スキンケア

頭痛でも脱毛はできるの?頭痛薬を飲んでも駄目な3つの理由

脱毛は頭痛のときにもできるのか?

頭痛があるときに
脱毛の施術を行うことは
問題ないのでしょうか?

事前に脱毛の予約をしている日に
突然、頭痛が出てしまった時。

あるいは元々が頭痛持ちで
いつ頭痛になるか分からない場合。

問題なく脱毛ができるか心配ですよね。

また仮に頭痛になった場合
頭痛薬を飲むことで
脱毛の施術を受けれるようになるのか。

そういった脱毛と頭痛の関係について
気になるポイントをまとめました。

頭痛になりやすい方は
脱毛の前に確認しておくと良いでしょう。

Sponsored Link

頭痛があっても脱毛できる?

頭痛があっても脱毛できるか

脱毛のためにサロンへ行く直前
急に頭痛になってきた。

こういう場合、頭痛を我慢して
そのまま脱毛をしにいっても
問題ないのでしょうか。

これは結論から言ってしまうと
サロンやクリニックに着いても
脱毛の施術を行ってもらえません。

理由としては、脱毛の施術を行えるのは
健康体であるという条件があるからです。

 

肌の表面にアプローチする脱毛で
頭痛が悪化することなんて無いだろう
なんて考えているかもしれませんね。

しかし、光に対しての反応など
何かしらの状況が原因となり
症状が悪化しない保証はできません。

もし何かあれば、施術を行った
サロンの責任になる事も考えられます。

そういったリスクを犯すメリットも
サロン側には無いため
基本的に脱毛の施術を断られます。

また脱毛開始前の契約の時点で
「健康体であること」
という条件が契約書に記載されているはず。

そういった点を踏まえても
やはり頭痛があるときには
脱毛の施術は行えないと思ってください。

脱毛中の頭痛薬の使用はOKか?

頭痛薬で脱毛ができるか

では、健康体であれば良いのであれば
頭痛薬を飲むことで頭痛を抑えれば
脱毛を行うことはできるのでしょうか。

こちらについても答えはNoです

脱毛の施術前に頭痛薬を飲んでしまうと
サロンから施術を却下され
キャンセルされてしまいます。

これは脱毛の契約書に記載されている
「健康状態で施術する」
という条件に当てはまらなくなるからです。

また実際の影響として
頭痛薬を飲むことで
ホルモンバランスに乱れが出る事も。

そうなってしまうと
普段より脱毛の痛みが強くなったり
脱毛効果が弱まる可能性があります。

 

上記の理由以外にも
薬の発汗作用によって毛穴が開き
そこから細菌が入り込む可能性があります。

そうなると吹き出物など
肌トラブルに繋がってしまう事も。

頭痛薬を使って
無理に脱毛をしようとせずに
おとなしく施術をキャンセルしましょう。

頭痛薬を使っても効果が弱まったり
肌トラブルを引き起こしたりして
結果的に損をする結果になりかねません。

薬を飲んだら脱毛効果がなくなる?

頭痛薬を始めとした薬を
脱毛時に飲んでしまったら
施術の効果がなくなるの?

そんな疑問がよく挙がります。

結論を言ってしまうと
脱毛効果が無くなるということは
基本的にはありません。

なぜなら、脱毛施術というのは
光線を毛穴に照射した時点で破壊しており
その時点で効果がでているからです。

物理的な反応であるため
薬によってその効果が打ち消されてしまう
ということはありません。

ただし、その後の経過に対して
薬の影響が出る可能性はあります。

それはホルモンバランスを左右する
などの効果がある薬の場合です。

脱毛とホルモンバランスには
かなり強い関係があります。

そのため脱毛を行っている時
特に施術の前後36時間は
薬の服用は止めておきましょう。

サロンでもこの期間の薬の服用は
影響が出るため禁止としており
契約書などにも書かれている事が多いです。

頭痛薬以外は飲んでも良い?

では頭痛薬以外の薬を飲んでいた場合
脱毛の施術は可能なのでしょうか。

こちらについても
基本的にはNGとされています。

特にNGなのは風邪薬ですね。

風邪薬には、解熱作用のために
発汗作用のある成分が配合されています。

ですが、脱毛を行う際には
飲酒や運動、入浴など
血行を良くする行為は禁止されています。

脱毛後の入浴は軽く済ませるものですし
お酒は脱毛後、時間をしっかり空けて
症状が落ち着いてから飲むべきです。

上記の行動と同じように
血流を良くしてしまう風邪薬は
脱毛施術へ影響を及ぼしてしまうのです。

 

また、それ以外にもよくある薬として
花粉症の薬も飲んではいけません。

脱毛に使用する機器が発する光に
肌が過剰に反応し、湿疹を引き起こす
「光線過敏症」という症状があります。

この症状を引き起こす薬の一例に
抗ヒスタミン剤が挙がっているからです。

もし花粉症が酷くて薬を飲んでいる場合
脱毛施術の前後36時間は
飲むのを控えるようにしてください。

これは塗り薬を含む
他の市販薬も同様です。

危険のあるものはなるべく遠ざけて
安全に脱毛の施術に臨みましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

 成功する方法を|ダイエットde痩せ隊! 
成功する方法を|ダイエットde痩せ隊!

https://diet-de-yasetai.jp/skincare/bikini-datsumou
ダイエットde痩せ隊!は食事や運動、部分痩せなどのダイエット方法やサプリやエステの使い方を紹介し、ダイエットのお悩み解決を手助けします。

まとめ

頭痛と脱毛の関係について
いかがでしたでしょうか。

基本的に脱毛をすることができるのは
健康な状態のときのみです。

軽い頭痛だったとしても
頭痛があれば、その後の影響なども考えて
脱毛はお休みする方が良いでしょう。

もちろん身体への影響が考えられるので
頭痛薬を使用してもダメです。

おとなしくサロンへの予約を変更して
また後日へ脱毛の施術をズラしてください。

仮に脱毛を強行したとしても
ホルモンバランスの乱れなどにより
いつも以上に痛みがでたりします。

安全で楽に脱毛を行うためにも
頭痛のときには一度お休みして
健康なときに脱毛するようにしましょう。