食事でのダイエット

シチューはダイエットに向いてるの?カロリーや栄養から考えてみた

シチューのカロリー

寒くなってくると、
温かいシチューを食べたくなりますよね。

ドロッとした食感の割に、お腹にも溜まりやすく
栄養も満点というのがシチューの特徴です。

では、ダイエットという観点から見た時
シチューは向いている食品と言えるのでしょうか。

カロリーや栄養を分析して
シチューがダイエットに向いているか
各ポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

シチューのカロリーと栄養

シチューでダイエット

それではダイエットを考える上で
まず重要になってくる
カロリーと三大栄養素について見てみましょう。

なお、ここで言うシチューは
最も一般的なクリームシチューを指して調査しています。

 

盛り付けるお皿によって増減はしますが
シチュー1人前のカロリーは約400kcalです。

これは普通の大皿にシチューを入れた場合ですね。

バターや牛乳などの乳製品、小麦粉を使っているので
どうしてもカロリーは高めになってしまいます。

 

この分量に対して
シチューの三大栄養素は以下のとおりです。

  • たんぱく質:16.6g
  • 脂質:22.7g
  • 炭水化物:19g

 

脂質と炭水化物の割合が高く
逆にタンパク質は少なめですね。

カロリーも高く、脂質・炭水化物の割合が高い
という結果を見て分かる通り
シチューはダイエットに適しているとは言えません。

ポイントは具材

シチューのカロリーについて
さらっと紹介しましたが
このカロリーも作り方によって変化します。

その理由は、シチューの具材にあります。

 

ひとくちに「シチュー」とまとめていますが
家庭によって、中に入れる具材には違いがあります。

大抵の場合、シチューの具材としては
以下の様なものを使用するでしょう。

  • 鶏肉
  • じゃがいも
  • ニンジン
  • 玉ねぎ

 

ですが、これが家庭ごとの違いで
ブロッコリーなどを加える事もあります。

また鶏肉と言っても
胸肉を使う家庭もあれば、もも肉を使う家庭もあります。

つまり、同じシチューとはいっても
使う具材の選び方によって
シチューのカロリーや栄養、太りやすさは変わるのです。

 

ダイエットを考えているのであれば
シチューに入れるお肉は、豚肉ではなく鶏肉。

それも、もも肉や胸肉など
脂質が低くて、タンパク質が多い肉を使いましょう。

また、シチューに入れる根菜類は少なめにし
ブロッコリーを活用すると良いでしょう。

ブロッコリーは食物繊維が豊富で
食べた時の噛みごたえも抜群です。

カロリーや栄養を考えた時にも
ダイエットの強い味方になってくれるでしょう。

注意すべきはシチューだけじゃない

シチューが太る原因

これまで説明してきたように
基本的にはシチューのカロリーは高く
具材によって変動もします。

とはいえ、具材だけに注意していても
ダイエットを阻害するポイントは他にもあります。

それは付け合せのパンです。

 

シチューといえば
多くの家庭では、パンと一緒に食べられています。

当然ですが、パンは小麦で作られているので
炭水化物が非常に多く含まれてります。

またマーガリンなどを練りこんであるため
脂質も決して低くありません。

これをシチューと一緒に食べていれば
太りやすくなるのは避けられません。

 

できればシチュー単体で食べるようにし
どうしてもパンと一緒に食べたければ
ブランパンなどを選ぶようにしましょう。

ブランパンはふすまを使ったパンで
糖質が普通のパンに比べて格段に低い
という特徴を持っています。

その糖質の量は、食パンの10分の1ですので
シチューを食べる時には、
ぜひ活用したいパンといえます。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

ダイエットを考えた際のシチューについて
いかがでしたでしょうか。

基本的には、カロリーも低いとは言えないため
シチューはダイエットには向いていません。

ですので、積極的に食べるものではないでしょう。

 

それでも食べたい場合は
シチューの具材を太りにくいものを選んで
パンを付けずに食べると良いです。

もしパンで食べたい場合は
ブランパンが太りにくくてお勧めです。

寒い冬は特に脂肪が溜まりやすい状態ですので
なるべく太りづらい食べ方を心がけてください。