運動でのダイエット

脂肪燃焼ができる運動はコレ!効果の高いエクササイズ6選

脂肪燃焼に効く運動

「脂肪燃焼を効率的に促進するには、どうすれば良い?」

これはダイエットに取り組む人にとって
ずっと注目され続けているテーマではないでしょうか。

少しでも早く、多くの脂肪燃焼をするために
食事や生活スタイルを色々と改善してきた
という人も多いでしょう。

 

もし、あなたが脂肪燃焼のための努力ができるのであれば
そこに運動を取り入れる事をオススメします。

しっかりと効果の高い運動を取り入れれば
脂肪燃焼効果は飛躍的に高まり
ダイエットをスムーズに進めることができます。

今回は脂肪燃焼の効果が高い運動について
種別とおすすめのエクササイズをまとめてみました。

Sponsored Link

運動種別による脂肪燃焼効果の違い

運動の種別毎の脂肪燃焼
脂肪燃焼に運動が効果的なのですが
「運動」と一口に言っても
実は2つに分類することができるのです。

そこでまずは、
運動の種別とそれぞれの脂肪燃焼効果について
特徴をご紹介します。

これらを理解した上で
効果的に脂肪燃焼ができるように取り組みましょう。

有酸素運動

まずは有酸素運動についてご紹介します。

ダイエットをやっている方であれば
少しくらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

どういうものかというと、名前どおりで
「運動中に多くの呼吸を必要とし、酸素を取り込む」
という運動の事を指します。

パッと思い浮かぶ運動で言うと、以下の様なものです。
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • 自転車運動
 

特徴としては、長時間を一定のペースで続ける
というタイプの運動ですね。

これらの有酸素運動は、運動中に脂質を燃やすため
脂肪燃焼効果が高いとされて
ダイエット特集などで必ず話にあがっていました。

とはいえ、最近の研究では
有酸素運動だけでは、脂肪燃焼効果も高いとはいえず
無酸素運動と一緒に実践するのがトレンドになっています。

無酸素運動

運動を分類した際に、もうひとつ挙げられるのが
いわゆる「無酸素運動」と呼ばれる運動です。

この無酸素運動とは、こちらも名前どおりで
「運動中に酸素をほぼ使用しない」
という性質をもつ運動です。

例えば、筋トレや短距離走など
短時間で一気に行う運動がこれにあたります。

 

「酸素を使用しない」と言いましたが
別に、無酸素運動中には呼吸をしない
というわけではありません。

無酸素運動を行うときには
酸素を使わずにエネルギーを取り出すため
呼吸の量が関係ない、というわけなのです。

 

この無酸素運動は、最近の研究によって
脂肪燃焼への効果が高い事が分かっています。

その理由は、無酸素運動によって分泌が促される
成長ホルモンのためです。

名前からは想像しづらいかもしれませんが
成長ホルモンには脂肪燃焼の効果があるのです。

実際に注射で体内に摂取する実験では
注射後、1時間で脂肪燃焼の効率が急上昇した
という研究結果も残っているほど。

つまり、無酸素運動を活用することによって
脂肪燃焼の効率を大幅に高められるのです

 

以上の性質を考えると
有酸素運動と無酸素運動は両方を実践して
相乗効果を発揮させるのが望ましいといえます。

脂肪燃焼を期待して運動するのであれば
両方の運動を取り入れることをオススメします。

 

また、さらに脂肪燃焼の効率を高めるために
脂肪燃焼サプリを併用するのもおすすめです。

身体を燃焼しやすい状態に持ってきてから
有酸素運動や無酸素運動を行えば
より効率的に脂肪を燃焼することができます。

なかなか痩せにくいと感じている方は
運動に脂肪燃焼サプリを併用してみる
というのも考えてみると良いかもしれませんよ。

脂肪燃焼サプリを併用して効率的にダイエット

脂肪燃焼効果が高いエクササイズ

自転車での脂肪燃焼の運動
さて、運動の種類と効果が分かったところで
実際にはどんな運動をすると良いのか。

そのおすすめ運動について、ご紹介します。

運動する順番

脂肪燃焼を第一に考えたときに
大事なポイントは、「運動の順番」です。

有酸素運動と無酸素運動はどちらを先にやるべきか。

これによって、脂肪燃焼の効率も大きく変わります。

 

