スキンケア

Vライン脱毛で女子力アップ!絶対やっておきたい5つのメリット

Vラインの脱毛が気になる

Vラインの脱毛、ちゃんとできていますか?

女性のアンダーヘアのうち
最も目立つ部分が
前面に生えているVラインの部分です。

この部分の処理が不十分だと
レジャーや恋愛などの様々なシーンで
残念な思いをしてしまう事も多いです。

自分で処理している人もいるでしょうが
思い通りの形に剃ることができなかったり
毎回の手入れが面倒だったりしませんか。

そんなデメリットを考えたら
一度サロンやクリニックに通って
キレイなVラインを手に入れたほうが正解です。

とはいえ、デリケートな部分ですので
Vライン脱毛ではどんなことをするのか
いろいろと気になるかと思います。

そんな方のために
Vライン脱毛について情報をまとめてみました。

Vラインの脱毛が半額

Vライン脱毛のメリット

Vライン脱毛のメリット

まず最初に、わざわざVラインを脱毛するにあたって
どんなメリットがあるのか知りたいかと思います。

明確な理由があってVラインの脱毛に臨む
という人もいれば、なんとなく脱毛したいかも
なんてふわっとした理由の人もいるでしょう。

そこでVライン脱毛の施術を受ける理由を
より明確にするためにも
どんなメリットがあるのかをご紹介します。

Vライン脱毛による大きなメリットとしては
以下のものがよく言われています。

毎回の面倒な処理が不要になる

アンダーヘアはいくら剃っても生えてくるので
毎回、定期的に処理しなければいけません。

Vラインの自己処理にかかる時間は
処理残しの確認まで含めると
かなりかかっているのではないでしょうか。

体勢もかなり前かがみになる必要があるため
首や背中もキツいですし
何よりも毎回の処理が面倒でしかないですよね。

そんなVラインの自己処理を
自分でやらなくても良くなる
というのは、かなり嬉しいですよね。

時間の節約とよりキレイな処理ができる
というのが、Vライン脱毛のひとつのメリットです。

清潔に過ごせるようになる

アンダーヘアは多ければ多いほど
ときには不潔になる原因となってしまいます。

最もその影響が顕著なのが
生理での経血が絡んだときです。

生理によって血が流れてきた時
アンダーヘアが多いほど、絡みつきやすくなり
汚れとしてこびりついてしまいます。

その汚れは日中であれば
仕事や移動、またはその他の用事があるために
すぐにはキレイにできないでしょう。

すると雑菌が繁殖しやすくなってしまい
不潔な環境をデリケートゾーンに作ってしまうのです。

どの程度、Vラインを脱毛するかにもよりますが
少なくともいくらかは確実に毛が少なくなるので
脱毛後は前よりも清潔な状態になります。

もちろん、Vラインの脱毛範囲が大きければ多いほど
生理の血や汗が篭りにくくなるので
その分、清潔な環境を作れますよ。

水着や下着でも自信を持って見せられる

最もVラインの状態を気にすることになるのが
水着や下着を誰かに見せることになった時です。

下半身の露出が激しくなるため
毛がはみ出してしまわないように
普段以上に念入りに処理するかと思います。

ですが、特に剛毛の方の場合は
いくら自分で処理をしたとしても
処理残しがないか不安になっていることでしょう。

「本当にしっかり全て処理できているだろうか?」
「もしかしたら、もう生えてきてるのでは?」

そんな不安に苛まれながら
水着や下着の時間を過ごすことになるかもしれません。

せっかくの時間をそのような不安の中過ごすなら
思い切ってVラインの脱毛に踏み切るべきです。

あらかじめ脱毛をしっかりやっておけば
Vラインのことは何も心配することなく
楽しい時間を過ごすことができます。

プロが第三者目線で処理してくれるので
自分だけなら不安になるような
見えない部分の剃り残しも無いですからね。

男性に喜ばれる確率が高い

こちらは若い女性には大切なポイントですが
「アンダーヘアは濃いよりも薄い方が好き」
という男性が多いです。

男性があらゆる媒体で見ているアンダーヘアは
