食事

飲むヨーグルトはダイエットに効果的!ヨーグルトとの違いは何?

飲むヨーグルトでダイエット

低カロリーながら、便秘の解消など
なにかと嬉しい効果を持つヨーグルト。

とはいえ、食べるにはスプーンが必要で
忙しく動きまわる時には
中々ゆっくりと食べる事ができません。

そこで助かるのが、飲むヨーグルトの存在。

ジュースのように飲めるので
移動中にでも手軽に飲むことが出来ます。

 

今回はこの飲むヨーグルトについて
普通のヨーグルトとの違いや特徴を中心に
色々とまとめてみました。

Sponsored Link

ヨーグルトの種類

飲むヨーグルトの種類

飲むヨーグルトといえば
当然ですが、ヨーグルトの一種です。

1番馴染みがあるヨーグルトといえば
やはり、プレーンヨーグルトだと思います。

ですがそれ以外にも
ヨーグルトには、いろんな種類があり
そのタイプはなんと5種類もあるのです。

 

ざっくりとまとめてしまうと
ヨーグルトの種類は以下の様に分けられます。

  • プレーンヨーグルト:乳酸菌だけで固めたヨーグルト
  • ハードヨーグルト:果汁や甘味料とゼラチンで固めたヨーグルト
  • 飲むヨーグルト:液状にしたヨーグルト
  • ソフトヨーグルト:フルーツなどを混ぜたデザート系ヨーグルト
  • フローズンヨーグルト:凍らせたヨーグルト

 

それぞれ、味や食感などに特徴があるため
どのヨーグルトにも、根強いファンがいます。

ヨーグルトと飲むヨーグルトの違い

色んな種類があるヨーグルトですが
よくコンビニなどで目にするのは、
プレーンヨーグルトと飲むヨーグルトでしょう。

これらは固形と液体という違いこそ目立ちますが
その他には、どんな違いがあるのでしょうか。

 

結論から言ってしまうと
ヨーグルトに含まれる乳酸菌やの量や効果については
大きな違いはありません。

どちらを飲んでも、同じように働いてくれるでしょう。

カルシウムについても同様です。

もちろん、メーカーや製品によって
1個あたりのカロリーなどは変わりますが
同じ分量あたりで比べると、大きな差はありません。

ですので、忙しくて朝食が食べらない日などは
代わりに飲むヨーグルトを飲んでおけば
プレーンヨーグルトを食べたのと同じ効果が期待できます。

飲むヨーグルトのダイエット効果

飲むヨーグルトのダイエット効果

忙しいときの味方とも言える
飲むヨーグルトですが
ダイエットに活用することもできます。

飲むヨーグルトの乳酸菌やカルシウムの量は
プレーンヨーグルトと同じですので
ダイエットへの使い方もそれに準ずるかたちになります。

 

具体的には、夕食後のタイミング
飲むヨーグルトを摂りましょう。

なぜなら、22時~2時の時間帯に
腸内で乳酸菌を働かせることで
起きがけのお通じを良くすることができます。

こうやってお腹の調子を良くすることで
栄養の吸収効率をアップさせて
ダイエットの手助けを行えるわけです。

もし便秘気味だと感じる場合には
夕食前に飲むヨーグルトを摂取する
というのも効果が期待できますよ。

 

また、より飲むヨーグルトの効果を高めたい
というのであれば
温めた状態で飲むのがオススメです。

飲むヨーグルトは乳製品なので
保存は冷蔵庫で冷やすことが多いでしょう。

ですが、この状態で飲んでしまうと
腸の温度を冷やしてしまい
機能を一時的に低下させてしまうことになります。

逆に温めて、飲むヨーグルトを摂ることで
カルシウムなどの吸収効率を上げることができ
ダイエット効果もアップさせられるのです。

冷えはダイエットにとって大敵ですので
飲むヨーグルトも温めて
身体の中から体温を高めましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

飲むヨーグルトの特徴やダイエット効果について
いかがでしたでしょうか。

普通のプレーンヨーグルトと飲むヨーグルトは
食感が違うだけで
栄養やカロリーなどは、基本的に同じです。

ですが、スプーンがいらない液状という特徴のため
場所やタイミングを選ばずに飲めて
活用シーンは広くなるでしょう。

 

夕食前に温めて飲めば
ダイエットに対しても効果てきめんです。

腸の働きを活性化してくれるので
体の中から痩せやすい体質を作ってくれます。

毎日の習慣に飲むヨーグルトを取り入れて
痩せやすい内臓を作ってみてください。