スキンケア

光脱毛(フラッシュ脱毛)で痛くない脱毛!他の方法との違いを比較

光脱毛の効果

光脱毛(フラッシュ脱毛)ってご存知ですか?

代表的な脱毛方法のひとつで
特定の光線を毛根に照射することで
脱毛効果を得るという方法です。

現在ではサロンでの脱毛で
中心的に使われている方法ですね。

この光脱毛、名前は有名になっていますが
特徴やメリット・デメリット
他の手法との違いなど、理解できているしょうか。

分からないままだと
脱毛したくても、どの方法を選んで良いか
悩んでしまうかと思います。

そこで光脱毛の特徴や
メリット・デメリットについて
気になるポイントをまとめてみました。

 

光脱毛が半額

光脱毛(フラッシュ脱毛)とは

光脱毛とは

 

光脱毛という言葉は耳にしますが
そもそも光で脱毛ができるというのは
いったいどういうことなのでしょうか。

言葉だけでは、光脱毛がどんなものなのか
イメージがつきづらいですよね。

光脱毛とは、低出力の光(フラッシュ)を照射し
肌にあるメラニンに刺激を与えて
脱毛を促進させるやり方です。

光脱毛の他に、サロンによっては
フラッシュ脱毛、フォトフェイシャル
と呼ばれることもあります。

光線を照射する脱毛手法は、
医療行為とされ、医師や看護師しか施術ができない
とされることもあります。

しかし低出力で行う光脱毛の場合は
医師の資格を必要としないため
サロンを中心に施術が行われています。

そのため、家庭用の脱毛機器でも
光脱毛の方式を採用しているものが多いです。

ミュゼプラチナムでお得に光脱毛をする

光脱毛の仕組み

上記で簡単に光脱毛について紹介しましたが
仕組み的なところが分かりづらいですよね。

光を当てると毛が抜けるって言われても…。

そう思っている方のために
もう少し具体的に光脱毛の仕組みについて
ご説明していきます。

 

