スキンケア

脱毛は妊娠中にしても良いの?胎児への影響とおすすめの脱毛方法

脱毛は妊娠中にできるか

脱毛している時期に
実は妊娠していることが分かったら…。

妊娠している状態のまま
脱毛の施術を続けても良いものでしょうか。

ムダ毛の処理は引き続きしたいが
赤ちゃんへの影響が気になり
続けるかどうか迷っている。

そんな妊婦さんも大勢いるため
脱毛でのよくある質問のひとつとして
取り上げられる事もあるほど。

では、実際のところ
妊娠中の脱毛は可能なのでしょうか。

赤ちゃんへの影響も踏まえて
妊娠中の脱毛についてまとめてみました。

Sponsored Link

妊娠中の脱毛は問題ない?

脱毛を妊娠中にしてもいいか

脱毛サロンや美容クリニックに通い
脱毛の施術を受けていた場合
妊娠が発覚しても続けられるのでしょうか。

これについてはサロンにも寄りますが
大手のサロンやクリニックでは
脱毛施術を断られる事がほとんどです。

たとえばミュゼプラチナムでは
公式サイトで脱毛の施術条件として
「妊娠・授乳中の脱毛はNG」と明記してます。

そのため胎児への影響に関わらず
妊娠中は脱毛の施術を行ってもらえず
どうしようもありません。

このようにサロンやクリニックが
妊娠中の脱毛を断る理由としては
胎児ではなく、母体への影響があります。

妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく
その影響で痛みが大きくなったり
脱毛効果が薄くなる事があり得ます。

 

そのような状態の時に脱毛施術を行っても
期待した効果が見込めづらく
リスクのみが大きくなります。

またサロン側の立場としても
胎児への影響が無いとはいえ
絶対の保証ができるわけではありません。

何かあった際には深刻な責任問題になるため
そのリスクを負いたくないので
脱毛施術自体を断るのですね。

データとして胎児への影響が無くとも
脱毛施術中につわりが起こった場合など
サロンスタッフでは対応できません。

そういった危険性も考えて
妊娠中は脱毛の施術を断られるのですね。

各脱毛方法の妊娠中の影響

妊娠中の脱毛の影響

サロンでの脱毛施術は
妊娠中には引き受けてもらえない
というのは上記の通りです。

そういったサロン側の都合ではなく
脱毛施術自体の妊娠中の影響は
いったいどのようなものなのか。

サロンで行われる光脱毛だけでなく
主な脱毛方法の影響について
下記にまとめてみました。

光脱毛、レーザー脱毛

光線を活用した光脱毛医療レーザー脱毛
先に説明したように
直接的な胎児への影響はありません。

ただし妊娠中のホルモンバランスの変化から
光線による刺激が影響を与えて
肌トラブルを引き起こす可能性があります。

また妊娠中は痛みも強くなり
その痛みによって子宮収縮が起こる
という可能性も否定できません。

そのため、直接的ではないですが
間接的な妊娠への影響が心配されます。

脱毛クリーム

脱毛クリームには体内にまで浸透して
胎児に影響を及ぼすような成分は
使用されておりません。

そのため、妊娠中に脱毛クリームを使っても
赤ちゃんに悪い影響を与える事はなく
脱毛に使用することはできます。

ただし刺激を与える成分もあるため
肌が敏感になっている妊娠中には
肌トラブルの原因になることも。

脱毛ワックス

脱毛ワックスは粘着力を利用した
物理的な脱毛方法ですので
こちらも胎児への影響はありません。

ただ、皮膚から剥がす方法をとるため
どうしても肌への刺激が強くなり
肌トラブルの原因にはなりがちです。

また光脱毛と同じように
妊娠中で強くなった痛みにビックリして
子宮収縮を引き起こす可能性も。

そういった事態を考慮した場合
妊娠中の利用はリスクがあります。

妊娠中のおすすめの脱毛方法

妊娠中におすすめの脱毛方法

上記のような脱毛方法が
妊娠中は良くないというのであれば
ムダ毛はどう処理すべきでしょうか。

最もオススメの方法としては
カミソリを使った自己処理です。

この方法でのムダ毛処理が
リスクも少なく、安全かつ確実に
ムダ毛を処理することができます。

もっともお腹が大きくなってくると
下半身に手が届かなくなるので
その時期はお休みするべきですが。

 

またカミソリは肌を少し痛めるため
ムダ毛処理が終わった後は
保湿を徹底することを忘れずに。

保湿に使うものも
低刺激のローションなど
ダメージを最小化させるものを選びましょう。

この点さえ気をつけておけば
妊娠の前半までは
安全にムダ毛処理することができますよ、

妊娠中は脱毛は休むべし

妊娠中は脱毛をお休みする

結論としては、
妊娠中は脱毛を一時お休みし
最低限の処理に留めるべきです。

途中まで進めていた脱毛を
一旦休んでしまうのが心配
という気持ちももちろん分かります。

ですが妊娠中に優先されるべきは
なによりも赤ちゃんと母体の安全です。

なんらかの危険性があるのであれば
無理に脱毛を続けるよりも
妊娠中だけでも中断すべきです。

何かあってからでは遅いので
赤ちゃんの事を第一に考えて
脱毛は後回しにしておきましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

妊娠中の脱毛について
いかがでしたでしょうか。

脱毛を行うことは
直接的に胎児に危険は及ぼしません、

ですが、施術中のつわりなど
副次的な危険性もあるため
多くのサロンは施術を断ります。

そうでなくても妊娠中の脱毛は
ホルモンバランスの乱れにより
肌荒れリスクも大きくなります。

他にも間接的に赤ちゃんに対して
良くない影響を与えかねませんので
妊娠中の脱毛は控えるべきです。

出産してしばらく経てば
また脱毛はできるので
それまでは少し我慢しましょう。