サプリ・健康食品

防風通聖散が冷え性に!?自分の体質に合っているかチェックを

防風通聖散で冷え性になる?

防風通聖散を飲んでいて、冷え性気味になってしまったなんて人いませんか?

肥満解消に効果があるという事で、ダイエット中の人に人気が高い「防風通聖散」という漢方。

たしかに効き目は高いのですが、一部の人は冷え性が酷くなってしまったという声も耳にします。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

防風通聖散の特徴と効果から、冷え性との関係性について調査したので、その結果をご紹介していきます。


ダイエットで防風通聖散を使うつもりなら、オススメなのが「生漢煎・防風通聖散」です。有効成分が可能な限り配合されており、吸収もしやすいよう作られているので、他の防風通聖散よりも効果を感じやすいです。

パックも1回の分量が小分けになっているため、外出先にも持っていけるため、飲み忘れも防止できるところが嬉しいですね。

ぜひ生漢煎・防風通聖散を試してみてください。

生漢煎・防風通聖散でダイエット

防風通聖散の効果

防風通聖散の効果で冷え性に
肥満解消に効果があるという点で、注目が集まっている防風通聖散。

ですが、その効果を万能と勘違いして、ダイエットしたいからとにかく飲むという人が増えてきてしまっています。

そもそもの防風通聖散の効果は以下のようなものです。

食欲が際限なく湧くときには
胃が活発に働いており
熱量が高い状態が続いています。その状態を収めるために
防風通聖散が胃熱に働きかけて
胃を冷ましてくれるのです。この防風通聖散の働きによって
胃が活発な状態が収まり
食欲が落ち着いて痩せてくるわけです。

 

またこの過程で体内に溜まった毒素や
余分なエネルギーを体外へ排出し
痩せる手助けもしてくれます。

 

つまり内臓の熱を奪い、体外へ放出することで食欲を抑え、痩せやすい状態を作ってくれるのですね。

プラスで毒素やエネルギーを排出して、ダイエット面でプラスに働いてくれる。

これが防風通聖散の正しい効果です。

防風通聖散の冷え性への影響

防風通聖散の冷え性への影響
上記の防風通聖散の効果を見て、何か気が付きませんか?

熱を体外へ放出するということは、当然ですが身体を冷えさせます。

これが通常より体温が高くなっているという状態なら問題ないですが、普通の場合ですと逆に悪影響が考えられます。

特に多いのが、体温を余計に排出し過ぎて身体を過剰に冷やしてしまい、結果として冷え性になってしまうというもの。

防風通聖散を飲んで冷え性になったという口コミも、胃熱に問題がない人が飲んだことによって、熱を奪われすぎた事が原因だと考えられます。

体温が伝わりづらく逃げやすい、手足を冷やしてしまうという、いわゆる末端冷え性になるケースも多いです。

特に女性の方は冷え性の人も多いので、逆に症状を悪化させないように、自分に合っているか確認してくださいね。

防風通聖散を飲むべきか考えて

防風通聖散で冷え性にならない人
防風通聖散はダイエット効果が高いですが、上記のように人によっては悪影響を受け、身体を冷やしてしまう場合もあります。

そうならないように自分の体温が高めなのか低めなのかなど、防風通聖散に合っているか確認しましょう。

多くの場合、効果があると言われる人は、固太り体型や太鼓腹の人です。

またのぼせやすかったり体温が高い場合も、防風通聖散が有効に効いてくれるでしょう。

ほかに副次的な防風通聖散の効果として、便秘の解消にも働きかけてくれます。

便秘も痩せにくくなる原因になるので、思い当たる場合は防風通聖散を使ってみても良いでしょう。

自分自身は上記のタイプに当てはまるのか、一度振り返ってみましょう。

当てはまるのであれば、防風通聖散の中でも満量処方で効果が期待できる、こちらの防風通聖散を試してみてくださいね。

おすすめの防風通聖散はこちら

身体が冷えやすい人の場合

身体が冷えやすい人は、防風通聖散を飲んではいけません。

今以上に身体を冷やす事になってしまい、痩せないばかりか体調を崩してしまい、冷え性を悪化させる原因になります。

体温が低いと代謝も上がらないため、痩せにくい体質になってしまいます。

こういった冷え性の人の場合は、防風通聖散ではなく当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がおすすめです。

この漢方薬は身体を温めてくれて、冷え性の改善に効果を発揮してくれます。

体温が高くなれば痩せやすくもなるので、冷え性の場合は防風通聖散ではなく、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を飲んでみてください。

自分のタイプに合わない漢方薬は、逆に自分を苦しめる毒にもなり得ます。

正しい使い方をすれば効果も出てくれますので、防風通聖散をいきなり使ってしまわずに、まずは自分に合うか考えてみてください。

まとめ

防風通聖散と冷え性の関係について、いかがでしたでしょうか。

一部のサイトでは効果を勘違いしており、防風通聖散は冷え性に効くと紹介しているところもあります。

ですが元々の防風通聖散の効果を考えれば、むしろ冷え性には逆効果だということは、理屈からして分かります。

冷え性の人は防風通聖散ではなく、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を飲んで、身体を温めるようにしましょう。

 

逆にのぼせ気味や体温が高くて、固太りや太鼓腹の傾向がある人には、防風通聖散はしっかりと効いてくれるでしょう。

漢方薬は自分のタイプに合っていれば、素晴らしい効果を発揮してくれます。

一度、自分がどんなタイプかを確認し、防風通聖散を使うか考えてみてください。

タイプがあっていれば、防風通聖散は心強いダイエットの味方になってくれますよ!

防風通聖散のダイエット活用について、必要な情報をまとめた記事を書いていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

おすすめの防風通聖散はこちら