光脱毛では、特定の波長の光を
パッと短時間だけ照射するのを繰り返します。

いわゆる「インテンス・パルス・ライト(IPL」
というメラニン色素に反応する光ですね。

この光を照射することで
毛根はもちろんのこと、毛母細胞や毛乳頭など
ムダ毛に関わる部分の細胞を破壊してくれます。

毛が生えている部分の細胞が壊れてしまえば
そこから生えていた毛も抜けるという理屈です。

ただし、下で説明する毛周期の関係上
一気に全ての毛に光を当てる事ができません。

そのため、何回も繰り返し光脱毛を行い
徐々に毛を薄くしていくのです。

また光脱毛の光を浴びた部分の毛は
以前と比べて、徐々に細くなっていきます。

ですので、この光脱毛を繰り返すことで
ムダ毛が無い状態に近づけていけるのです。

毛周期と光脱毛の関係

光脱毛を語る上では、
毛周期を知る事は欠かせません。

これを知らずに光脱毛を行おうとしても
なかなか効果が見えづらく
イライラしてしまう事もあるでしょう。

毛周期というのは、いわゆる毛の成長周期の事で
新しい毛が生え、成長し、抜けていく
というサイクルを指します。

具体的に分類すると、以下のように分けられ
上から下の順に進行していき
一番下から一番上へとグルグル回っていきます。

  1. 成長初期
  2. 成長期
  3. 成長後期
  4. 退行期
  5. 休止期

基本的に、成長期にある毛だけに光脱毛を行え
それ以外の段階の毛に関しては
有効なレベルでの照射が難しいです。

まだ育っていない毛に対しては
光脱毛の光を照射することが難しく
うまく届かせることができないからです。

そのため、休止期の毛が成長し
成長期に入ったタイミングで次の光脱毛を行う
という事を繰り返していきます。

そうすると、今までは届かなかった毛にまで
光脱毛の光線を照射でき
効果を与えることができますからね。

全ての毛根に対して光脱毛を行うために
何回も施術を受ける必要があるわけです。

光脱毛の必要回数

光脱毛である程度
しっかりと脱毛効果を感じたいのであれば
それなりの回数を通わないといけません。

元々の毛の量や施術部位にもよりますが
だいたい光脱毛開始から4~6回くらいで
施術した箇所の毛が薄くなってきます。

そしてしっかりとムダ毛をなくしたい
というのであれば、そこから回数を重ね
8~12回くらい光脱毛を繰り返す必要があります。

ここまでやれば
施術部分の毛もしっかり脱毛できているので
満足できる結果になっているかと思います。

光脱毛の場合、回数が必要な分
1回単位の費用は安めに設定されています。

ですのでトータルで計算すると
他の脱毛方法と比べても
ほぼ遜色ない程度に収まるようになっています。

光脱毛のメリット・デメリット

光脱毛のメリット・デメリット

脱毛の手法には、いくつか種類があります。

であれば、光脱毛を選択する上で
どんなメリット・デメリットがあるのか
気になるのではないでしょうか。

いくつかある脱毛方法の中で
光脱毛を選ぶ材料として
このメリット・デメリットを参考にしてみてください。

メリット

光脱毛のメリット

痛みは弱い

光脱毛に使用する光は
医療レーザー脱毛と比べて弱いものを使います。

照射される光が弱いということは
その分、肌に当たる熱量も小さくなり
感じる痛みも弱くなります。

実際に光脱毛の痛さを表すなら
「光の照射部分が熱く感じる程度」
という感想が非常に多いです。

つまり痛みというよりも
単なる温度の変化程度にしか感じないと言う事です。

普通、どの方法を使っても
脱毛には痛みを伴うことになります。

その痛みをほぼ感じないという点で
光脱毛は有効な選択肢だと言えるでしょう。

痛みに弱くても安心の光脱毛

価格はレーザー脱毛よりもやすい

レーザー脱毛と比較した際
光脱毛の金額は安く抑えることができます。

どうしても光脱毛は回数が必要なため
金額を気にする方もいるかと思います。

ですが、この1回単位の費用が安い事で
合計でも大きな負担にならずに
光脱毛を受けることができます。

実際の金額に不安があるときなどは
一度、格安の光脱毛体験に行ってみて
その場で相談してみると良いですよ。

お財布事情を話しておくと
それに合わせて、良いやり方を紹介してくれます。

クーリングオフ制度の適用が可能

光脱毛は医療行為ではありません。

エステなどと同じ扱いになります。

そのためクーリングオフ制度の適用が可能で
契約から8日以内であれば
締結した契約を解除することができます。

なんとなく流れで光脱毛を契約してみたけど
やっぱり止めておこう、といったとき
このクーリングオフ制度を活用できます。

とはいえ、誰も幸せにならない選択肢ですので
契約前にしっかりと自分の意思を確認し
やる気がある場合のみ、契約するようにしましょう。

デメリット

光脱毛のデメリット

永久ではない

光脱毛は使用する光が低出力です。

その出力の低さゆえに
完全に毛根を滅することはできず
将来的には毛が生えてくる可能性があります。

ですので永久脱毛を達成したい
というのであれば、光脱毛ではなく
レーザー脱毛を選択するべきです。

とはいえ、光脱毛を行うことで
毛穴がどんどん小さくなり、
生えてくる毛も細くなります。

そのため、新たに毛が生えてきたとしても
以前よりも目立ちづらく
かつ処理しやすい毛になっています。

そのため、完全な永久脱毛でなくても
それに近い脱毛効果は感じられるでしょう。

回数がかかる

上記の永久脱毛でない、
という事と同様の理由で
光脱毛は効果が出るまでに時間がかかります。

弱い光で少しずつ脱毛を行っていきますので
十分な範囲に脱毛効果を与えるのには
やはりどうしても回数が必要になってきます。

その分、メリットのところでも紹介したように
痛みはほぼ無く、レーザー脱毛に比べて
かなり楽に施術を受けられます。

「時間がかかっても良いから痛みを避けたい」
という場合は、デメリット以上に
光脱毛のメリットを感じられるかと思います。

医師の診察は受けられない

基本的に医師が行う脱毛は
医療行為であるレーザー脱毛である事が
ほとんどです。

そのため非医療行為である光脱毛は
サロンで取り扱われており
その中には医師は常駐していません。

ですので光脱毛の施術で何かあった場合
サロン内で医師に診察してもらう
ということはできません。

異常が見られた際などは
皮膚科を受診するようにしましょう。

とはいえ、そう頻繁に異常が起こる
というのであれば、
そもそも光脱毛自体が問題になっています。

それがないという点で
医師不在はそこまで心配する必要はないでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違い

