食事

食べるだけで痩せる!?お腹が減らないマイナスカロリーダイエット

普通に考えたら食べた分だけ太るのは当たり前ですよね。

ですが、この世には「食べた分だけ痩せる」という夢の様な食べ物があるのですよ。

この食べ物を使えば、食事制限をして空腹にストレスを溜めることなく、ダイエットを進めることができます。

食べた分だけ痩せる夢の様な食品を利用した、マイナスカロリーダイエットとは、いったいどんなものなのでしょうか。

このマイナスカロリーダイエットについて、ご紹介していきますね。

Sponsored Link

マイナスカロリーダイエットとは

マイナスカロリーダイエットとは

マイナスカロリーダイエットって聞いたことありますか。

これは特定の食品を食べるだけでカロリーを消費するという、夢の様なダイエット方法なのです。

これだけ聞くと、胡散臭いダイエット商品みたいに思えますが、マイナスカロリー食品は実は普通に売られている食べ物なのですね。

なぜ食べれば食べるほど痩せるのかというと、その食べ物のカロリーよりも、食べた後の消化に必要なカロリーのほうが大きいので、食べた分以上のカロリーを自然に燃焼することができるからです。

あまり知られていませんが、こういった消化に大きなカロリーを必要とする、マイナスカロリー食品は日常のなかにたくさんあるのですね。

ではどんな食品がマイナスカロリー食品なのか、具体的な食品を見て確認してみましょう。

マイナスカロリー食品

唐辛子

唐辛子でマイナスカロリーダイエット

激辛食品として有名な唐辛子も、マイナスカロリー食品の効果があります。

唐辛子を食べると、その辛さから汗をたくさんかきますよね。

それと同じように体の中でも、唐辛子に含まれるカプサイシンが働いて、脂肪の燃焼を助けてくれるのです。

唐辛子を食べるだけでも脂肪の燃焼効果がありますが、運動をする前に食べておくと、運動での脂肪燃焼を助けてくれます。

もし運動をする予定があるのであれば、1時間前に唐辛子を食べてみてください。

汗と一緒に脂肪をガッツリ燃焼してくれますよ。

セロリ

セロリでマイナスカロリーダイエット

セロリは低カロリー食品としてトップクラスに低いカロリーの食品です。

そのカロリーはなんと1本あたり15kacl!

さらにそんな低カロリーなセロリを食べたあと、消化に必要なカロリーは50kcalもするため、食べるだけで35kcalを消化できます。

また食物繊維も豊富に含んでいるので、コレステロールの減少便秘の改善にも効果を発揮してくれるでしょう。

ちなみにセロリのダイエット効果を最高にまで引き上げたいのなら、ヘタに料理せずに生のまま食べましょう。

あるいは料理する時間を最小限に抑えて、サラダなどにするといいですよ。

海藻

海藻類でマイナスカロリーダイエット

海藻類、とくにわかめや昆布などは低カロリー食品として、もともとダイエットでよく食べられています。

それだけでなく、実は消化にも多くのカロリーが必要になるために、マイナスカロリーダイエットにも適した食品といえるのです。

また海藻類には食物繊維が豊富に含まれているので、食べることでコレステロールを排出し、糖質の吸収もゆるやかにしてくれます。

カロリーを消費してくれるだけでなく、コレステロールの排出も手伝ってくれるというダイエット中には神のような存在の食品なのです。

りんご

りんごでマイナスカロリー

リンゴダイエットでも、ダイエットに有効な食品として人気が出ましたが、マイナスカロリー食品としても効果があります。

特にリンゴ食前に食べると、脂肪を燃焼してくれるので、よりダイエットの効果を高めたいのであれば食前に食べましょう。

また整腸作用もあるので、お通じが良くない方にもりんごはオススメですよ。

ウーロン茶

ウーロン茶でマイナスカロリーダイエット

ダイエットに効果のある飲み物としては、ウーロン茶も外せません。

ウーロン茶自体にはほぼカロリーはありませんが、飲むことによってエネルギーの消費率を高めてくれる効果があるのです。

実際に調査をしてみたところ、ウーロン茶を1杯飲むことによって、体内で40kcalを脂肪燃焼することが分かっています。

40kcalというと体脂肪の6g分にあたるので、1杯のウーロン茶を飲むだけで毎日6gの脂肪を減らすことができるわけです。

ちなみにこの量の脂肪を運動で減らそうとした場合、早歩き・もしくは縄跳びを7分間はする必要がありますよ。

メンマ

メンマでマイナスカロリーダイエット

よくラーメンなどに入っているメンマですが、これはタケノコを蒸して作られています。

このメンマは低カロリーどころか、ほぼカロリーゼロと言われており、ダイエット的には非常に嬉しい食品です。

それどころか、メンマの消化自体にはカロリーが必要になるため、実質的にはマイナスカロリー食品にあたるわけです。

さらに食物繊維やカリウムも多く含んでおり、大腸がんや高血圧の予防効果もあるので、健康にも良いのですね。

栄養バランスが大事

食事のバランス

これらのマイナスカロリー食品を普段の食事と置き換えれば、食べるだけで痩せていくマイナスカロリーダイエットになります。

理屈としては食べれば食べるほど痩せていくわけですが、当然マイナスカロリー食品は野菜や果物に偏っているので、栄養バランスが悪くなり、健康を害したり肌に影響が出たりします。

またカロリーを燃焼させるためには、たんぱく質やミネラル、ビタミンといった色んな栄養素も必要になります。

単にマイナスカロリー食品だけを集中して食べるのでなく、カロリーに気をつけながらも、色んな栄養を持った食品を食べるようにしましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

マイナスカロリーダイエットに使える6つの食品はいかがでしたか。

食べれば食べるほどカロリーを消費してくれる、これらの食品は置き換えダイエットに最適でしょう。

とはいえ、栄養バランスを考えて食事をしないと、脂肪燃焼に必要な栄養素が足りなくなって、うまく痩せれなくなります。

ダイエットのためにも、美容や健康のためにも、色んな栄養素をまんべんなく食べるように心がけてくださいね。