食事でのダイエット

ちくわはダイエット食品として優秀!無理せず痩せる3つの活用方法

ちくわダイエット

ちくわがダイエットに効果的
ということは知っていましたか?

おつまみや添え物くらいのイメージが強い
地味なちくわですが、調べてみると
実はかなりダイエット向きな食品なのです。

ヘルシーな味付けと低カロリーが売りで
上手くちくわをダイエットに活用することで
効果的に痩せることができます。

今まで、ちくわを気にせずに
材料やおつまみ程度でしか見ていなかったなら
これを機に、ダイエットに活用してみてください。

上手くちくわを使えば
お金も抑えながらダイエットができ
楽に痩せられるかもしれませんよ。

Sponsored Link

ちくわダイエットのメリット・デメリット

ちくわダイエットのメリット

まず、ちくわをダイエットに活用することで
どんなメリットがあるのか。

また、どんなデメリットがあり
気をつけないといけないのか。

ちくわをダイエットに活用するうえでの
メリット・デメリットをご紹介します。

ちくわのメリット

手軽にできる

基本的には決まったタイミングで
ちくわを食べるだけのダイエットです。

そのため、特に決まった準備や手間はいらず
比較的簡単にできるダイエットといえます。

料理に入れるのも良いですし
ちくわはそのままでも食べられるので
最悪、調理の必要すらありません。

時間がない人でもすぐに実践できる
気軽なダイエット方法です。

お金がかからない

専用のダイエット食品と違い
ちくわはスーパーやコンビニで
簡単に手に入れることができます。

しかも価格的にも非常に安く
子供のお小遣いでも買えちゃうほど。

ダイエットのために専用食品を買ったり
エステなどに通うお金がない場合でも
低予算で実践できるダイエットです。

一人暮らしなら、食費の節約も兼ねて
一石二鳥のダイエットをすることもできます。

我慢が不要

ダイエット中は、食事量を減らしたりして
空腹感と戦う必要がある方法が多いです。

そんな中、ちくわダイエットの場合は
しっかりと中身が詰まったちくわを食べるので
お腹も減りづらく、満腹感を得る事ができます。

そのため、我慢でのストレスを感じづらく
挫折せずに続けやすいダイエット方法といえます。

辛抱強くないから、ダイエットは挫折しがち
という人は、ちくわダイエットなら
途中で折れずに続くかもしれませんよ。

ちくわのデメリット

意外に高い塩分

ちくわ唯一の欠点としては
塩分がそれなりに高い事が挙げられます。

1本あたり、だいたい0.6gの塩分を持つため
ちくわを何本も食べてしまうと
塩分の過剰摂取につながります。

塩分は摂りすぎるとむくみの原因にもなり
間接的にダイエットを阻害することも。

低カロリーだからと食べ過ぎずに
適度な量のちくわを心がけてください。

酒が進みやすい

ちくわといえば、焼酎や日本酒と相性の良い
代表的なおつまみのひとつと言えます。

そのため、お酒を飲む人の場合
ちくわを夕食時に食べていると
ついつい、お酒が進んでしまうことも。

すると、せっかく低カロリーなちくわでも
合計で高カロリーを摂取してしまい
ダイエットが失敗する可能性も出てきます。

もちろん、ダイエット中に飲みすぎる
なんてことは無いと思いますが
酒飲みのひとは、ちくわに注意しましょう。

ちくわの注目の栄養

ダイエット効果のあるちくわの栄養

ちくわのダイエットへの利点としては
低カロリーながら栄養が豊富で
痩せる効果が見込める点にあります。

では、具体的にはどんな栄養が
ちくわには含まれているのでしょうか。

代表的なちくわの栄養や
どれくらい低カロリーなのか
ダイエットで気になる点を見てみましょう。

カロリー

ダイエットで食べる食品といえば
何を置いても、カロリーが気になるところ。

その点ちくわは、かなり低カロリーで
安心して食べることができます。

ちくわのカロリーは、一般的な5本入りの場合
1本あたり30kcalしかありません。

つまり、1パック全て食べたとしても150kcalで
同じような量のお菓子などと比べると
比較にならないほど低カロリーと言えます。

また後述する、たんぱく質をはじめとした
ダイエットに役立つ栄養が多く含まれており
痩せるために有効な食品といえるでしょう。

DHA・EPA

魚にもお肉と同様に油があり
その油が、ちくわにも含まれています。

いわゆるDHAとEPAという魚油の成分です。

これらは一般的に言われている油とは違い
血液をキレイにしたり、頭を良くしたりと
非常に良い効果をもたらしてくれます。

特にEPAは脂肪燃焼にも効果があり
コレステロール値を下げてくれるなど
ダイエットに役立つ栄養としても知られています。

まさに、ちくわダイエットにおいて
中心的な活躍をしてくれる栄養といえるでしょう。

たんぱく質

たんぱく質といえばお肉や大豆
というイメージが強いかもしれませんが
お魚にも豊富に含まれています。

特に白身を利用したちくわにも
たんぱく質はたっぷりと入っていいます。

筋肉の原料となるたんぱく質を取らないと
どんどん筋肉が分解されていき
代謝が落ちて、痩せにくい身体になってしまいます。

それを防ぎ、逆に代謝を上げるためにも
良質なたんぱく質を取り続けることが
ダイエットの秘訣とも言えます。

その点で、ちくわのたんぱく質は
かなり有効に働いてくれるでしょう。

カルシウム

ちくわは白身魚から作られているため
カルシウムも豊富に含んでいます。

