スキンケア

赤ら顔の原因は何!?複数の種類と12の治療法 完全ガイド

赤ら顔の対策

赤ら顔は悩んでいる人にとっては、かなり深刻な問題です。
顔がすぐに赤くなってしまったり、痒みが出ることもあるため、コンプレックスを感じやすい症状です。
この赤ら顔は、一口に「赤ら顔」と言いますが、実はいくつかの種類があります。
その赤ら顔に関しての原因や治療法も、それぞれあるという複雑な症状なのです。
今回、赤ら顔について種類から原因、対策まで一通りをまとめてみました。

Sponsored Link

赤ら顔の種類

赤ら顔の種類

冒頭で述べたように、赤ら顔にはいくつかの種類があります。
大きく分けて、血管の影響による赤ら顔と皮膚自体が赤くなる赤ら顔の2種類です。
それぞれの中でも、さらに細分化ができるので、まずは赤ら顔の種類を把握して、自分はどのパターンの赤ら顔なのか把握しましょう。

血管の影響での赤ら顔

こちらのタイプの赤ら顔は、通常、肌の下に隠れている血管が膨張などを通して、透けて見える事で赤くなります。
より詳細に分類すると2つのタイプに分けられます。

赤面症による赤ら顔

赤面症というのは、いわゆる人前で顔が赤くなってしまうというタイプの赤ら顔です。
ストレスや緊張が引き金となって顔がすぐに赤くなってしまう症状が、この赤ら顔に当てはまります。
顔が赤くなる原因としては、自律神経の影響などで顔周りの血管が膨張し、血液の赤色が見えてしまう事にあります。

皮膚が薄くなることでの赤ら顔

こちらは同じ血管による赤ら顔でも皮膚の薄さが原因になっている場合
肌の下には毛細血管が集中していますが、元々皮膚が薄かったり何らかの理由で薄くなると、血管が膨張した際に透けやすくなります。
このタイプの赤ら顔は、特に気温の影響をモロに受けやすい傾向にあります。

皮膚自体が赤くなる事での赤ら顔

上記の血管が透ける赤ら顔とは違い、肌自体の炎症によって顔が赤くなるパターン。
こちらの場合は、より丁寧なスキンケアが必須になります。

肌荒れによる赤ら顔

肌にダメージを受けてしまう事によっても、赤ら顔に繋がってしまう事があります。
お肌のかぶれや皮むけ、つっぱりなどちょっとした肌トラブルが重なることで、肌の炎症に結びつきます。
ここから軽度の赤ら顔に繋がり、悪化していくごとに赤ら顔の程度も強くなります。
この場合、粉を吹くケースもありますので早急に対応したいところ。

ニキビによる赤ら顔

肌トラブルで代表的なニキビによっても、赤ら顔になることがあります。
いわゆる「にきび面」から顔の赤みが目立ち、赤ら顔になっているパターンですね。
炎症によって肌が赤くなっているので、ニキビを治療する事が、赤ら顔解消に繋がります。

脂漏性皮膚炎による赤ら顔

脂漏性皮膚炎というのは、皮脂が過剰に分泌されてしまう事によって肌の上で酸化、炎症の原因になる症状のことです。
症状が進むとニキビを併発する事もあり得るので、重度の赤ら顔になる可能性があります。

赤ら顔の原因

赤ら顔の原因

赤ら顔には複数の種類がある事から分かるように、その原因にもいくつかの種類があります。
完璧に赤ら顔の原因を自分で特定するというのは難しいですが、その傾向から目星をつけることはできます。
ですので下記に紹介する原因の中から、自分の赤ら顔に当てはまりそうなものを思い出しながら探してみてください。

生まれつきの体質による赤ら顔

赤ら顔の中には、生まれつきの体質によって顔が赤くなってしまうケースがあります。
後天的な赤ら顔と比べても、その治療法は大きく変わるため、自分が当てはまるかどうか、確かめておきましょう。

