ダイエットグッズ

美顔ローラーを使う前に!知っておきたい使い方5つのポイント

美顔ローラーの効果と使い方

小顔になるために、心強い味方の「美顔ローラー」

顔にコロコロと転がすだけで、顔を小さくできる
手軽な小顔グッズとして人気があります。

 

ですが、この美顔ローラーも
何となく転がしているだけでは
その小顔効果も半減してしまいます。

美顔ローラーを使うとき、
効果的に使う方法や注意するべき点など
正しく美顔ローラーを使うポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

美顔ローラーの使い方

美顔ローラーの使い方

一見、「ただ転がすだけ」と
非常に簡単そうに見える、美顔ローラー。

ですが、この美顔ローラーを使う際には
守るべきポイントがあります。

そのポイントとは
美顔ローラーを転がす方向です。

 

基本的に、美顔ローラーを転がす際には
以下の方向へ転がすように心がけましょう。

  • 下から上へ転がす
  • 中から外へ転がす

 

顔のリンパの流れに沿って、美顔ローラーを転がすことで
効果的に、小顔効果を発揮することができます。

何も知らずに、美顔ローラーを使っていると
下から上へ転がし、その後に上から下へと
往復させてしまうことがあります。

このような使い方をしてしまうと
小顔どころか、逆に顔のたるみの原因にもなるので
必ず美顔ローラーは、一方向に転がしましょう。

美顔ローラーは、顔の表面だけでなく
フェイスラインなどの輪郭部分にも使えるので
まんべんなく転がしてみてください。

美顔ローラーの注意点

美顔ローラーの注意点

美顔ローラーの使い方は
正しい方向に転がすだけと、簡単なものです。

ですが、いくつかのポイントを注意しないと
肌トラブルの原因になる可能性があります。

ここでは、肌トラブルを避けるために
気をつけておくべき美顔ローラーの使い方について
ポイントをご紹介します。

正しい方向に転がす

美顔ローラーの中には
スティック型のものと、二股型のものがあります。

この二股型の美顔ローラーの場合は
使う方向を間違えてしまうと
お肌を摘んでしまうかたちになり、ダメージの原因になります。

一見、贅肉を摘んで小顔に効果的なように見えますが
余分なダメージを与えてしまい
肌トラブルの原因になってしまいかねません。

美顔ローラーを使う際には
必ず説明書などを読んで、正しい方向を確認してください。

乾燥した肌に使わない

美顔ローラーを使う際には
必ず顔を保湿してから、行うようにしてください。

お肌が乾燥した状態で、美顔ローラーを使うと
シワやたるみの原因になる可能性があります。

保湿させてからの方が、お肌も柔らかい状態になるので
より効果的に、美顔ローラーの刺激を伝えられます。

 

また、もしニキビやデキモノなどの肌トラブルが出た場合は
一旦、美顔ローラーを使うのを休憩しましょう。

お肌が健康的な状態の時に使うことで
美顔ローラーの効果を最大限に発揮させられますよ。

強く押さえない

小顔になる、という目的のために
「美顔ローラーは強く押さえるけるべき」
と考えてしまいがちです。

ですが、あまり強い力で押さえてしまうと
顔の肌に与える刺激が強くなりすぎてしまい
肌トラブルを引き起こしてしまう事も。

ギュッと押さえつけてしまうよりも
皮膚があまり動かない程度の力加減
というのが理想的な美顔ローラーの使い方です。

 

また、目の周りは他の顔の部位よりも皮膚が薄く
より刺激に弱くなっています。

ですので、目の周りはさらに弱い力で
美顔ローラーを転がすようにしましょう。

適度な力加減で使ったほうが
美顔ローラーの効果も、しっかりと発揮されますよ。

お風呂で使う場合

ゆったりとリラックスして入るお風呂。

そんなお風呂で、美顔ローラーを使いたい
という人もいるでしょう。

そういう場合は、
必ず防水性のある美顔ローラーか確認してください。

製品によっては、美顔ローラーに防水性がなく
不具合の原因になってしまう事もあります。

逆に、防水性のある美顔ローラーであれば
お風呂の湯気で顔が保湿されるため
理想的な状態で、美顔ローラーを使うことができますよ。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

美顔ローラーの使い方と注意点について
いかがでしたでしょうか。

小顔を目指すために
なにかと便利な美顔ローラー。

一見、なんとなくコロコロと転がしているようですが
ちゃんと正しい使い方のポイントがあります。

このポイントを守らずに、美顔ローラーを使うと
肌トラブルを引き起こす可能性があるので
必ずポイントを守って、正しく使ってくださいね。