芸能人のダイエット

あの選手の体脂肪率は?有名スポーツ選手の体脂肪率・種目別まとめ

引き締まった美しい身体といえば
スポーツ選手が思い浮かぶのではないでしょうか。

彼らの無駄な贅肉が削ぎ落とされた身体は
運動能力だけでなく、見た目的にもカッコイイです。

あのような身体になるためには
どれくらいの体脂肪率を目指せば良いのでしょうか。

ダイエットを始める際の目標設定としても
理想の身体になるための体脂肪率を知っておく
というのは、非常に有効な手法です。

ですので、スポーツ選手の体脂肪率について
有名選手のデータを数名分まとめてみました。

Sponsored Link

スポーツ選手の驚くべき体脂肪率

スポーツ選手の体脂肪率

ダイエットの参考のために
スポーツ選手の体脂肪率を知ることは
目標設定の面からも有効だと言いました。

ですが、1点気をつけておくべき事があります。

それは、スポーツ選手の筋肉量についてです。

 

スポーツ選手は、それぞれの競技に対して
高いパフォーマンスを出すことを目的としています。

そのために、日々キツいトレーニングを繰り返し
鍛え上げた筋肉を手に入れてりるのです。

「体脂肪率」と一言で表されますが
同じ数値でも、一般人とは筋肉量が違うため
見た目の体型にも差が出てしまいます。

 

もともと、あまり筋肉がない人の場合
同じ体脂肪率になったとしても
目標とする体型とは違ってしまうかもしれません。

その場合は、今以上に筋肉をつけることで
理想の体型に近づけるでしょう。

競技に見る体脂肪率と体型

スポーツ選手と一括りにしていますが
その競技によっては、体脂肪率の傾向も変わってきます。

例えば、体重ごとに階級が定められている
レスリングやボクシングの場合は
より体脂肪率が低い傾向にあります。

同じ体重なら、筋肉量が多いほうが
パワーも強くなるので、当然こうなる訳ですね。

機敏な動きが要求されるテニス選手やサッカー選手も
体脂肪率は低い選手が目立ちます。

 

逆に相撲取りなどは
ぶつかり合いで体重がパワーに直結するので
スポーツ選手の中では高い体脂肪率になりがちです。

また、水泳選手の場合は
体脂肪率が低すぎると、水に浮かなくなってしまい
競技でも不利になります。

特にシンクロの選手は浮かび続けないといけないため
やや高めの体脂肪率になる傾向があります。

他にも、脂肪が予備のエネルギーとして使われるため
陸上の長距離の選手などは
見た目に反して、ある程度の体脂肪率を維持しています。

有名スポーツ選手の体脂肪率

有名スポーツ選手の体脂肪率

陸上

  • 室伏広治:体脂肪率 約3%
  • 高橋尚子:体脂肪率 約4%
  • 為末 大:体脂肪率 約5%
  • 有森裕子:体脂肪率 約8%

サッカー

  • 長友佑都:体脂肪率 約3%
  • 中田英寿:体脂肪率 約4%
  • 中村俊輔:体脂肪率 約6%
  • 本田圭佑:体脂肪率 約8%

ボクシング

  • 内藤大助:体脂肪率 約4%
  • 武田 幸三:体脂肪率 約4%
  • 亀田興毅:体脂肪率 約5%

野球

  • イチロー:体脂肪率 約6%
  • 新庄剛志:体脂肪率 約6%
  • 栗原健太:体脂肪率 約9%

スケート

  • 羽生結弦:体脂肪率 約3%
  • 織田信成:体脂肪率 約4%
  • 高橋大輔:体脂肪率 約6%
  • 浅田真央:体脂肪率 約7%

相撲取り

  • 千代の富士:体脂肪率 約10%
  • 小錦:体脂肪率 約26%
  • 白鵬:体脂肪率 約29%

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

スポーツ選手の体脂肪率について
いかがでしたでしょうか。

想像していたよりも
体脂肪率が低かった・高かった
という印象があるかもしれません。

競技によっては、最適な体脂肪率も違い
結果を出している選手は
その体脂肪率に近づいていくものです。

ですので、ダイエットを考えた時に
「体脂肪率が○%ならこの体型になる」
とは単純に言えないのですね。

 

とはいえ、筋肉のことまで考えれば
目標にするのは良い事です。

体脂肪率を落とすだけでなく
筋肉をつけることも考えるのであれば
ぜひとも参考にしてみてください。