同じように見えるレーザー脱毛と光脱毛ですが
実はこれらの脱毛方法には
大きな違いがいくつもあります。

この違いを知っておかないと
どちらの脱毛方法を選べばいいか
判断が難しくなるのではないでしょうか。

そこで、特に顕著な違いについて
レーザー脱毛と光脱毛を比較して
下記で紹介していきます。

こちらのポイントを確認して
レーザー脱毛と光脱毛のどちらを選ぶか
判断するようにしてみてください。

施術の痛み

光脱毛は施術に使用する光が弱く
皮膚に対して大きな刺激を与えずに
脱毛を行うことができます。

そのため痛みも比較的弱く
楽に光脱毛の施術を受ける事ができます。

皮膚へのダメージもかなり小さく
なんと毛抜きで脱毛したときよりも
ダメージを抑えられるほど。

痛みとしても、「光の照射部分がちょっと熱い」
という程度で、痛みもあまり感じない人が多いでしょう。

その点、レーザー脱毛の場合は
脱毛に使う光も高出力になるため
どうしても痛みを感じてしまいます。

どれくらいの痛さかというと
料理中に油がハネてきたのを思い浮かべると
だいたい近い感じをイメージできます。

施術部位にまんべんなく光を当てるため
自分が耐えられる程度なのか
しっかり想像してから選んでください。

脱毛の回数

使用する光の出力の関係から
効果が出るまでに必要な施術の回数も
どうしても差が出てきます。

光脱毛の場合、毛が薄くなるまでに
だいたい4~6回くらいかかります。

しっかりとムダ毛を無くすのであれば
およそ8~12回の施術が必要といったところ。

それに比べ、レーザー脱毛の場合は
光脱毛よりも高出力を使用するため
もう少し少ない回数で脱毛ができます。

施術する部位にもよりますが
だいたい5~6回くらいで
しっかりと効果を実感できます。

ただし、1回毎の施術料金は
レーザー脱毛の方が高いため
合計費用としては、同じくらいに収まります。

あくまでもかかる回数の目安としてだけ
頭に入れておいてください。

資格

法律上、レーザー脱毛は強い光線を使用するため
医師や看護師でないと取り扱ってはいけない
という風に国から定められています。

ですので、レーザー脱毛ができるのは
クリニックなどの医療機関に限定されます。

逆に光脱毛の場合は光線も弱く
取り扱いに資格は不要とされています。

ですのでサロンなどでも施術が可能ですし
家庭用の脱毛マシンとしても
光脱毛を行う事ができます。

そのため、光脱毛をメインとするサロンの場合
医師の診察を受けることができません。

その代わり、医療機関では必要ないとされている
様々なサービスを受ける事が可能になります。

ムダ毛のシェービングを
無料サービスとして提供したり
ラグジュアリーな環境を提供したりなど。

アットホームさや癒やしの雰囲気が欲しい場合は
光脱毛のサロンの方が良いかもしれませんね。

クーリングオフの可否

光脱毛の場合、サロンで提供されるため
契約から8日以内であれば
クーリングオフ制度を適用することができます。

勢いで契約してしまったけど、
やっぱり不要だと思った場合は
このクーリングオフで取りやめる事ができます。

ですが医療行為にあたるレーザー脱毛の場合は
クーリングオフ制度は適用されず
キャンセルすることができません。

しっかりと腹を決めて申し込むのであれば
どちらの脱毛でも大丈夫でしょう。

ですが不安があるのであれば
保険として、光脱毛の方を選んでおいた方が
後からのキャンセルも可能になりますよ。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

 成功する方法を|ダイエットde痩せ隊! 
成功する方法を|ダイエットde痩せ隊!

https://diet-de-yasetai.jp/skincare/datsumou-i
ダイエットde痩せ隊!は食事や運動、部分痩せなどのダイエット方法やサプリやエステの使い方を紹介し、ダイエットのお悩み解決を手助けします。

まとめ

光脱毛(フラッシュ脱毛)について、いかがでしたでしょうか。

あまり痛みを感じずに脱毛ができるため
「痛いのが嫌だけど脱毛したい!」
という方は、光脱毛がおすすめですね。

永久脱毛の効果は見込めませんが
逆を言えばやり直しが効く
ということにもなります。

初めてデリケートゾーンの脱毛をする場合
やり直しが効くというのが
大きな魅力に感じられるはず。

  • 痛すぎるのは我慢できない
  • 脱毛してみたいけどやり直せないのは怖い

こんな方には光脱毛がおすすめですよ。

脱毛サロンに行けば
気軽に相談に乗ってもらえるので
まずは軽く話を聞いてみると良いですよ。

ミュゼプラチナムでお得に光脱毛をする