エステ等のダイエット

睡眠で痩せる!?知られざる寝るだけダイエットの方法を公開!

寝るだけダイエット

寝るだけダイエットなんて、夢の様な方法があるって知ってましたか?

1日のうち大部分を占める睡眠時間に痩せられるなら、本当に痩せられるなら、寝るだけダイエットほど効率的なダイエット方法はありませんよ。

では、どうすれば寝るだけで痩せることができるのでしょうか。

今回は寝るだけダイエットの方法についてご紹介します。

Sponsored Link

寝るだけダイエットのポイントは「成長ホルモン」

睡眠ダイエットと成長ホルモン

そもそも知らない人も多いですが、人間は睡眠中にもカロリーを消費しています。

普通の人でだいたい平均300kcalを寝るだけで消費しているのですね。

つまり徹夜や夜更かしをせずにしっかりと睡眠をとっていれば、1ヶ月間で1kgも痩せられることになります。

この寝るだけで痩せられる原因は、成長ホルモンです。

成長ホルモンは大人にも分泌されていて、若返りやダイエットへの効果を発揮してくれることが研究で分かっています。

痩せる眠り方は「3・3・7睡眠法」

睡眠ダイエット

成長ホルモンの事でピンときた方もいるかもしれませんが、寝るだけダイエットというのは、この成長ホルモンを増やす眠り方をする事なのです。

成長ホルモンはその眠り方で分泌量が変わってきます。

そこで寝るだけダイエットのために、最も成長ホルモンが分泌されやすい眠り方をご紹介します。

午前3時には眠っている

体内時計ということばを聞いたことがありますか。

人間の身体の中には、ある一定の周期を1サイクルとする生活のリズムが存在します。

この体内時計は実は3種類あると言われています。

  • 24時間周期
  • 12時間周期
  • 90分周期

この体内時計の周期がピッタリと合うのが、ちょうど午前3時ごろなのです。

成長ホルモンは寝ている間に分泌されるので、最も分泌されやすい午前3時には寝ていると良いわけですね。

理想であれば、22時~3時が最も成長ホルモンが分泌されるので、この時間に寝るのが一番です。

ですがお仕事や家事などもあると思いますので、最低でも3時には寝るようにしましょう。

最初の3時間はまとめて眠る

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるとはいっても、睡眠中に均一に分泌されるわけではありません。

成長ホルモンは寝てから最初の3時間に集中して分泌されます。

そしてその後の時間はほとんど分泌されなくなるのです。

ですので、最初の3時間はぐっすりと熟睡できるように準備しておきましょう。

1時間ずつ小分けに寝るのではなく、少なくとも3時間はしっかりと睡眠時間を確保してくださいね。

合計で7時間の睡眠を目指す

普段、しっかりと睡眠時間を確保できていますか。

睡眠と肥満との関連性を調べた研究では、寝ている時間が短い人ほど太りやすいというデータがあります。

具体的なデータで表すと以下の様な結果です。

  • 5時間睡眠の場合:肥満の割合が52%高い
  • 4時間睡眠の場合:肥満の割合が73%高い

とはいえ睡眠時間が多ければ多いほど良いというわけではなく、ちょうどいい睡眠時間は7時間とされています。

睡眠不足は肌荒れなど美容にも良くないので、なるべく7時間寝るようにしましょう。

睡眠の効果を上げるテクニック

睡眠の質を高めるサプリを飲む

1番手っ取り早い方法が、睡眠の質を改善するサプリを飲むことです。

睡眠薬でも良いのですが、薬の場合は依存性が高くなりやすく、逆に睡眠薬なしで寝られなくなる可能性があります。

その点サプリなら依存性がそこまで強くないので、安心して飲むことができます。

おすすめの夜ふかしさんのためのダイエットサプリ

 

睡眠の質を高めるサプリでおすすめなのは、「夜ふかしさんのためのダイエットサプリ」です。

このサプリには睡眠の質を高めるアミノ酸が配合されている他、食欲を抑えたり代謝を高める成分を配合しています。

そのため眠りの質が高くなるだけでなく、他の面からも痩せやすい身体を作ってくれるのです。

睡眠の質を改善するサプリはこちら

眠る前にアーモンド

アーモンドで寝るだけダイエット

寝る1時間前にアーモンドを3粒ほど食べると、成長ホルモンの分泌を促進することができます。

アーモンドに含まれるアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す効果があるというのが理由ですね。

とはいえ、アーモンドはカロリーも高いので、食べ過ぎは逆に肥満の原因となってしまいます。

あくまで3粒程度を目安に、寝る前に食べるようにしてください。

アーモンドをはじめとしたナッツには、ナッツダイエットと呼ばれるダイエットに利用されるほど、痩せる効果があるのです。

単純なカロリーだけで見ずに、ナッツの効果を把握してダイエットに活用しましょう。

朝7~8時起床

睡眠テクニック

たくさん眠るのが良いと勘違いしてしまうと、普段の疲れもあり土日に昼間で寝てしまうこともあるでしょう。

しかし昼間で寝てしまうと、脳がエネルギーを必要としていないと勘違いし、分解していたブドウ糖をまた脂肪に変えてしまい、蓄積することになってしまいます。

これはクマの冬眠中と同じ原理で、身体がエネルギーを溜め込もうとするのですね。

ですので、せっかくのお休みの日だとしても、ちゃんと朝7時ごろに起きて1日を過ごすようにしましょう。

トレーニングをする

トレーニングで寝るだけダイエット

睡眠中に成長ホルモンの効果で、カロリーを消費するのが寝るだけダイエットです。

これに加えて普段から筋肉を鍛えておけば、より寝るだけダイエットの効果を高めることができますよ。

なぜなら身体を鍛えて筋肉をつけておけば、基礎代謝を上げることが出来ます。

何もしていない人と鍛えている人が同じ寝るだけダイエットをした場合、当然、基礎代謝が高い鍛えている人のほうが、同じ時間だけ寝ても多くのカロリーを消費できます。

それにトレーニングやエクササイズ中もカロリーを消費できるので、一石二鳥で早く痩せることができますよ。

ぜひとも、寝るだけダイエットとトレーニングを組み合わせて下さい。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

寝るだけダイエットの方法はいかがでしたか。

本当に寝るだけで痩せるという夢の様な寝るだけでダイエットですが、もちろん、そのやり方にはコツがあるわけですね。

短すぎず長すぎず、痩せる効果の高い時間を狙って毎日しっかりと寝るようにしましょう。

もちろん基礎代謝が高いほど効果も高くなるので、トレーニングやエクササイズもしっかりやって、代謝の高い身体も作りましょうね。