緊張やストレス

いわゆる赤面症という症状の赤ら顔です。
極端なストレスや緊張を感じた時に、顔が急に真っ赤になるタイプの赤ら顔です。
このタイプは上記のように、心理的に重い負荷を感じた時に赤ら顔が発症してしまいます。
自分の顔が赤くなるときに、こういった心理的な要素がなかったかどうか一度、振り返って確認してみてください。

アルコール

お酒などのアルコールを飲むことで、顔が真っ赤になるタイプの人もいます。
この赤ら顔は、完全にお酒への免疫の問題なので、対策としてはアルコールを飲まない事が一番ですし、根本的な治療はかなり難しいといえます。
このお酒への免疫力などは、大部分が遺伝に依存しているため、後天的になることはほぼあり得ません。
一度、アルコールパッチテストなどをして、自分がお酒に免疫があるかを調べてみると良いかもしれませんね。

後天的な赤ら顔

上記のような先天的な赤ら顔とは違い、日常生活の過ごし方などを通して、後天的に赤ら顔になるケースもあります。
こういった後天的な赤ら顔は、スキンケアなどで改善しやすいため、治せるというのが魅力です。
そんな後天的な赤ら顔について、主な原因をご紹介します。

刺激の与え過ぎ

まず最も多い赤ら顔の原因がお肌に強い刺激を与え過ぎている事です。
自分では軽く洗顔してるつもりでも、薄い顔の皮膚にとっては強い刺激になり、洗う度に削れている事もあります
そういった事が積み重なって、顔の皮膚が薄くなってしまい赤ら顔に繋がってくるのです。
必要以上の回数や時間、洗顔をしていたり、かゆいからといってよく顔をこするという場合は、これが赤ら顔の原因の可能性があります。
「顔の皮膚はデリケートなもの」という認識のもと、繊細に扱うようにしましょう。

脂漏性皮膚

赤ら顔のやっかいな原因のひとつに脂漏性皮膚というものがあります。
これは文字通り、皮脂がベタベタの肌になっているという状態のことです。
具体的には、パッと見で分かるくらいベタついており、肌触りもザラザラ・全体的に肌に赤身があるという見た目にもよろしくない感じになります。
 
脂漏性皮膚の原因としては、普段の生活習慣やストレスの他に顔の皮脂の取り過ぎも考えられます。
必要以上に顔の脂を取ってしまうと、顔の表面を保護するために身体の組織が働いて、今まで以上に皮脂を分泌してしまうのです。
場合によっては、カビと結びついて悪さをするという事もあり得ます。
そうなる前に洗顔や食事や生活習慣を改善し、脂漏性皮膚から健康な皮膚を目指してみてください。

ニキビ

上の項目でご紹介しましたがニキビもまた、赤ら顔の原因になっています。
ニキビはアクネ菌という雑菌による、お肌の炎症によって起こります。
これが短期間で治らず、恒常化することで肌の炎症の赤色が色素沈着により定着し、赤ら顔の原因となるのです。
ニキビを防ぐためには、栄養バランスを気をつけて洗顔によって肌を清潔に保つ必要があります。
とはいえ、力を入れた洗顔は顔の皮膚を削ってしまい、別の赤ら顔の原因にもなるので、優しい洗顔を心がけていきましょう。

赤ら顔のケア方法

赤ら顔の治療

赤ら顔のタイプや原因が分かったら、いよいよ肝心の赤ら顔のケア方法について詳しい情報を見ていきましょう。
基本的には赤ら顔も症状の度合いによって、必要な治療法は変わってきます。
軽度の赤ら顔なのか、それとも重度の赤ら顔なのか。
自分の赤ら顔の度合いを見て、どんな治療法をすべきかを選んでください。

軽症の赤ら顔の場合

赤ら顔が軽症の場合、基本的には自分でできる対策で十分です。
正しい物を食べて、正しいスキンケアをする。
これが軽度の赤ら顔の対策になります。
具体的には、以下の様なポイントを気をつけて、赤ら顔の対策に乗り出してください。

