食事

効果大でモデルや芸能人に人気!グリーンスムージーの8つのレシピ

グリーンスムージーでダイエット

最近、モデルや芸能人を中心に
人気のダイエット方法に
グリーンスムージーを飲むというモノがあります。

健康的に、綺麗に痩せられるというところから
女性を中心に、人気のダイエット方法となっています。

また、手軽に実践できるため
忙しい社会人でも簡単にできて
早く痩せられると評判にもなっています。

このグリーンスムージーを使ったダイエットについて
レシピや効果、飲み方などをまとめてみました。

Sponsored Link

グリーンスムージーとは

グリーンスムージーとは

そもそも、グリーンスムージーとは何なのでしょうか。

その名の通り、緑のスムージーの事で
生の緑黄色野菜を中心に、
フルーツや水をミキサーなどで混ぜあわせたものです。

ドロッとした食感で、お腹にも溜まりやすく
空腹を感じにくくなります。

 

またフルーツを、グリーンスムージーに組み合わせることで
味に甘みを加える事ができ、美味しく飲む事ができます。

材料に大量の野菜やフルーツを使うため
グリーンスムージーを飲むことで、栄養を豊富に摂ることができ
美容と健康への効果も抜群です。

グリーンスムージーの効果

グリーンスムージーの効果

グリーンスムージーには、ダイエットのみならず
色んな嬉しい効果があります。

この効果を活用することで
ただ痩せるだけでなく、綺麗に痩せられるのです。

まずは、グリーンスムージーの効果を確認してみましょう。

食物繊維を摂取できる

グリーンスムージーの材料は、緑黄色野菜です。

そのため、日常生活で不足しがちな
食物繊維をしっかりと摂取できます。

食物繊維を摂ることで、お通じが良くなったり
脂肪の排出がスムーズになりますので
ダイエットに対しても、良い効果を発揮してくれます。

消化がしやすい

グリーンスムージーでは、
お肉のような、消化しづらい材料は使いません。

そのため、食事として飲んでもすぐに消化でき
内蔵に負担をかけることがありません。

普段の生活で、内臓に負担を欠けがちという場合も
しばらくグリーンスムージーを飲むことで
内臓を休憩させて、健康を取り戻すことができます。

健康な内臓は、消化の改善に繋がり
ひいては、太りづらい身体にも繋がるので
ダイエットに対しても、嬉しい効果と言えるでしょう。

栄養をしっかり摂れる

食物繊維に限りませんが
現代人は栄養バランスが偏っており
ビタミンやミネラルなどが不足しがちです。

そこで、野菜をたっぷり使ったグリーンスムージーを飲むことで
不足していた栄養を補給できるので
栄養バランスを回復させる事ができます。

特にビタミンB群などは、脂肪の代謝に効果を発揮してくれるので
材料の野菜に、ビタミンB群が豊富なものを使うことで
よりダイエット効果を高める事もできます。

簡単に作れる

グリーンスムージーの作り方は、
あとで詳しく説明しますが
基本的には、材料を混ぜ合わせるだけです。

特に火を使ったり、調理の必要がないので
料理が苦手なひとでも、簡単に作ることができます。

下ごしらえさえしていれば、数分で作れるので
忙しい人でも、コンスタントに飲むことができるでしょう。

このため、グリーンスムージーは
継続しやすいダイエット方法といえます。

美味しく飲める

野菜単体が苦手というひとでも、グリーンスムージーなら
フルーツなどと組み合わせることで
甘みのある、飲みやすい味にすることができます。

そのため、好き嫌いをある程度和らげながら
野菜の栄養をしっかりと摂れるので
美味しくダイエットをやりたい人にもオススメできます。

塩分や脂質を抑えられる

普段の料理によく使われがちな
油や塩などは、グリーンスムージーでは使いません。

そのため、いつもの食事で過剰摂取しがちな
塩分や脂質を抑えながら食べられます。

特に、今まで肉食が中心だった場合は
グリーンスムージーで食事バランスを整えましょう。

グリーンスムージーのレシピ

グリーンスムージーのレシピ

グリーンスムージーの作り方としては
レシピ通りの材料を、ミキサーやブレンダーにかけるだけです。

そのため、材料の組み合わせだけ覚えておけば
いつでも簡単に作ることができるのです。

ここでは、飽きずにグリーンスムージーを飲めるように
グリーンスムージーのレシピを何種類かご紹介します。

初心者向けレシピ

■材料

  • ほうれん草:2分の1パック
  • レモン:4分の1個
  • みかん:4個
  • リンゴ:2本
  • 水:1カップ

 

グリーンスムージー初心者でも飲みやすいレシピです。

誰にでも飲みやすい、オーソドックスな味なので
グリーンスムージーに慣れるまでは、こちらのレシピでどうぞ。

甘みと酸味を中心にしたレシピ

■材料

  • レタス(またはベビーリーフ):2分の1パック
  • バナナ:1房
  • レモン:4分の1個
  • 桃:4個
  • 水:1カップ

 

初心者用のレシピよりも
少し甘みを追求した、グリーンスムージーのレシピです。

甘みと酸味のハーモニーが程よく
美味しさの面では、イチオシのレシピです。

身体を温めるレシピ

■材料

  • キウイ:1個
  • りんご:1個
  • みかん:4個
  • しょうが:1片
  • 小松菜:1パック
  • 水:1カップ

 

寒い日にピッタリの身体を温めるレシピです。

また身体を温める事で、身体の代謝も上がるので
よりダイエット効果を追求したい場合にも
こちらのグリーンスムージーのレシピは、オススメできます。

アンチエイジング効果のレシピ

■材料

  • 小松菜:2分の1パック
  • アボカド:2分の1個
  • キウイ:1個
  • 水:1カップ

 

