓症のリスクが高くなる

実害を感じずにスルーしていたセルライトの影響を知っておきましょう。

むくみ

セルライトができることによって、血流やリンパの流れが悪くなります。

そのため、その部位のめぐりが悪くなり、むくみやすくなる事があります。

さらにむくみが酷くなると、その部分に脂肪がつきやすくなるので脂肪が増えるという悪循環に。

肩こりや腰痛

セルライトができる部分は血の巡りが悪くなっているので、肩こりや腰痛になりやすくなります。

冷えと相まって、セルライトが多い人には、肩こりや腰痛に悩まされる人が多い傾向にありますね。

太りやすくなる

肥満とセルライトは別であるという事はお伝えしましたが、肥満になるやすくなるという因果関係はあります。

リンパや血管の詰まりによって脂肪が溜まりやすくなると、その部位にセルライトのみならず脂肪もつきやすくなります。

そのため体質によっては、セルライトの影響で皮下脂肪や内臓脂肪が増える可能性も。

血栓症のリスクが高くなる

セルライトを放置していると、太りやすくなるだけでなく、血栓症などの深刻な病気の原因になる可能性もあります。

これは血液の流れを悪くする事が原因ですね。

いずれにせよ、セルライトを放置しておいて良いことはありませんね。

Sponsored Link




セルライトについてよくある間違い

セルライトのよくある間違いとは

セルライトは有名ですが、その分言葉だけが独り歩きしている感もあります。

そのため、間違った知識が出回っていることもあり、注意が必要です。

下記でよくある間違いを解説しているので、まずは知識の入れ替えをしてみてください。

セルライトができるのは太った人だけ

「セルライト=デブの証」みたいなイメージを持つ方がいますが、実はそんなことはありません。

一見、脂肪があまりないように見える痩せ型の人にも、セルライトはあるのです。

これはセルライトの原因が脂肪とはまた異なることが理由ですね。

そのため、痩せ型の人の方がセルライトの上に乗った脂肪がないので、逆に目立ちやすいことさえあり得ます。

自分が痩せ型だからと安心せず、セルライトがないか確認してみた方が良いですよ。

まとめ

セルライトについてや、その原因についてある程度理解できたでしょうか。

セルライトは普通の脂肪とは違い、痩せている人にもついており、運動や食事制限などのダイエットでは落ちない。

これが重要なポイントと言えるでしょう。

現在、一般的にできるセルライト対策というと、自宅なら専用のクリームを使ったマッサージ、あるいは専門家であるエステでケアをするという感じです。

普通の脂肪とは性質が違うので、いくらダイエットを頑張っても、セルライトはほぼなくなりません。

間違ったアプローチを頑張らず、正しい方法を実践してセルライト対策をしてみてくださいね。