しっかりと処理されているものが多く
それが普通だと脳に刷り込まれているのです。

そのため、濃いアンダーヘアのまま見せると
ギャップに驚かれて、残念に思う男性も多く
逆に薄いとセクシーだと喜ばれるケースも。

ただし、注意したほうがいいのは
Vラインの脱毛をやり過ぎると
逆に男性から引かれてしまいかねません。

最もよく聞くのが、Vラインを全処理した
いわゆるハイジニーナにしたときです。

男性によっては、「気合が入り過ぎ」「遊んでそう」
なんて感想を持ってしまうこともあり得ます。

とはいえ、逆に毛が無いのはセクシーで大好き
という男性もたしかに存在します。

どこまでVラインを脱毛するのかは
相手の好みを把握してからの方が良いでしょう。

好みのアンダーヘアの形を実現できる

脱毛を上手く活用することで
アンダーヘアの形を思い通りに変えて
オシャレさを出す事もできます。

例えば星の形にしてみたり
十字架やハートの形にしてみるなど
タトゥー的な使い方もできるのです。

永久脱毛でなければ、あとで戻せますし
タトゥーと違い、銭湯なども入れます。

脱毛を行うサロンによっては
こういった特殊なデザインにも
ちゃんと対応してくれます。

もしVラインの毛で遊びたいと思ったら
デザインを考えた上で
脱毛開始前に相談してみると良いですよ。

一般的なVラインを処理する範囲は?

Vライン脱毛の範囲

いざVラインを脱毛すると決めた際
重要になってくるのが
「どこまで脱毛するか」という範囲の問題です。

特にこだわりが無ければ
元々自分で処理していたときの範囲を脱毛する
というのでも問題ないと思います。

とはいえ、脱毛初心者であれば
もう少し明確な基準が欲しい
というかもしれません。

Vラインを脱毛する範囲で大切なのは、
自分がどんな下着や水着を履くのか
という点です。

面積の広めな下着や水着しか着ないのであれば
脱毛する範囲はそこまで必要なく
ある程度、自然なくらい毛を残して大丈夫です。

ですが逆に、きわど目な下着や水着が着たいなら
Vラインの毛を広範囲で脱毛する必要があります。

このことから、Vラインの脱毛範囲を決めるなら
今後履く予定の下着・水着の中から
もっとも面積が小さいものを基準にしましょう。

そうすれば、その下着や水着を履いたときにも
アンダーヘアがはみ出すこと無く、
Vラインをキレイに見せる事ができます。

Vライン脱毛で人気の形

Vライン脱毛で人気の形

最低、どこまでVラインを脱毛するか
という点を決めたら
あと重要になるのは、アンダーヘアの形です。

基本的には、どんな形にするか
ある程度決まったプランが
何種類か用意されています。

その中から、自分がなりたいVラインを選び
それに沿って脱毛を行っていくのです。

もちろん、自分の好みに合わせて
脱毛する形は選べば良いですが
こちらでは一応、人気の形をご紹介しておきます。

 

最も人気なのは、脱毛した感じがあまりしない
自然な形の逆三角形型です。

極度に目立つほど脱毛しませんが
Vラインの下着から出る部分はしっかり脱毛します。

逆三角形型に次いで二番目に人気なのは
さらに脱毛範囲を小さくして、
より自然に近づけたスクエア型です。

スクエア型のVライン脱毛は
本当に必要最小限に脱毛を留めており
生まれつきキレイな形としか見られないでしょう。

人気が高いVラインの形は、このツートップで
両方合わせて、全体の70%を占めます。

一般的なVライン脱毛の傾向としては
脱毛してる感の無い、より自然な形が
恥ずかしくなくて人気を集めているようです。

 

もちろん、その他にも色々と形があり
好みに応じて脱毛範囲を選べます。

こちらのアンダーヘアの脱毛に関する記事で
詳しく説明していますので
興味がある方は、一度見てみてください。

Vラインの脱毛前についてよくある質問

Vライン脱毛によくある質問

Vラインの脱毛をやると決め
アンダーヘアの形も選び終わったあと。

脱毛前の準備について
どうすれば良いのかという疑問が出てきませんか?