ダイエット効果だけでなく
アンチエイジング効果も期待できるレシピです。

小松菜やキウイ、アボカドには
豊富なビタミンEが含まれており
この栄養素が、アンチエイジング効果を発揮します。

トロピカル風味のレシピ

■材料

  • モロヘイヤ:2分の1パック
  • グレープフルーツ:2個
  • バナナ:1房
  • パイナップル:4分の1個
  • 水:1カップ

 

こちらのグリーンスムージーは
一風変わった、トロピカル風味のレシピです。

普段食べているデザートなどでも
トロピカル系のものが好きな場合は
こちらのレシピで、グリーンスムージーを作ると良いでしょう。

シナモン風味のレシピ

■材料

  • お好みの葉野菜:2掴み
  • みかん:1個
  • リンゴ:1個
  • バナナ:2房
  • シナモン:小さじ2分の1杯
  • 水:1カップ

 

シナモン好きには好評のレシピ。

野菜っぽい匂いをシナモンの香りで緩和できるので
匂いが苦手なひとは、このレシピを試してみてください。

ライム風味のレシピ

■材料

  • ほうれん草:2分の1パック
  • パイナップル:4分の1個
  • デコポン:1個
  • ライム:4分の1個
  • イチゴ:4個
  • 水:1カップ

 

グリーンスムージーにライムを加えることで
さっぱりとした味わいになるレシピ。

暑い夏に飲むとぴったりの味わいです。

パクチー風味のレシピ

■材料

  • チンゲン菜またはほうれん草:1パック
  • パクチー:2分の1本
  • パイナップル:4分の1個
  • キウイ:1個
  • 水:1カップ

 

好き嫌いが分かれますが
パクチーの香りが好きなら、気にいるであろうレシピ。

東南アジア系の料理が好きな方は
こちらのレシピで、グリーンスムージーを試すのもアリですよ。

グリーンスムージー調理時の注意

上記のレシピを応用して
色んな野菜や果物を組み合わせながら
グリーンスムージーを作れると思います。

ですが、その際にも注意すべきことがあります。

これは注意して、グリーンスムージーを作ってください。

使用NGな野菜

グリーンスムージーを作る際には
使用を避けるべき野菜があります。

その条件としては、でんぷん質の野菜やフルーツです。

具体的に、どのような野菜やフルーツなのかというと
以下の様なものです。

  • にんじん
  • キャベツ
  • ブロッコリーの茎
  • ナス
  • かぼちゃ
  • とうもろこし
  • 緑豆
  • ズッキーニ
  • カリフラワー
  • オクラ
  • さやえんどう
  • ビーツ

時間が無いときのグリーンスムージー

時間が無いときのグリーンスムージー

自作のグリーンスムージーは
材料次第で、いろんな味や効果を得る事ができます。

ですが、毎日準備に時間がかかったり
摂取できる栄養が野菜の数種類分までなど
どうしても限界があります。

そこで忙しい人や
グリーンスムージーの効果をより高めたい方には
既成品のグリーンスムージーをおすすめします。

 

中でもおすすめなのは
ミネラル酵素グリーンスムージー
という商品です。

このグリーンスムージーは粉になっており
水を入れてシェイカーで振るだけで
わずか30秒で作る事ができます。

また200種類の野菜や果物を使っており
自作のスムージーでは用意できないような
多彩な栄養を摂る事ができます。

酵素の数も多くなるので
消化酵素として代謝に回すことができるため
痩せやすい身体作りも助けてくれるのです。

味もマンゴー味で美味しく飲めるため
楽しみながら、グリーンスムージーを続けられます。

本気でダイエットを考えているなら
ミネラル酵素グリーンスムージーを
一度、飲んでみてください。

ミネラル酵素グリーンスムージーで効果の高いダイエット

グリーンスムージーの飲み方

グリーンスムージーの飲み方

食前後、40分空けて飲む

グリーンスムージーを飲む際は
その栄養をしっかりと吸収できるように
気をつけて飲む必要があります。

そのため、邪魔にならないように
グリーンスムージーを飲む40分前と40分後には
何も食べないように注意してください。

また、グリーンスムージーを飲むときにも
他に何も一緒に食べないようにして
かならず、グリーンスムージー単体で飲みましょう。

分量は1日1~2リットル

推奨されるグリーンスムージーの摂取量は
だいたい1日1~2リットルほどです。

もちろん、一気に飲むのは中々キツい量なので
1日数回に分けて、この量を飲めばOKです。

できれば、朝にグリーンスムージーを作っておいて
タンブラーなどに入れて、細かく飲むと良いでしょう。

よく噛みながら飲む

グリーンスムージーは、液体に近い状態になってますが
ドロっとしており、まだ固形っぽい食感も残っています。

飲むときには、口の中で唾液と混ぜるようにしながら
ゆっくりと飲むようにしましょう。

こうすることで、体の中で
グリーンスムージーの吸収率をアップさせられます。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

 成功する方法を|ダイエットde痩せ隊! 
成功する方法を|ダイエットde痩せ隊!

https://diet-de-yasetai.jp/food/smoothie
ダイエットde痩せ隊!は食事や運動、部分痩せなどのダイエット方法やサプリやエステの使い方を紹介し、ダイエットのお悩み解決を手助けします。

まとめ

グリーンスムージーのレシピや飲み方について
いかがでしたでしょうか。

作り方自体は簡単ですし
その効果はモデルや芸能人からも評判になるほど。

味も美味しく飲むことができるので
ダイエットのためだけでなく、健康や美容のためにも
一度実践してみてはいかがでしたでしょうか。

お家にミキサーがあるなら、
ぜひグリーンスムージーを作ってみてください。