食事

温めるだけの簡単レシピ!ホットバナナの作り方と効果

ホットバナナとは

一時期、話題になったバナナダイエットのように
バナナはダイエット中にも食べやすく
親和性が高いと言われています。

ですが、このバナナ
もしかして、そのまま食べていませんか?

 

実はバナナはそのまま食べるよりも
温めたホットバナナとして食べるほうが
様々な効果をアップさせることができるのですね。

そんな注目のホットバナナとは
いったいどんな効果があるのでしょうか。

ホットバナナの作り方について
期待できる効果と一緒にまとめてみました。

Sponsored Link

温めることで果物の効果をアップ!

ホットバナナの効果

果物といえば
ほとんどの場合は常温、
もしくは冷やして食べることが多いでしょう。

ですが、南国生まれのバナナについては
実は温めて食べたほうが
色んな効果がアップするのです。

 

もちろん、温めることによって
いくらかの効果は失われるものもあります。

ですが、それを補って余りあるメリットが
ホットバナナには存在するのです。

まずは、そんなホットバナナの効果について
以下でご紹介します。

便秘解消の効果が高いホットバナナ

ホットバナナの効果の中で
注目したいのが、便秘の解消効果です。

元々、食物繊維が豊富なバナナは
そのままでも便秘の解消効果は高いです。

そんなバナナは、温めることによって
さらに高い便秘の解消効果が期待できるようになります。

オリゴ糖を増やす

その要因のひとつが、
バナナに含まれているオリゴ糖

オリゴ糖には、
ビフィズス菌を増やす効果があり
腸内環境を整える働きを助けてくれます。

そんなオリゴ糖には
「温めると増える」
という特徴があるのです。

そのため、ホットバナナにして食べることで
バナナ内のオリゴ糖が増えて
より整腸作用を発揮してくれるのです。

身体の中から温める

また栄養面だけでなく
直接、便秘に作用する働き
ホットバナナには期待できます。

基本的にホットバナナは
朝食として、朝に食べる事をおすすめしています。

その理由は、寝起きの体温にあります。

 

人間は寝起きの状態だと
普段によりも体温が低下しています。

この状態だと、胃腸の血流も減っているので
排便活動がしっかりと行われません。

そこで、温めたホットバナナを食べる事で
お腹の中から胃腸を温めて
機能を戻すことができるわけです。

ホットバナナの作り方

ホットバナナの作り方

便秘解消の効果が高いホットバナナについて
その内容には納得してくれたかと思います。

では、その肝心の作り方
いったいどうすれば良いのでしょうか。

 

ホットバナナの作り方は、意外と簡単です。

バナナの皮を剥いて、レンジで30秒ほど温めるだけ。

あるいは、フライパンで焼色が付くまで弱火で焼く。

たったこれだけで
簡単にホットバナナを作ることが出来ます。

もし、よりホットバナナの効果を高めたいのであれば
オリーブオイルを使うことで
抗酸化作用を強化することができます。

また、温めることで糖度が上昇するため
甘いモノが好きな人にも、ホットバナナはお勧めですよ。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

ホットバナナの効果や作り方について
いかがでしたでしょうか。

手軽に作れる上に
便秘解消の効果が高いという
忙しい女性に嬉しいレシピです。

便秘が解消できれば
栄養の消化・吸収の効率も上がり
より効果的なダイエットができるでしょう。

せっかくなら、朝食をホットバナナにして
おいしくダイエットをしてみてはいかがでしょうか。