スキンケア(洗顔)の見直し

赤ら顔を落ち着かせるために、普段以上に顔をゴシゴシと洗うなんて人もいるかと思います。
ですがあまり強く洗顔してしまうのは、赤ら顔の対策としてはマイナスになります。
汚れを落とし、皮脂を洗い流すというのは、確かに赤ら顔のケアとしては正しいです。
ですが、やり過ぎてしまうと皮膚を削って薄くしてしまい、逆に赤ら顔を目立たせる事に繋がってしまいます。
基本は力を入れず、優しく洗う事が重要です。
また洗顔後には、肌に優しい化粧水でしっかり保湿することも大切です。
赤ら顔の原因である血管の炎症を抑え、顔の赤みを引かせられる赤ら顔専用の化粧水があります。
これを使うことで、かなりの赤ら顔解消のためのケアになるでしょう。

赤ら顔専用の化粧水でケア

赤ら顔のケアとして正しいスキンケアの方法は、下で紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。

食生活の改善

食べるものを気をつけるだけでも、赤ら顔が解消される可能性があります。
特に肌のかゆみを伴う赤ら顔の場合は、この傾向は強いです。
もし当てはまる場合は、下記のような食べ物を食べるのを控えてみてください。

  • 辛いもの
  • 酸っぱいもの
  • 塩辛いもの
  • 一部のフルーツ

 
基本的には、なるべく薄味のものを食べておけば、赤ら顔の改善には間違いありません。
またフルーツに関しては、パイナップルなどのパッションフルーツが実は肌への刺激が少なからずあります。
こういったフルーツを避ける事も、赤ら顔の改善に繋がりますよ。
 
また、刺激物の摂取も控えたほうが良いでしょう。
タバコやお酒、カフェインなど身体に刺激を与えるものは、赤ら顔の原因になり得ます。
これらを日常で摂取していた場合、赤ら顔が治まるまで待つことをお勧めします。

水分を摂る

あまり水を飲まない人は、たっぷりと水分を摂ることも、赤ら顔の対策になりますよ。
水によって身体の中のミネラルバランスを整え、さらにお風呂や運動でしっかり汗をかけば、新陳代謝の高い身体を作ることが出来ます。
こうすることで身体に溜まった老廃物を排出しやすくし、肌のターンオーバーを促進してキレイな状態を作り、赤ら顔を解消させます。

漢方薬

赤ら顔の原因のひとつに、血管が広がりやすいという体質があります。
この血管の広がりやすさを抑えるために、漢方薬が有効な手段としてあります。
血液の流れを改善する効果を持つ漢方薬は、赤ら顔の抑制にも役立ちます。
具体的には以下の様な漢方薬が、赤ら顔の人にはお勧めです。

  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 温経湯(うんけいとう)
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  • 生姜(しょうが)
  • 甘草(かんぞう)
  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 川キュウ(せんきゅう)

これらは漢方薬なので大きな副作用はありませんが、念の為に薬剤師や医師に相談しても良いでしょう。
 
また、これらの漢方薬を配合した赤ら顔専用の和漢化粧水があります。
実際に使った人のほとんどが、赤ら顔の改善効果があったと満足度の高い声が挙がっています。
わざわざ病院に行って処方してもらって、などの手間もいらないので、漢方薬を活用したい人にもお勧めです。

漢方薬を使った赤ら顔専用の化粧水

睡眠を十分に摂る

よく言われることですが、睡眠不足はお肌の天敵です。
睡眠不足になると、身体の各機能が落ちてしまい、肌の質も下がってしまいます。
そうすると再生力なども低くなってしまうため、顔の肌にもダメージが蓄積し、赤ら顔になってしまうのです。
体力を充実させ万全の状態を作ることは、肌の再生力を向上させて、赤ら顔も改善できます。
まずはしっかりと眠るようにしてください。

