芸能人のダイエット

彦摩呂が体重20kgもの激痩せ!低糖質ダイエットの3つのコツ

彦摩呂がダイエットで激痩せ

グルメ番組に出演して「お口の中が宝石箱や!」などのセリフで有名な、タレントの彦摩呂さん

仕事柄、グルメリポーターの宿命でパンパンに太っていた彦摩呂さんが
3ヶ月で20kgのダイエットに成功したと話題になっています。

ある意味、食べることが仕事とも言えるグルメリポーターの彦摩呂さんが
どうやって20kgものダイエットに成功したのか、その減量秘話に注目が集まっています。

そのダイエットについて、彦摩呂さんが明かしてくれていますので
減量の参考にするために見ておいてくださいね。

引用:http://buzz-press.com/

Sponsored Link

ダイエットを始めた理由

グルメリポーターとして活躍し、ある種のデブキャラとしての立ち位置を確保していた彦摩呂さんが
なぜ今になってダイエットを実践しようと思ったのでしょうか。

その理由としては、視聴者や周りからの声にあったようです。

すでにかなりの太りっぷりではありましたが、それに歯止めがかからない現状をみて
彦摩呂さんの周りからは、「これ以上は死ぬぞ」と心配する声が挙がっていたようです。

周りだけでなく、彦摩呂さんが出演する番組をみた視聴者からも
「テレビ局の虐待だ!」という意見が相次ぐほどになっていたのだとか。

あまりにもこういう声が出てきたので
グルメ番組のプロデューサーも、彦摩呂さんのキャスティングを考えるようになってきたようです。

命の危険性と仕事が無くなるという恐怖。

この2つが、彦摩呂さんをダイエットに踏み切らせる理由になったようです。

痩せてた彦摩呂のアイドル時代

彦摩呂のデビュー時

引用:http://www.gurum.biz/

今でこそデブキャラとしてのイメージが強い彦摩呂さんですが
実はデビュー当時の24歳のころは58kgでイケメンのアイドルだったのですよ。

昔は「幕末塾」というパフォーマンスグループの2代目リーダーを務めており
日本青年館での単独コンサートも経験がありました。

この幕末塾のメンバーは、「本名から一部を取って幕末風にアレンジする」
という命名ルールがありました。

彦摩呂さんの本名は原喜彦(はらよしひこ)なので、「彦」の一文字を取って「彦摩呂になったのですね。

当時の写真を見ると、今からは想像できないほど細身なイケメンでしたね。」

体重ピーク時の彦摩呂

彦摩呂の体重ピーク時

引用:http://blog.livedoor.jp/

昔は細身なイケメンだった彦摩呂さんですが
グルメリポーターの仕事によって、でっぷりと太ってしまいました。

最高に太っていた2014年の10月頃に体重を計測したところ
120.2kgと、デビュー当時の58kgから倍以上の体重だったのです。

さすがにこの頃には、アゴはタプタプになっており
全体的な見た目もパンパンで、肉の塊といた印象になってしまっていました。

よくバラエティなんかで、「このままだと死ぬぞ」なんていじられていましたが
彦摩呂さんも内心では、本当に死んでしまうかもと心配でしょうがなかったのだとか。

そこからついに、彦摩呂さんも一念発起してダイエットを決意したのですね。

彦摩呂実践の低糖質ダイエット

彦摩呂の低糖質ダイエット

ダイエットを決意した彦摩呂さんですが
ここまで太ってしまっていると、中々簡単に痩せられません。

痩せるためにランニングをしようとしても
自分の体重のせいで、脚に負担がかかってしまいますからね。

そこで彦摩呂さんが実践したダイエット方法は、低糖質ダイエットというものでした。

低糖質ダイエットとは、太る原因になりやすい糖質の摂取量を抑えて
代わりに食物繊維の摂取量を増やすというダイエット方法です。

彦摩呂さんが実践した低糖質ダイエットは
以下の様な感じで、あなたにも実践することができますよ。

たんぱく質中心の食事

低糖質ダイエットに限りませんが
たんぱく質を中心に食べることは、ダイエットにとってメリットが大きいです。

たんぱく質は筋肉の材料になるので
基礎代謝を維持したり上げるためには、欠かせない食材なのです。

