運動でのダイエット

スタイル良く痩せるために!体脂肪を落とす運動4つのポイント

体脂肪を落とすには

体脂肪を落とすためには食事制限に加えて、運動を取り入れるのが効果的。

より早く痩せて、太りにくくするためにも、筋肉を増やして代謝を高める必要があります。

とはいえ、がむしゃらに運動をすればそれだけ痩せるのかというと、そうではありません。

そこで今回は体脂肪を落とすための運動について、ポイントをまとめてご紹介します。

 

運動以外の方法も使って体脂肪を落としたい場合は、あらゆる体脂肪を落とす方法を網羅した記事を用意していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

体脂肪を落とすカギは運動の組み合わせ

体脂肪を落とす有酸素運動

体脂肪を落とす運動といえば、有名なのは有酸素運動です。

ランニングやジョギングなど、一定のペースで長時間続ける運動をすることで、体脂肪を燃やして落とす事ができるのです。

有酸素運動は体脂肪を落とすうえで、直接的に作用する運動に分類できます。

 

さらに効果的に体脂肪を落とすには、身体の代謝を高めて日常生活を送るうえでも、より体脂肪を燃焼させられるようになる必要があります。

体脂肪の燃焼効率を高めるためには、筋トレなどで筋肉を鍛えて、筋肉量を増やすのが効果的です。

特に男女ともにお勧めしたいのが、インナーマッスルと呼ばれる筋肉を鍛える事です。

インナーマッスルで体脂肪を落とす

インナーマッスルとはその名の通り、身体の内側にある筋肉のことです。

女性の中には、見た目がゴツくなる事を嫌って、筋トレをしたくないという人も一定数います。

ですが、ゴツくなる筋トレというのは、身体の外側の筋肉を鍛える種類のものです。

それに対してインナーマッスルは、身体の内側の筋肉で、鍛えても見た目ではあまり分かりません。

つまり、ゴツくならずに代謝を高められるので、スタイルを維持して太りにくくし、体脂肪を落とすのに役立つ筋肉といえます。

 

このインナーマッスルを鍛えるには、ヨガやピラティス、ストレッチなどが効果的。

普通の筋トレのように、重いものを瞬発的に上げるのではなく、時間をかけてゆっくりと力を加える事で、染みこませるように筋肉に刺激を与えます。

上記のほかにも、チューブ運動なども効果的にインナーマッスルを鍛えられ、体脂肪を落とすのに役立ってくれますよ。

インナーマッスルを鍛える事で得られる効果

上記のように、インナーマッスルを鍛えることで、体脂肪を落とすのに役立てる事ができます。

しかもそれ以外にも特に女性にとって嬉しい効果が、インナーマッスルにはあります。

 

身体の内側の筋肉をつけるということは、その部分は筋肉が増えた分、熱量が高くなってきます。

身体の内側の熱量が高くなれば、冷え性など身体の冷えも改善されます。

さらに身体が運動にも慣れてくるので、いつもより疲れにくくなり、エネルギッシュに動けるようにもなります。

元々、体力に自信がないという人は、体脂肪を落とすついでに、体力をつける事を目指してみると良いでしょう。

体重だけでなく体脂肪の変化をチェック

体脂肪を落とすための確認

ダイエット中には、体重だけを常に気にするという人もいます。

ですがインナーマッスルを鍛えている場合、体脂肪を落とすのと同時に、筋肉量が増えて、その分の体重は増えていきます。

つまり体脂肪を落とす量と筋肉が増える量、これらがほぼ同じペースだった場合、体重の変化はほぼ無いことになります。

ですが体脂肪率で考えると、体脂肪を落とすことはできているので、減少ペースになっているはずです。

 

自分のダイエットが上手くいっているのかを、しっかりと確認するためにも、体重だけでなく体脂肪率までチェックしてください。

その際に気をつけるべきなのは、ダイエット期間中は同じ体重計を使うこと。

体重計はメーカーによって、体脂肪率や体重の出方にズレが起こることがあります。

なので体脂肪率まで計れる体重計を購入して、家でいつでも計れるようにしておきましょう。

まとめ

体脂肪を落とす運動のポイントについて、いかがでしたでしょうか。

直接的に体脂肪を落とす有酸素運動と、間接的に体脂肪を落とすインナーマッスル。

この2つを意識して運動をすることで、より早く体脂肪を落とす事ができ、しかも痩せた後で太りにくくなれます。

 

インナーマッスルは鍛えてもゴツくならず、女性らしいスタイルを維持できるというのもポイントが高いです。

ヨガやピラティスなどが、効率的にインナーマッスルを鍛えられるので、興味があれば一度試してみてくださいね。