結論からいうと、無酸素運動から先にやりましょう。

先にも触れたように、無酸素運動によって
成長ホルモンが体内に分泌されて
脂肪燃焼効果が高くなります。

この状態で有酸素運動をすることによって
通常以上に脂肪燃焼効果が高まり
しっかりと痩せることができます。

無酸素運動

それでは、セオリーの順番に従って
まずは無酸素運動のオススメからご紹介します。

具体的には筋トレなのですが
「ゴツくなりたくない」という理由で
筋トレを敬遠する女性も多いでしょう。

ですので、なるべくシルエットに影響しない
細い体づくりに有効な筋トレに絞ってみました。

ペットボトルダンベル

ペットボトルに水を入れて、ダンベル代わりに使います。

500mlのペットボトルであれば
重さ的には調度良いくらいになるでしょう。

これを力こぶを作るように持ち上げたり
背中にくっつけてから頭の上に持ち上げるなど
色んな方向に動かしてみてください。

重さに慣れてきたら、水を砂に変えると
もう少しだけ重たくすることも出来ます。

スクワット

スクワットは少ない回数でも運動強度が高く
効果が期待できる運動のひとつです。

少なくとも10回程度を目安に、毎日続けてみましょう。

背中を曲げながらのスクワットは
効き方が弱くなってしまうので
背筋を伸ばしながらやるように気をつけてください。

チューブ運動

ゴムチューブを使って
思いっきり引っ張ることで、筋肉を刺激します。

左右や上下、身体の前後ろと
引っ張る場所を色々と変えることで
鍛えられる筋肉も違っています。

もちろん、刺激を与えた部分は
より成長ホルモンの効果を期待できるようになるので
補足したい部位を重点的にやりましょう。

有酸素運動

無酸素運動で成長ホルモンを分泌させたら
いよいよ有酸素運動で、脂肪燃焼をしていきます。

有酸素運動では、開始から20分後から
効果的な脂肪燃焼が始まると言われています。

ですので、少なくとも20分以上は
有酸素運動を続けるように頑張って下さい。

ウォーキング

運動に慣れていない人にもおすすめなのは
早歩きでの運動である、ウォーキングです。

少し急ぎ目に歩く程度のペースで
なるべく止まらないように歩き続けてください。

汗も少なからずかくことになりますので
ペットボトルに水を入れて持って行くといいでしょう。

特に夏場は熱中症の危険があるので
なるべく早朝や夜に運動するようにしてください。

自転車運動

通勤や移動を兼ねて、自転車をこぐのもオススメです。

移動時間の短縮にもなりますし
長い距離を移動するのであれば、かなり運動にもなります。

ジムにも自転車運動のマシンがあるように
脂肪燃焼の効果も抜群といえます。

ただし、交通法の改正から
警察の取り締まりも厳しくなっているので
運動中も交通ルールには注意してください。

水泳

ジムに通っている方や、市民プールが近くにある場合は
水泳も脂肪燃焼のための運動に
取り入れてみてはどうでしょうか。

水泳の運動強度は高く
かなりの脂肪燃焼効果が期待できます。

また、泳げない場合も
水の中を長時間歩くだけでも
水の抵抗の分、ウォーキングよりも負荷をかけられます。

さらに水着を着ることで
自分の体型を客観視できるようになるので
ダイエットのモチベーション維持にも効果的です。

脂肪燃焼エクササイズと相性の良いサプリ

今回紹介してきたエクササイズと併用すると
より脂肪燃焼の効果が期待できる
おすすめのサプリメントがあります。

そのサプリとは「スリムバーン」という脂肪燃焼サプリです。

スリムバーンで脂肪を燃やす

 

通常、よくあるダイエットサプリだと
食事からの脂質や糖質の吸収を抑制し
摂取カロリーを抑える事で痩せるものが多いです。

そのため、もちろんダイエット効果はありますが
エクササイズによる脂肪燃焼を助ける効果は薄いです。

しかしこのスリムバーンは脂肪燃焼に特化しており
代謝を高めて脂肪を燃やす
という点で非常に優秀なサプリです。

その効果は多くの人が実感しており
燃焼ダイエットサプリで1位を獲得する
という紛れもない数字を獲得しているほど。

エクササイズで脂肪を燃やそうと考えているのなら
その燃焼力をアップしてくれる効果を持つ
スリムバーンはぜひ併用すべきです。

少しでも短期間に多く痩せたい方は
スリムバーンとエクササイズの併用を考えてみてください。

slimburn-button01

漢方薬もオススメ

代謝をあげる防風通聖散

代謝を高めて脂肪燃焼を促進してくれるのは、何もサプリだけではありません。
歴史の長い漢方薬にも、代謝を上げて脂肪を燃焼してくれるものが存在します。
その漢方薬とは、防風通聖散です。

防風通聖散は昔から肥満症の治療に使用されており、代謝の向上に働きかけて脂肪燃焼を促進してくれます。
またお腹の皮下脂肪に対して効果を発揮しやすいため、お腹周りが気になる方には特におすすめです。
芸能人の中にも愛用している方が多い漢方薬ですので、ダイエットの際はこちらもぜひ活用してみてください。

防風通聖散を使ってラクに代謝を上げる

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

脂肪燃焼の効果が高い運動について
いかがでしたでしょうか?

有酸素運動と無酸素運動。

このふたつを組み合わせることで
効果的な脂肪燃焼を期待できるようになります。

 

食事制限などでも痩せることはできますが
リバウンドの危険性が少なからず出てきます。

運動で脂肪燃焼をしつつ
筋肉をつけることで基礎代謝を上げる場合は
その危険性も小さくできるでしょう。

ぜひ、運動での脂肪燃焼を取り入れて
リバウンドのないダイエットを実践しましょう。