サプリ・健康食品

防風通聖散は飲み方次第で効果が変わる!痩せるための服用ポイント5点

効果を出す防風通聖散の飲み方

ダイエットにとても有効なのが防風通聖散。

痩せる効果が見込めると言われていますが、飲み方を間違えてしまえばその効果も半減してしまいます。

そんな防風通聖散が十分な効果を得られるように、正しい飲み方を紹介します。

高い効果を得るための飲み方を知ることで、実感できる痩せを目指しましょう。

Sponsored Link

防風通聖散で効果を出すための飲むタイミングは?

防風通聖散を飲むタイミング
防風通聖散の効果をいかんなく発揮するためには、きちんとしたタイミングで飲むことが必要になります。

タイミングを説明するには、まず防風通聖散がどういった薬なのかを理解しなければなりません。

名前の漢字を見て大体察しのつく人はいると思いますが、防風通聖散は中国由来の漢方に当たります。

漢方は調合の際に微妙な調整比によって成立している、自然のものから作られたの薬でもあります。

食事のすぐ後に摂取すると、他の食べたものと混合してしまい、うまく効果が発揮されなくなる可能性も。

ですので、漢方である防風通聖散は、食前または食間に服用するのが適切なタイミングといえます。

おすすめの防風通聖散はこちら

食間の定義を間違えていない?正しい飲み方はこちら

防風通聖散を飲むときに示した食間とは、おやつの時間帯のことではありません。

ただしくは、薬を飲むタイミングを示した食間のことです。

特に防風通聖散を飲むときは、漢方が消化できる時間帯のことを指します。

 

時間帯としては、食事の後2時間ほどの間が目安となります。

昼食を12時に食べたら、最低でも約12時~14時いっぱいまでは、防風通聖散を飲まないようにします。

食事の前であれば30分以上前(11時半以前)の段階で飲みます。

防風通聖散を飲み忘れてしまったら

防風通聖散はある程度時間を決めて飲むのが服用方法としては正しいのですが、どうしても飲めなかった場合や飲むのを忘れてしまったという場合もあるでしょう。

上記のケースでは、食事の後でも良いので、できる限り飲むようにしましょう。

食後といっても時間の目安を2時間程度は見ておくのがおすすめです。

 

ただし、飲むときしてはいけないのが、飲めなかった分の防風通聖散を、翌日や次の食間のタイミングでまとめて飲んだりすることです。

薬と同じように作用する量と前日飲まなかったことは全く関係なく、過剰摂取になってしまい、むしろ体に悪いので絶対しないようにしなければなりません。

 

また、一日空けて防風通聖散を飲まずに済ませようとするのもお勧めできません。

間を空け過ぎてしまうと、その分効果を発揮できなくなってしまいます。

漢方は少しずつ効果を発揮してくれるものなので、飲むリズムと習慣化が大切なのです。

効果を出す防風通聖散の飲み方

効果を高める防風通聖散の飲み方
何も意識せずに飲むよりも、ポイントを抑えて防風通聖散を飲むことで効果を高める事ができます。

漢方薬という性質上、繊細な取り扱いが必要になります。

効果を損なうこと無く、ダイエットを促進する飲み方をご紹介します。

防風通聖散と一緒に飲むもの

防風通聖散は前述したとおり、調合の段階で余計な成分や作用を加えないようにしなければなりません。

飲む媒体は消化によく、成分を阻害しないことが推奨されます。

以上の点を踏まえて、防風通聖散を飲む場合は水で飲むのがおすすめです。

もちろん冷たい水では胃を冷やして消化によくないので、常温(もしくはぬるま湯)にします。

防風通聖散を飲む回数

防風通聖散は毎食の食前もしくは間食の中で合わせて三回飲みます。

成果を焦って量や回数を多く飲んでしまうと、副作用である下痢になりやすいので、回数はちゃんと守りましょう。

夜間は胃腸を休ませる

食べたものは一度胃に滞留して、順番に消化されていきます。

食事と睡眠時が近すぎると、うまく胃の中身が消化されないまま残ってしまいます。

よって、消化吸収のことを考えて、食事と就寝時間の間隔を多めに空けるようにします。

運動を併用する

防風通聖散は吸収を抑制したりする静的な漢方ではなく、活性化させて発汗を促し血の巡りを良くするタイプの漢方薬です。

したがって、サプリメントや食事制限だけでなく、ウォーキングなどの有酸素運動や筋力トレーニングなどと併用して使用することがよりダイエットへの近道となります。

消費カロリーと摂取カロリーをしっかり計算する

確かに防風通聖散は脂肪を燃焼したりカロリーを消費する上で有効な漢方ではありますが、痩せる作用の限界も当然ながらあります。

ダイエットに効果があるからと油断していると、食べ過ぎや運動不足で逆に太ってしまうことも十分に考えられます。

そこで必要なのがカロリー計算です。

 

大事なのは一日と一週間の消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れているかを算出することです。

一日で必要な最低限の基礎代謝カロリーを下回ってしまうと、体が飢餓状態だと勘違いしてしまい、本能的に痩せにくい状態にしてしまいます。

かといってカロリーを摂り過ぎていても、もちろん痩せられません。

ですので、消費分と余計なカロリーのバランスを一週間全体で収支を行い、痩せたい分だけ摂取カロリー分を減らすようなやり方が良いといえます。

防風通聖散はあくまでも補助と考えておくのが正しい戦略ですよ。

さらに防風通聖散の効果を高めるためには

顆粒タイプの防風通聖散
防風通聖散は漢方の中でも、その複数の生薬による成分で体を活発にして効果を得ます。

基礎代謝の向上や体温の上昇による発汗もその一つで、排出系の便秘改善まで効果があるのはそのためです。

この生薬ですが、自然のものが原料であるため、加工の仕方によって吸収率が大きく変わってしまいます。

せっかくなら有効成分がしっかりと吸収できるものを選ぶべきでしょう。

 

そこで選びたいのが、錠剤タイプではなく顆粒タイプの防風通聖散です。

顆粒とは粉に近い小さな粒のことで、お水で流し込んで飲むことができます。

錠剤のものよりも顆粒の方が吸収率が良いことが科学的に証明されています。

そのため、少しでも高い効果を求めるのであれば、顆粒タイプの防風通聖散を選ぶと良いでしょう。

顆粒タイプでおすすめの防風通聖散

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

防風通聖散をただ漠然と飲んでいるだけでは、うまく痩せられるとは限りません。

きちんと正しい飲み方とタイミングを選ぶことでダイエット効果を得られるのです。

特に漢方薬である防風通聖散は、飲み方次第で効き方が大きく変わってしまう恐れがあります。

ダイエットを成功させるための飲み方で、しっかりと痩せましょう。