スキンケア

脱毛中はお酒はNG?アルコールの影響と飲酒の注意点2つ

脱毛におけるお酒の影響

脱毛の施術を行う際に
気をつけなければいけないのが
お酒の飲み方です。

サロンでの最初の説明で
施術の前にはお酒を飲んではいけない
という風に言われるでしょう。

この注意を守らないと
脱毛施術の最中やその後で
痛い目を見ることになります。

また脱毛の施術が終わったあとも
すぐにお酒を飲んでしまうと
同様の結果になることも。

そこで脱毛中のお酒の飲み方、
飲酒による脱毛への影響など
アルコールの働きをご紹介します。

脱毛中のお酒が駄目という点だけでなく
なぜ飲酒が駄目なのかを知って
しっかり対策するようにしましょう。

Sponsored Link

脱毛でのお酒の影響

脱毛時の飲酒の影響
脱毛前や後のお酒は駄目
と言われていますが
もし飲酒するとどうなるのでしょうか。

これが分からないと
ついつい気分でお酒を飲んでしまい
痛い目を見る可能性があります。

そこで脱毛中にお酒を飲むと
どんな影響があるのかを
下記にまとめてみました。

このお酒の影響を知っておいて
まず危険性を認知しておきましょう。

脱毛の施術前の飲酒

まずサロンでもよく注意される
脱毛施術の前の飲酒について。

これはお酒のアルコールによって
血行が良くなってしまう事で
脱毛時の痛みの増大に繋がります。

お酒を飲むと血流が促進され
火照ったような感覚になりますよね。

この状態で肌にレーザーを当てると
普段以上に肌に熱がこもってしまい
必要以上に痛く感じてしまいます。

それだけでなく
感じる熱さも強くなってしまったり
かゆみを併発する事もあります。

これは直接的なお酒のデメリットで
そこから肌を擦ってしまうことで
間接的なダメージに繋がることも。

いずれにせよ、脱毛をする上で
施術前にお酒を飲んでしまうことは
マイナスでしかありません。

脱毛の施術後の飲酒

では脱毛の施術が終わった後なら
お酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか。

これはタイミングによります。

脱毛の直後にお酒を飲むと
アルコールがマイナスに作用し
主に施術跡の落ち着きに影響が出ます。

1番顕著なのは、赤みの収まりですね。

脱毛後には数日ほど赤みが残り
徐々に引いていきます。

ですが脱毛直後にお酒を飲むと
この赤身が治まるまでが長引き
中々元に戻らない事があります。

 

また、脱毛の施術によって
一時的に肌が敏感になっているため
痒みがでやすくなります。

しかもその部分を掻いてしまった場合
跡が残りやすくなっており
肌へのダメージも大きくなります。

アルコールで酔っていると
意識して掻くのを我慢しづらくなり
この状態を防ぎづらくなります。

特にこういった症状が出やすい部分は
首元や背中、膝下などです。

脱毛の前後お酒を飲んで良いタイミング

脱毛にお酒を飲むタイミング
脱毛時にお酒を飲んでしまうと
上記のようなデメリットがあり
辛い目にあってしまうでしょう。

とはいえお酒は我慢できない、
付き合いで飲まないといけない
なんて事もあるでしょう。

では脱毛を行う場合
どれくらい期間を空けていれば
飲酒しても大丈夫なのでしょうか。

脱毛の前と後で考えた場合
これくらい空けていれば大丈夫
という期間を出してみました。

脱毛の施術前の飲酒

脱毛の施術前という定義だと
どれくらい前からお酒を我慢すれば
安全に脱毛ができるのでしょうか。

原則的な話をしてしまうと
これは個人の体質に依る点が大きく
一概にどれくらいとは言いづらいです。

というのも、アルコールを摂取した際
体内で分解する酵素の量などは
個人の体質で違うからです。

これはお酒に強い、弱いなど
日頃の飲酒時の状態で分かるでしょう。

 