実際、Vライン脱毛を決めたあと
準備はどうしたら良いかという質問が
たくさん寄せられています。

そこで特に多い質問を3つほど
下でご紹介していきます。

こんな疑問をあなたもお持ちだったとしたら
下記を参考にしてみてください。

脱毛前のVライン処理はどうするべきか

説明を受けるまで知らない人も多いですが
Vラインの脱毛前には
自分である程度の処理をしておかないといけません。

とはいえ、ハイジニーナにするのでない限り
Vラインをどのくらい剃ったら良いのか
どうしても迷ってしまいますよね。

この事前処理に関しては
利用する脱毛サロンによって、決まりが違います。

スタッフさんが指示してくれるところもあれば
アンダーヘアの形をしたプレートを渡され
それに沿って処理するサロンもあります。

このあたりは、どのサロンを選ぶかで
処理の範囲の指示が変わってくるので
共通したことは言うことができません。

サロンによって決まりがあり
その通りにやらないと、脱毛がうまくできません。

ちゃんと事前の説明を聞いておいて
指示されたように準備をしたうえで
Vライン脱毛に臨むようにしましょう。

Vライン脱毛前の剃毛は何でやればいい?

上記で説明したVラインの事前処理ですが
普通に抜いたり剃ったりしても大丈夫なのでしょうか。

この点については
気をつけなければいけないポイントがあります。

それは「毛抜きを使ってはいけない」という点です。

脱毛に使う機器の多くは
黒い部分に反応して、脱毛処理をしていきます。

そのため、根本から抜いてしまう毛抜きを使うと
機器が反応しづらくなってしまい
しっかりとVラインを脱毛できなくなります。

機器が反応する部分を残しつつ
肌に負担をかけない手段として
以下のような方法で処理することをお勧めします。

  • ハサミ
  • 電動シェーバー

 

まず先に処理したい部分をハサミでカットしておき
残りの部分を電動シェーバーで剃るのです。

こうすると、カミソリよりも負担も少なく
Vライン脱毛に影響を出さずに準備ができます。

なるべく肌に負担をかけずに
十分なVライン脱毛の施術ができるよう
しっかりと準備しておきましょう。

Vラインの剃り残しがあった場合の対応

しっかりと準備してきたつもりですが
もし、Vラインの脱毛の時に剃り残しがあったら
どうすれば良いのでしょうか。

これについては、各サロンによって
対応が変わってきます。

有料でシェービングをしてくれるサロンもあれば
無料で対応してくれるサロンもあります。

かと思えば、剃り残しがある場合は
脱毛施術の実施を断られることもあります。

いずれにせよ、ムダな時間を使うことになりますし
最悪の場合、何もしてもらえず
家に帰らないといけないという事にもなり得ます。

それを考えたら、しっかりと事前準備をしておき
充分な脱毛をしてもらえるように備えておきましょう。

あと、自分が通うサロンではどんな対応になるのか
契約前のカウンセリングで
ちゃんと質問しておくことをお勧めします。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

 成功する方法を|ダイエットde痩せ隊! 
成功する方法を|ダイエットde痩せ隊!

https://diet-de-yasetai.jp/skincare/datsumou-i
ダイエットde痩せ隊!は食事や運動、部分痩せなどのダイエット方法やサプリやエステの使い方を紹介し、ダイエットのお悩み解決を手助けします。

まとめ

Vラインの脱毛について
いかがでしたでしょうか。

Vラインはアンダーヘアの中でも
最もひと目につきやすい部分です。

そのため、処理残しなどの影響が大きく
しっかり脱毛をしておきたい部分といえます。

デリケートゾーンの毛なので
脱毛にも少し不安があるかもしれませんが
危険はないので、心配する必要はありません。

女優やモデルをはじめ、一般の女性も
現在では多くの人がVラインを脱毛しています。

 

脱毛したのがバレない程度の自然な形から
際どい水着でもはみ出ないような形まで
自分の好みに合わせて、脱毛範囲も選べます。

Vラインを脱毛するメリットは
日常生活でもかなり多く、助かるものばかりなので
気になったら、ぜひ脱毛してみてください。