食事でのダイエット

青汁の飲み方は目的ごとに違う!3つの目的に応じたタイミング

青汁は栄養が高いことで知られており、最近では美容やダイエットにも使われています。
そのまま青汁を飲むだけでも効果があるのですが、せっかくマズい青汁を飲むのですから、効果をしっかりと得たいですよね。
ですので、青汁の飲み方について目的に応じたタイミングをご紹介します。
自分が青汁を飲む目的に応じて、マッチした飲み方を心がけましょう。

Sponsored link

青汁の飲み方と注意点

青汁の飲み方と注意点

栄養価が高い飲み物ではありますが、青汁はあくまで食品であり、薬ではありません。
そのため、いつ飲まなければいけない、というような決まりは明確にはありません。
健康のために青汁を飲む、という場合は特に飲み方に決まりはないので、自分の飲みやすいタイミングで飲むようにしましょう。

ただし食品とはいえ、決められた分量以上を飲むのは避けた方が良いです。
青汁には多くの野菜が使われているため、食物繊維が非常にたくさん含まれています。
そのため青汁を飲み過ぎてしまうと、お腹が緩くなってしまう可能性があるのです。

青汁を飲むタイミング

青汁のタイミングと飲み方

青汁を飲む場合、タイミングはあまり関係ないと先に紹介しましたよね。
ですが目的がはっきりしている場合は、適した時間に青汁を飲むことで、より特化した効果を得る事ができます。
下記では、美容や健康について3つの目的別に、青汁を飲むタイミングをご紹介していきます。

ダイエット目的

まず、ダイエットを目的に青汁を飲む場合、食事前に青汁を飲むと良いでしょう。
その理由は、青汁に含まれる食物繊維によって、食べ過ぎを抑えられるからです。
食物繊維を空腹時に摂取することで、満腹中枢を刺激できるので、食事を食べ過ぎてしまうのを抑制できます。

また食前に青汁を飲むことで、その後の食事で摂る糖の吸収を緩やかにして太りづらくする効果が見込めます。
これら2つの効果によって、青汁を食事前に飲む飲み方は、ダイエットに適していると言えるのです。

 関連  ▶ 飲むだけ青汁ダイエットで着実に痩せる!成功するやり方6つのポイント

栄養補給目的

次に、青汁を栄養補給目的で飲む場合
この場合は、起床後すぐに青汁を飲むという飲み方が良いでしょう。
実は睡眠中というのはエネルギーを多く消費しており、身体がカラカラに近い状態になっています。
この状態の時に青汁を飲むことによって、不足した栄養を補給するために、身体が効率的に栄養を吸収してくれるのです。
ですので、起床後すぐに青汁を飲むことで栄養をしっかりと体中に行き渡らせられます。

とはいえ、起きてすぐに冷たいものを飲むとお腹を壊してしまいやすいです。
胃に負担をかけずに青汁を飲むためには、時間をかけてゆっくりと飲むか、常温に近づけて飲む事をオススメします。

便秘解消目的

最後に便秘を解消する目的で、青汁を飲む場合の飲み方について。
この場合は、寝る前に青汁を飲むと良いでしょう。
食物繊維が寝ている間に働いてくれるので、目が覚めた後、お通じが良くなるはずです。

ただし寝る前に青汁を飲んだ場合、人によっては腸が消化のために活発に働き、睡眠に支障をきたす事もあるようです。
もし数日ためして眠れなくなったりした場合は、すこし前の時間帯にズラすなどして、飲み方を調整しながら青汁を飲んでください。

 関連  ▶ 青汁で便秘解消!?おすすめのタイミングと注目したい2つの成分

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

[blogcard url="https://diet-de-yasetai.jp/howto/aojiru"]飲むだけ青汁ダイエットで着実に痩せる!成功するやり方6つのポイント[/blogcard]
[blogcard url="https://diet-de-yasetai.jp/food/aojiru-nomikata"]青汁は飲み方次第で美味しく飲める!美味しい飲み方7選[/blogcard]

Sponsored link

まとめ

青汁の効果的な飲み方とタイミングについて、いかがでしたでしょうか。
栄養価が高い青汁ですが、その効果を発揮できるタイミングは、飲む目的によって変わってきます。
自分が何のために青汁を飲んでいるのか。
それをハッキリとさせて、目的に合ったタイミングで青汁を飲むようにしましょう。

Sponsored link

-食事でのダイエット
-, , ,

Copyright© 成功する方法を|ダイエットde痩せ隊! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.