食事でのダイエット

水溶性食物繊維が多い食べ物8選!ダイエットにも嬉しい効果

水溶性食物繊維でダイエット

ダイエットに欠かせない栄養素、食物繊維

野菜などに多く含まれており
腸内環境の調子を整えたり
脂肪の吸収を抑える働きをしてくれます。

この食物繊維には
水溶性食物繊維という種類のものがあります。

 

いったい、この水溶性食物繊維とは何なのか。

また、どんな効果を持っており
どんな食べ物に多く含まれているのか。

水溶性食物繊維について
気になるポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

水溶性食物繊維とは

まず、聞きなれない言葉ですが
水溶性食物繊維とは、いったい何なのでしょうか。

そもそも、食物繊維は
「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」
という、2種類の食物繊維に分ける事ができます。

 

水溶性食物繊維という名前の通り
水に溶けやすいという性質を持っており
ゲル状に変化するという特徴があります。

水に溶けてゲル状になった水溶性食物繊維は
内臓の中で、他の食べ物を包んでしまいます

その結果、太る原因になる
糖質やコレステロール、塩分などの吸収を抑制し
食事での肥満を抑えてくれるのです。

ほかにも、血糖値や血圧などで悩んでいる人にも効果があり
注目されている成分が、水溶性食物繊維なのです。

水溶性食物繊維の効果

水溶性食物繊維の効果

先に少し触れましたが
水溶性食物繊維には、ダイエット効果を始め
健康にも嬉しい効果を持っています。

この水溶性食物繊維の主な効果について
こちらで簡単にご紹介します。

脂肪の吸収抑制

水で溶けた水溶性食物繊維が、食べたモノを包み込み
糖質、コレステロールや塩分の吸収を抑制してくれます。

その結果、身体に脂肪が溜まりづらくなり
太りづらくする事ができます。

また、コレステロールや中性脂肪を減らす事ができるため
動脈硬化といった病気の予防にも効果を発揮してくれます。

お肉などの脂肪が多いものを食べる時には
一緒に水溶性食物繊維が多いものを食べると
ダイエット効果が期待できるでしょう。

血糖値の上昇抑制

糖質も水溶性食物繊維が吸収を抑制してくれるので
血糖値の急激な上昇を抑える効果も期待できます。

血糖値の急な上昇は、インスリンを出しやすくするため
肥満や糖尿病の原因にもなる可能性があります。

ご飯やパンなど、血糖値を上げやすいものを食べる際にも
水溶性食物繊維の多いものと一緒に食べると良いですね。

整腸作用

水溶性食物繊維には、
整腸作用があるビフィズスを増やす効果があり
それ以外の善玉菌にも作用します。

ですので、ヨーグルトなどの乳製品と一緒に食べれば
その効果をより高めてくれるのです。

また、水溶性食物繊維には
それ自体にも整腸作用があります。

そのため下痢や便秘など、お腹の調子が良くない人は
積極的に水溶性食物繊維を摂ることをオススメします。

血圧の上昇防止

水溶性食物繊維は、内臓の中で
食べ物から摂れるナトリウムの吸収を抑制
身体の外に排出する効果もあります。

塩分の摂り過ぎなど、血圧の上昇が気になる場合は
水溶性食物繊維を一緒に摂って
ナトリウムを吸収しないようにすると良いでしょう。

特に現代人の食生活は、塩分が多くなる傾向にあるので
今は血圧に問題がない人でも
日常的に水溶性食物繊維を摂っておくべきですね。

水溶性食物繊維が多い食べ物

水溶性食物繊維が多い食べ物

ダイエット効果や生活習慣病の予防など
色んな嬉しい効果がある、水溶性食物繊維。

この水溶性食物繊維は、
どんな食べ物に多く含まれているのでしょうか。

日常で食べやすい食べ物としては
以下の様なものに、多く含まれています。

  • 納豆
  • ゴボウ
  • 山芋
  • こんにゃく
  • アボカド
  • オクラ
  • きのこ類
  • 海藻類

 

これらの食べ物を、毎日の食事に取り入れる事で
定期的に水溶性食物繊維を摂取でき
ダイエット効果などを得ることができるでしょう。

納豆は朝食などとも組み合わせやすいので
習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

 成功する方法を|ダイエットde痩せ隊! 
成功する方法を|ダイエットde痩せ隊!

https://diet-de-yasetai.jp/food/kinoko
ダイエットde痩せ隊!は食事や運動、部分痩せなどのダイエット方法やサプリやエステの使い方を紹介し、ダイエットのお悩み解決を手助けします。

まとめ

水溶性食物繊維の効果や食べ物について
いかがでしたでしょうか。

うまく普段の食事で、水溶性食物繊維を摂取できれば
ダイエットや生活習慣病の予防など
いろんなメリットを得ることができます。

今回は水溶性食物繊維に注目しましたが
もう1種類の不溶性食物繊維にも
満腹感を得やすくするなど、良い効果があります。

あまり水溶性食物繊維だけにこだわらず
バランス良く、食物繊維を摂る事が大切ですよ。