また、たんぱく質を中心に食べると、エネルギーの消費効率が上がったり
満腹感も感じやすくなるといった効果が期待できます。

ささみなどの鶏肉や大豆食品、魚やきのこ類など
高タンパク低カロリーな食品を選んで、これを中心に食べていくと良いでしょう。

血糖値を上昇させない

糖質を避ける理由として、血糖値をあげないようにするという理由があります。

食事などで糖質(炭水化物)をたくさん食べてしまうと
身体の中で余った糖質が体脂肪に変わりやすく、太る原因になってしまうのです。

逆に血糖値をあげないように糖質の摂取を減らしていけば
体の中のエネルギーが不足し、脂肪を分解して代わりに使おうとしていきます。

そのため太らないようにし、逆に痩せていくためにも
なるべく血糖値をあげないように、糖質の摂取を控えるように気をつけると良いでしょう。

これが、低糖質ダイエットの基本的な考え方です。

具体的な実践方法

低糖質ダイエットは、食事の栄養を計算して食べるだけなので
慣れてくれば、実践するのは簡単です。

毎日の食事で摂る糖質の量を、1日あたり130g以下に抑えるだけです。

最初は食事に使われている食材のカロリーを調べながらの実践になると思いますが
ある程度覚えてくると、避けたほうが良い食材などは分かるようになりますよ。

ポイントとしては、ご飯やパンなどの他に
芋や果物をなるべく避けると、糖質を摂らないで済みやすくなります。

糖質の摂取量だけ注意していれば、極端に食事の量を減らす必要はありません。

しっかりと量を食べながらも痩せられるのが、低糖質ダイエットのメリットとも言えますね。

低糖質ダイエットの結果

彦摩呂の低糖質ダイエットのビフォーアフター

引用:http://www.akb48matomemory.com/

彦摩呂さんは管理栄養士の本田祥子さんと、料理研究家の浜内千波さんに協力してもらい
アドバイスをもらいながら、この低糖質ダイエットを実践していきました。

その結果、3ヶ月で21kgもの減量に成功
自身のダイエットの成果を日本テレビの「PON!」という番組で報告しました。

とはいえ、元が太りすぎていたために
ビフォーアフターを比べても、なかなか気づいてもらえなかったようですが。。。

21kgのダイエットに成功し、2桁台の体重を手に入れた彦摩呂さんは
身体が軽くなったことを機会に、マラソンまで始めたようです。

彦摩呂さん自身、「食べないダイエットはもう古い!」
「食事は量を減らさずに質を変えれば、無理なく続けられる」と語っていました。

これは21kgものダイエットに成功した自信から出る言葉でしょうね。

低糖質ダイエットの注意点

食事だけでこれほどまでの減量ができる低糖質ダイエットですが
もちろん良いことばかりでなく、注意点もあります。

低糖質ダイエットを始めると、どうしてもすい分野食物繊維が不足気味になりがちです。

その結果、肌荒れや便秘にもつながってしまい、見た目が老けてしまうことも。

また、極度に低糖質ダイエットとして糖質をカットし過ぎると
ダイエット臭という、独特の体臭になることもあります。

対策としては、たんぱく質が豊富で便秘にも効果のあるヨーグルトをしっかり食べて
腸内環境を良い状態に維持してください。

またダイエット臭に関しては、完全に糖質をカットするのではなく
あくまでも「摂取する糖質を減らす」ということに止めておいてくださいね。

やり過ぎは、健康にも美容にも良くない影響をもたらしますよ。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

3ヶ月で20kgもの減量に成功した彦摩呂さんの低糖質ダイエットは、いかがでしたでしょうか。

あの巨漢から、食事だけでこれだけの減量ができるというのは驚きですね。

もちろん、彦摩呂さんはグルメリポーターという仕事柄
デビュー当時のスリム体型に戻るのは難しいでしょう。

それでも、健康的な身体に戻るのも無理ではないかもしれません。

彦摩呂さんほどの巨漢で食べまくる仕事の方でも痩せられるのですから
低糖質ダイエットを試してみる価値はありますよね。

ぜひとも、食事量を減らさずに痩せられる低糖質ダイエットを試してみて下さいね。