とはいえ、ひとつの目安を出すのであれば
脱毛施術の前日は飲まない
というのが安全圏でしょう。

24時間以上あれば、お酒を飲んでいても
問題ない程度には分解が進み
安全に脱毛ができるようになります。

日常的にお酒を飲んでいる場合は
脱毛施術の予約を入れた前日には
グッと我慢して禁酒しましょう。

脱毛の施術後の飲酒

安全に脱毛施術が終わった後
我慢していたお酒を飲みたいところですが
すぐに飲んでしまってはいけません。

先に紹介したような症状がでないよう
一定の期間はお酒を我慢して
症状の予防をする必要があります。

この一定の期間ですが
脱毛後については脱毛前以上に
時間で表すのが難しいといえます。

症状が出ないようにするのであれば
脱毛後に現れている赤みやかゆみなど
諸症状が治まってからが理想。

これは皮膚の丈夫さなどに依存するため
その日のうちに治まるひともいれば
数日間は治まらない人もいます。

 

また行う脱毛の施術方法によっても違い
医療レーザー脱毛の場合は出力も強く
赤みが治まるまで時間もかかります。

症状が治まるまで飲酒を我慢しなければ
思わぬ肌へのダメージにも繋がり
後で泣きを見ることにも。

多くの方の場合、脱毛施術後2日もあれば
ある程度は症状が治まってきます。

鏡などで確認をしながら
脱毛後の症状が治まってきたか確認し
お酒を飲むようにしてくださいね。

お酒を飲んでしまった場合の対処法

飲酒後の脱毛の対処法
理想的なお酒を飲まない期間は
上記で紹介したとおりです。

とはいえ、我慢できずに飲酒してしまったり
付き合いでお酒を飲まざるを得なかった
なんて事も起こり得るかと思います。

そういった場合、脱毛の施術では
どう対応したら良いのでしょうか。

そういった飲酒時の対応については
以下のようにすると良いでしょう。

無理をしても良いことはないため
グッと我慢することが大切ですよ。

脱毛の予約をキャンセルする

お酒を飲んでしまったあと
その影響を直後に緩和する
という方法はありません。

そのため、脱毛の予約が明日であっても
すぐに予約をキャンセルすべきです。

サロンによっては
前日のキャンセルでも対応してくれて
別日に振り替えることもできます。

そうでなかったとしても
肌に起こり得るダメージなどを考えて
そのまま脱毛を行うべきではありません。

短期的な損得だけでなく
長期的に肌に与える影響なども考えて
ここは脱毛の予約をキャンセルしましょう。

まずは冷やしてみる

それでも脱毛の施術を強行してしまったり
施術後すぐに飲酒してしまった場合。

赤みやかゆみが酷く出る事も。

そういった場合は、症状が酷い部分を
タオルに包んだ保冷剤などで冷やす
という対応をしてみましょう。

たったこれだけでも
上手くすれば赤みやかゆみが引き
ある程度症状が治まることも。

とはいえ、これはあくまでも応急処置です。

本来は施術を行うべきではないので
冷やせば大丈夫だと思い込まず
脱毛前後の飲酒は控えましょう。

酷い場合は皮膚科へ

もし症状が酷く出ており
冷やしても一向に改善しない場合は
すぐに皮膚科へ行きましょう。

素人では判断できないような
分かりづらい影響があるかもですし
放っておいても良いことはありません。

症状が治まらないのであれば
医師に見せるのが1番の解決策です。

また皮膚科へ行ったあとは
飲酒後に起こった症状について
サロンでも報告しておきましょう。

脱毛時のレーザーの出力や当て方など
より影響が出にくいように調整するなど
適切な対応をしてくれます。

こういう事はしっかり伝えておかないと
また脱毛によって同じ症状が起こり
繰り返してしまう可能性もあります。

自身の安全のためにも
脱毛を行う際にはちゃんと伝えて
気持ちよく脱毛を続けましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

脱毛と飲酒の関係について
いかがでしたでしょうか。

すでに脱毛の予約を入れている場合
その前日は飲酒を控えて
アルコールを遠ざけましょう。

また脱毛の施術後は
赤みやかゆみが引くまで待って
それからお酒を飲んで下さい。

この前提を守っていれば
脱毛を行っていても
問題なくお酒を飲むことができます。

もしその前提を破ってしまい
お酒によるトラブルが起こった場合は
まず冷やすようにしてください。

それでも駄目なら皮膚科へ直行です。

飲み方を間違えなければ
脱毛と飲酒は両立できます。

正しくお酒を飲みながら
問題を起こさず脱毛をしていきましょうね。