運動でのダイエット

【保存版】ウォーキングダイエットはじめてガイド 5つのコツ

歩くダイエット

ダイエットで人気のある「ウォーキングダイエット」

歩くダイエットとも言われ有名な有酸素運動ですが、意外と効果を出すためのコツを知らない人が多いです。

せっかくウォーキングダイエットをやるなら、十分効果をだせるやり方を実践すべきですよね。

ですのでウォーキングダイエットについて、痩せるための5つのコツをご紹介していきます。

Sponsored Link

ウォーキングダイエットの5つのコツ

ウォーキングダイエットのコツ

ただ漫然と歩いていれば良いわけじゃない!

しっかりとしたテクニックを身につけて、計算しながら歩かないと、ウォーキングダイエットの十分な効果は得られません。

当然だと流す前に、自分がこのウォーキングダイエットのコツを実践できているか、注意しながらチェックしてみてください。

①姿勢よく歩く

ウォーキングダイエットの姿勢

背筋を伸ばして、胸を張るように歩きましょう。

猫背で前かがみになって歩いていると、カロリーの消費効率が落ちてしまいますし、肩こりや腰痛の原因になることも。

 

以下の様なポイントを常に意識しながら、ウォーキングダイエットに取り組んでみてください。

  • 遠くを見つめるようにして歩く
  • 背中に定規を入れているイメージの姿勢
  • 膝を自然に伸ばして歩く
  • 腰の位置を高いところに意識し高さを保つ

 

姿勢をしっかりと保つと、身体の中で使われる筋肉も適切に働き、痩せるためにちゃんと働いてくれます。

逆にちゃんとした姿勢ができていないと、変なところにばかり力や負荷がかかってしまい、思わぬ身体の不調を引き起こすことがあります。

普段の生活でも姿勢をピシっとしたほうが、腹筋なども自然に鍛えられますし、周りからの印象も良くなります。

この機会に、姿勢を常に意識してみてください。

②足の踏み出しや着地を意識

ウォーキングダイエットの踏み出し

歩くときに、足の踏み出し方や着地の仕方を気をつけてみましょう。

具体的には、足を地面に着ける際には

・かかと



・足の外側



・小指の付け根



・親指

という順番で歩いてみてください。

 

この歩き方を意識することで、足の筋肉を効率的に使うことができて、ウォーキングダイエットの効果を高めてくれます。

特に歩くときにペタペタと音が鳴る人は、注意してウォーキングダイエットに取り組んでみてください。

③早いペースで歩く

ウォーキングダイエットのペース

漫然と歩くよりも、早足を意識して前へ前へと急ぎ目に歩いたほうが、ダイエットへの効果も高くなります。

ポイントとしては、歩くときに大股で背筋を伸ばして歩くことです。

こうすれば、自然と早歩きになります。

 

歩くペースとしては、1kmあたり10~15分くらい。

これくらいのペースで歩けば脂肪燃焼効果も高まって、1分あたり8kcalを消費できるようになります。

普段の仕事帰り、会社から駅まで歩く距離をちょっと早歩きで帰るだけで、ダイエット効果を高められます。

早く家にも帰れますし、一石二鳥ですよね。

④自分の歩く姿を見る

町などを歩く際には、ビルの窓ガラスやショーウィンドウなどで、自分の歩く姿を確認してみてください。

自分ではちゃんと意識して歩いているつもりが、実ははしっかりできていなかった、なんてこともよくあります。

窓ガラスなどに映った自分の姿を確認すれば、客観的に見られるので、姿勢をチェックできますよね。

人気のない公園などを歩くのも良いですが、お店やビルなどが並ぶエリアもコースに加えて、ウォーキングダイエットをやりましょう。

⑤水分補給をこまめに

ウォーキングダイエットの水分補給

ウォーキングダイエットは比較的、楽なダイエットだとはいえ、運動には変わりないので、当然汗をかくことになります。

水分不足はダイエットの天敵ですので、歩きながらでもこまめに水分補給をするようにしましょう。

マラソン用の水筒や500mlのペットボトルなどに水を入れて、喉が渇いたと意識する前に飲むようにしたいところです。

ウォーキングダイエットと一緒に水ダイエットも実践すれば、それだけ痩せるまでの期間も短くできますよ。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。





まとめ

ウォーキングダイエットの5つのコツは、しっかり掴めたでしょうか。

ただ歩けば痩せるというわけではなく、しっかりとコツを意識して歩くことで、その脂肪燃焼効果を高める必要があるのですね。

ランニングよりも軽い負荷でできるダイエット方法なので、体力に自身のない方も、ウォーキングダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。