中度~重症の赤ら顔の場合

赤ら顔の重症の場合

赤ら顔が軽度の場合は、自分で家でケアすればどうにかなりました。
ですが中度~重症の赤ら顔の場合は、専門的な病院などで受診した方が良いです。
赤ら顔なら皮膚科に行っておけば、まず間違いないでしょう。
その上で下記のような治療を受ける事になります。
 
赤ら顔は、複数種類のタイプが有り、それぞれを見極めて適切な治療をすることが極めて難しい症状です。
そのため、治療後に改善するまで時間がかかりやすく、即効性はあまり期待できません。
とはいえ回数を重ねていけば、確実に赤ら顔の改善に繋がっていきます。
すぐに諦めてしまわずに、赤ら顔を治すまで根気よく治療を続けていきましょう。

光治療(IPL:intense pulsed light治療)

赤ら顔の原因である、顔の毛細血管。
その毛細血管に光を当てることで、血管を収縮させて赤みを抑える方法です。
治療の原理としては、一瞬だけ強い光を患部に当て、赤みの原因になっている血管を破壊します。
赤ら顔の治療の中でも痛みが少ないのが特徴で、日焼けのようになったり、かさぶたになるなどダウンタイムがほぼ無いのがメリットですね。

レーザー治療

光治療と同じように、患部にレーザーを当てて血管を破壊する、赤ら顔の治療法です。
ただし光治療と異なり、若干の痛みを感じることがあります。
この治療のみ、赤ら顔の治療の中で唯一保険適用になります。
 
ただし保険適用はレーザーの種類により、保険が使えるのは「ダイレーザー」という機械で、赤ら顔治療を行ったときのみになります。
他によく使われている「ヤグレーザー」は、残念ながら保険を使うことが出来ません。

硬化治療

他の治療が、光を使って血管を破壊するのに対し、硬化治療では、注射を使って赤ら顔を治します。
赤ら顔の原因になっている血管に硬化剤を注射で注入し、伸縮性のある包帯で固定します。
この治療はレーザー治療では難しい、太い毛細血管に対して主に使われる手法です。
硬化治療後にもあまり制限を受けることがないので、ダウンタイムを心配しなくても大丈夫です。

赤ら顔改善のためのスキンケア

赤ら顔のスキンケア治療

赤ら顔を改善するためには、兎にも角にもスキンケアが重要です。
どのタイプの赤ら顔でもお肌に刺激を与えず、優しくケアするというのがポイント。
そこで赤ら顔改善のためのスキンケアについて、重要な点を以下にまとめました。

優しく肌を洗う

まず最も重要な要素として肌に刺激を与えないように気をつけましょう。
軽い力で洗っているつもりでも、肌には摩擦が加わっており、肌の角質層を薄くしているという可能性があります。
顔の皮膚は薄いため、力を加えていないつもりでも思いの外、ごっそり削ってしまい赤ら顔の原因につながっています。
これを解消するためには、とにかく肌に負担をかけないよう優しく肌を洗うようにしましょう。
洗顔の時などは、石鹸や洗顔フォームを泡立てて弾力が強い泡を作ってください。
その泡で肌を包み込むように、力を入れずに洗顔していきましょう。

赤ら顔専用の化粧水を使う

白漢 しろ彩の詳細

洗顔の後には基礎化粧品を使って、お肌をケアする必要があります。
赤ら顔の方は、以下のような化粧水を色々と試してきたと思います。

  • 刺激が少ない
  • 保湿力が高い
  • 有名ブランド

 

ですが、赤ら顔の対策としてはイマイチだったかのではないでしょうか。
その理由は、赤ら顔の原因である毛細血管の炎症にアプローチできていないから。
もし本当に赤ら顔を抑えたいのであれば、赤みの原因である毛細血管の炎症をできる限り抑える必要があります。
その効果に特化したのが「白漢 しろ彩」という和漢化粧水です。
 