脂肪の吸収を抑制するなど
ダイエットにも役立ってくれる栄養なので
積極的に摂っておきたいところ。

日本人はカルシウムが不足しがちなので
ちくわから補って、ダイエットに活かしましょう。

ちくわダイエットの方法

ちくわダイエットの方法

それでは、実際にダイエットの中で
ちくわをどのように活用していけば良いのか。

ちくわダイエットの方法について
下記でご紹介していきます。

大まかに分けると3つのやり方があり
どれもダイエットに有効な方法です。

自分に合ったダイエット方法を選んで
ちくわを有効に活用してください。

食事に追加

普段の食事の中にちくわを加えることで
総カロリーを抑えつつ
たんぱく質の量を増やすことができます。

特に炭水化物の比率が多い場合は
ちくわを加える事で、相対的に摂取量が減り
太りにくい食事内容になります。

サラダや味噌汁にちくわを加えるなど
いつもの材料にちくわを入れる事で
かさ増しとカロリー抑制ができます。

あるいは、しっかりとした食感があるので
ちくわをお肉の代わりに料理に使っても
意外と美味しく作れてしまいます。

ちくわ自体は薄味で、何にでも合うので
いろんな組み合わせを試してみてください。

おやつとの置き換え

ちくわは単体でも美味しく食べられr
一本ずつ分かれているため
おやつとしても最適です。

1パック分のちくわなら
それなりにお腹がいっぱいになるのに
同じ量のお菓子よりダントツで低カロリーです。

また、金額としても数逆円と
ほぼお菓子と同じ値段か、それ以下で買えるので
おやつの代替として、ちくわが活躍できるでしょう。

このおやつとの置き換えだけでも
ダイエット効果としては高く
カロリーの抑制が期待できますよ。

プロテインの代わり

ちくわはその原料が魚であるため
良質なタンパク質を豊富に含んでいます。

そのため、筋トレや運動の後に
プロテインの代わりとして
ちくわを食べるのもひとつです。

タンパク質以外にも、ちくわの場合は
良質な魚油なども含んでおり
筋肉の強化やダイエットにも効果的です。

また、空腹時に運動をすると
力が入らずに、集中できないこともあります。

そんなときには、ちくわを数本食べて
トレーニングに取り組むことで
力を抜くこと無く実践できるようになります。

ちくわダイエットのワンポイント

ちくわダイエットのポイント

上記で紹介してきたように、
ちくわは優れだダイエット食品です。

ですが、デメリットで挙げたとおり
塩分が微妙に高いという点も。

また食品添加物を含む商品もあり
塩分と並んで注意したいところ。

そこでちくわダイエットをする際に
手間をかける余裕があれば、
一度、ちくわを湯通ししてみましょう。

ちくわをお湯に通すことで、
塩分や食品添加物が洗い流されて
デメリットがかなり緩和されます。

もちろん、何もしなくても美味しく食べられますが
より安全にダイエット効果を追求したいなら
ちくわの湯通しを活用してみてください。

ちくわダイエットのおすすめ料理

ちくわダイエットのおすすめ料理

食事にちくわを取り入れるとしても
そのまま食べるだけでは、飽きが来てしまい
ちくわダイエットが続かなくなるでしょう。

そこで、ちくわを素材に使った
美味しく食べられるアレンジ料理について
いくつかご紹介します。

これらは一例ですので、食べて美味しければ
同じようなアレンジでレパートリーを増やして
ちくわダイエットを実践してください。

おでん

ちくわがメインに来る料理といえば
やはりおでんが欠かせないでしょう。

おでん自体、低カロリーな食事なので
ダイエットに非常に向いています。

ただし、餅巾着など一部に関しては
逆に高カロリーなものも。

ダイエット目的で食べるのであれば
ちくわやコンニャクなど
低カロリーなものを中心に食べましょう。

肉じゃが

上の方で、ちくわは肉の置き換えができる
という事を軽く触れました。

その置き換えを活用したのが
肉じゃがのちくわバージョンです。

普通の肉じゃがのレシピで
お肉をちくわに置き換えただけ。

食べてみると、意外に美味しく食べることができます。

カロリーも牛肉と比べて
3分の1以下に抑えられ、脂質も控えられます。

味が染みて美味しいので
一度、ちくわで試してみてください。

サラダ

サラダにシーチキンを入れるように
ちくわを小さく輪切りにして
サラダに加えてみてください。

満腹になりにくいサラダも
ちくわを加える事で、お腹に溜まりやすくなり
腹持ちするようになります。

またサラダからは補いづらいたんぱく質も
ちくわを入れることで摂取でき
栄養バランスも改善できます。

ただしダイエットの場合注意すべきなのが
サラダに使うドレッシングです。

ドレッシングは脂質が多く
意外にカロリーも高いです。

低カロリーなドレッシングを使い
かけ過ぎには注意しましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

ちくわダイエットについて
いかがでしたでしょうか。

低カロリーで必要な栄養が豊富
非常に嬉しい効果を持つちくわ。

主食や完食に活用することで
効果的にダイエットに繋げられます。

特に小腹が減りがちで
いつもお菓子などをぱくついていた
という方は、ぜひちくわを食べてください。

今までよりも摂取カロリーを抑えられ
場合によってはそれだけで
どんどん痩せていく可能性もありますよ。

ちくわダイエットは楽な方法ですので
良ければ試してみてください。