食事

知らないと損する駄菓子ダイエット5つのメリット

いま、ダイエットのための食品として、駄菓子に注目が集まっています。

昔なつかしのお菓子で子供の時によく食べた駄菓子ですが、そんな駄菓子をダイエットに効果のある形で食べれるなんて、正直想像もしませんでしたよね。

お菓子といえば、カロリーが高くてダイエットには大敵だというイメージが強いですが、駄菓子は違うのでしょうか?

その駄菓子が持つダイエットへの効果について、5つのメリットを説明していきます。

Sponsored Link

駄菓子のダイエットへのメリット

駄菓子ダイエットのメリット

①生理学的効果:眠気覚まし、血糖値の維持

駄菓子は、お菓子というだけあって、糖分が多く含まれています。

この糖分を上手い量やタイミングで摂取できれば、眠気覚ましや脳の活性化、血糖値を一定に保つことができるのです。

特に血糖値の維持はダイエットに有効なので、置き換えダイエットなどでうまく駄菓子を活用していきましょう。

②心理学的効果:幸福感、リラックス気分

甘いモノを食べると、幸せな気持ちになりますよね。

ダイエット中は色々と我慢することが多く、どうしても、ストレスが溜まってしまいがちです。

イライラを募らせたまま生活をしていると、どこかのタイミングでドカ食いをしてしまい、リバウンドの原因になることも。

そうならないように自分へのご褒美として、駄菓子をあるタイミングで食べて、リラックスするようにしましょう。

駄菓子5つのメリット

駄菓子のダイエットメリット

①飽きない

スーパーなどを見れば一目瞭然ですが、駄菓子にはかなり多くの種類があります。

それも、チョコやクッキーのような甘いものだけでなく、梅干しや酢漬けイカのような酸っぱい系、うまい棒のようなこってり系まで、バリエーションも豊富。

よくあるような、置き換えダイエットや、間食に食べる低カロリーダイエット食品だと、そのバリエーションも少なくすぐ飽きてしまいます。

ですが、これだけ種類が豊富な駄菓子なら、飽きたら他の種類の駄菓子を選べば良いだけなので、長続きさせやすいのが嬉しいですね。

ダイエットと並行して、昔食べたことがなかった駄菓子を食べて、新しい味をさがしてみても良いかもしれませんね。

②カロリーが低い

お菓子といえば、カロリーが高く食べれば食べるだけ太ってしまう、というイメージがありますよね。

ですが駄菓子の場合、物によってはかなりカロリーを抑えて食べることが出来ます。

例えば、駄菓子の代表格である「うまい棒」

実は1本で30~40カロリーしかないんですよ。

ビスコでも1枚で100カロリーしかありません。

ダイエット中は、間食として摂れるカロリーは180カロリー前後に抑えることが推奨されています。

ですので、うまい棒なら10本以上食べても良いですし、駄菓子を組み合わせれば意外と満足できる量を食べれますよ。

低カロリーで甘いモノを食べて、ダイエット中の我慢で溜まったストレスを減らしていきましょう。

③どこでも手に入る

駄菓子が食べたくなったときは、どうすればいいと思いますか?

手に入れようと思えば、どこででも買うことが出来ます。

コンビニやスーパー、100均など日常生活の範囲で、普通に販売されていますからね。

外に出たくなければ、amazon楽天でまとめ買いもできますし、企業によっては会社の中に「オフィスグリコ」として、気軽に買うことができるスペースを用意してあることもあります。

仕事中や勉強、家事の合間にでも、小腹が減ったタイミングで駄菓子を買うことができるので、手に入らないから継続できない、なんてこともありません。

④こまめに食べることができる

駄菓子はその価格の安さからか、小さな袋に小分けで売られていることが多いです。

そのため必要な分だけ買って、ちょこっとだけ食べる事ができますよね。

この小分けの駄菓子を間食として食べることで、脳に空腹感を感じさせず、エネルギーが足りていると認識させることができます。

飢餓感を感じさせなければ、体の中の栄養は足りているので脂肪として蓄える必要はない、という状態に身体を認識させることができるのです。

そのため、カロリーの低い駄菓子をこまめに摂れば、脂肪が身体に付きにくい体質を作ることができるのです。

⑤安い

駄菓子といえば、子供のお小遣いでも買える安さが特徴です。

普通、ダイエット食を買おうとすると、その価格の高さに尻込みしてしまうのではないでしょうか。

そんなダイエット食品にくらべて、駄菓子の場合は100円でお釣りがくることも珍しくありません。

試しに、100円玉を握りしめて、駄菓子を買いに行ってみてください。

上手に買えば、いくつ駄菓子を買えると思いますか?

ダイエット食品だと、だいたい300円~600円のものが多いので、うまい棒に置き換えると60本分、5円チョコに置き換えると120枚も買えちゃうんですね。

お財布に余裕が無いひとには、おすすめのダイエット食品だといえるでしょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

ダイエットに活用できる駄菓子のメリット5つをご紹介していきました。

お菓子=ダイエットの天敵、というイメージもこれで少しは変わったのではないでしょうか。

もちろん、駄菓子がダイエットに有効だと言っても、食べ過ぎてしまえば、余計な脂肪に変わってしまうだけです。

間食や簡単な置き換えダイエットに駄菓子を食べてみて、無理のないダイエットに活用してみてくださいね。