実際に検証したところしろ彩を使った人の86%が、赤ら顔の赤みが軽減したというデータが出ています。
またお肌にも優しい作りになっており、乾燥肌の人の93%が満足して使っています。
60日間の返金保証もついており効果がでるか不安な人も、安心して使うことができるかと思います。
赤ら顔にお悩みの方は、専用の化粧水であるしろ彩を使って、赤みが軽減できるか試してみてください。

赤ら顔専用の化粧水を試す

過度のマッサージ、ピーリングに注意

赤ら顔の人にとって、顔のマッサージやピーリングは要注意です。
これらは顔に摩擦を与えてしまい、角質を削って、顔の肌を薄くする原因になります。
特にピーリングは、やり始めると角質を除去する感覚が気持よくて、ついついやり過ぎてしまいがちです。
ピーリングをやっていて、顔が赤くなってきたと感じたら必ず、いったんピーリングを中断しましょう。
 
大なり小なり、顔を触ることは、肌に摩擦と刺激を与えて、皮膚や角質を薄くする要因になります。
そのことを頭に入れておいて、やり過ぎて赤ら顔にならないように注意するようにしてください。

ビタミンC誘導体を活用する

皮膚の炎症が原因で起こる赤ら顔の場合はビタミンCが効果的です。
ビタミンCには抗酸化作用があるため、肌につけることで炎症を沈めてくれるのです。
その効果をより高めたものが、ビタミンC誘導体というものです。
 
浸透のしやすさが普通のビタミンC以上で、肌に染み込みやすくなっており、化粧品などによく配合されています。
下記のような成分名で表記されている事が多いので、赤ら顔に悩んでいる方はこれらが書かれた基礎化粧品などを探してみてください。

  • リン酸パルミチン酸アスコルビル3Na
  • リン酸アスコルビン酸Na

こちらの赤ら顔専用の化粧水には、当然ながら、ビタミンC誘導体を配合し肌にしっかり栄養を届けています。
さらにセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿成分を豊富に配合しているので、お肌の潤いもしっかりキープしてくれます。
皮膚や血管の炎症を抑えつつ、保湿でダメージも少なくしてくれるので、最高のバランスで赤ら顔の改善をしてくれるのです。
ビタミンC誘導体を配合した赤ら顔専用の化粧水

顔にかかるものに注意

触ることによる直接的な刺激以外にも、何かを肌につけることで刺激を与えてしまい、赤ら顔の原因になることがあります。
スキンケアのために美容液や保湿液などをつける、というひとも少なく無いでしょう。
ですが、そのつけている美容液なども入っている成分によっては、肌に刺激を与えてしまい赤ら顔の原因になる事も。
もしつけていて、赤ら顔が酷くなると感じたら、いったんその美容液を使うのをストップしましょう。
 
また直接顔につける意図がなくても、日常生活の中でどうしても顔に触れてしまうというものもあるでしょう。
例えば、髪につけたワックスやスプレー、汗や汚れが染み付いた枕やタオルなど、普段の生活の中でいろんなものが顔に触れているはず。
もちろん、神経質になり過ぎるのも良くないですが、気がつくところくらいはできるだけ清潔にしておきましょう。
もしこれらの影響で顔に痒みが出たとしても、あまり触らないようにしてくださいね。
 
この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

赤ら顔の種類や原因、治療法についていかがでしたでしょうか。
赤ら顔は大きく分けて2種類あり、それぞれ原因も違っています。
自分の赤ら顔はどの種類で、適切な治療法はどうすることなのか。
しっかりと治療法を見極めることが、赤ら顔解消の近道なのです。
コンプレックスに感じやすく、焦る気持ちもわかりますがまずはしっかりと見極めからやってください。
焦らずに地道に赤ら顔対策を続けていけば、きっと赤ら顔は解消できますよ。