食事

ライスミルクの4つの美容効果は驚異的!ダイエットなど4つの効能

ライスミルクの効果と作り方

ライスミルクってご存知ですか?

美容やダイエットへの効果が高く
近年、女性からの人気を集めており
身近でも見かけることが多くなってきました。

その美容効果は非常に高く
何人ものハリウッドセレブも
ライスミルクを愛用しているほど。

ですが、まだライスミルクとはどんなモノなのか
具体的には良くわかっていない
という方も少なくありません。

そこで、ライスミルクの特徴や効果について
気になるポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

ライスミルクとは

ライスミルクとは

あまり聞かない名前かもしれませんが
そもそも、ライスミルクとは
いったい何なのでしょうか。

これは名前の通り
お米で作ったミルクのことです。

牛乳、豆乳に続く「第三のミルク」とも呼ばれ
美容効果の高さから注目を集めています。

白米や玄米などを使っており
製品によっては、そこに植物油や塩など
味を調整するために加えられています。

日本ではまだまだ新しい部類の商品ですが
欧米では人気が高く、メジャーな飲み物です。

ライスミルクは原料がお米なので
植物性の飲み物と言えます。

そのため、牛乳が飲めない人や
動物性食品を摂らないベジタリアンなどは
牛乳の代わりにライスミルクを飲んでいるのです。

ライスミルクの特徴

ライスミルクの特徴

近年、急激にライスミルクが人気を集めているのには
いくつかの理由があります。

ライスミルクには嬉しい特徴が4つあります。

この特徴こそが、ライスミルクが女性を中心に
絶大な人気を集める理由と言えるでしょう。

栄養価が豊富

ライスミルクには非常に豊富な栄養が含まれています。

その理由は、ライスミルクの製法にあります。

似たような食品に豆乳がありますが
ライスミルクと豆乳の作り方には
大きな違いがあるのです。

豆乳は大豆を搾って抽出されますが
ライスミルクの場合、豆乳と同じように
お米を絞っているわけではありません。

ライスミルクの作り方は
お米に水分を加えて、完全に一体になるまで
じっくりと混ぜ合わせるのです。

そのため、搾りかすを出さないので
お米の全ての栄養を
ライスミルクの中に凝縮できているのです。

 

栄養価は使用しているお米・玄米と同じで
下記のような栄養を含んでいます。

  • ビタミン類
  • ミネラル類
  • 食物繊維
  • オリザノール

特に玄米由来のライスミルクは
栄養価が非常に高いので
選ぶ際は、玄米ライスミルクがお勧めです。

低カロリー低脂肪

同じように飲まれる牛乳と比較して
低カロリー低脂肪なのが嬉しいポイント。

もし今、ダイエットをしているとしても
補助として飲みやすい飲み物です。

コップ1杯のカロリーを比較してみると
以下のとおりです。

  • 牛乳:134kcal
  • ライスミルク:66kcal

さらに米の脂質は2%ほどですので
脂肪量も低くいと言えます。

ダイエット中に飲むには
非常に嬉しい栄養バランスといえるでしょう。

美味しい

ライスミルクは、原料がお米由来ですので
自然な甘さを感じることができます。

商品にもよりますが
基本的には甘味料などは入れないでも甘いため
安心して美味しく飲むことができます。

飲んでみると分かりますが
何も味を調整しないでも、普通に美味しいです。

このあたりが、無調整だと飲みづらい
豆乳との違いとも言えるでしょう。

牛乳アレルギーでも大丈夫

ライスミルクは牛乳と違い
お米(場合によっては植物油も)が原料なので
完全に植物性の飲み物です。

そのため、牛乳アレルギーがあっても飲めますし
ベジタリアンでも問題なく飲めます。

牛乳を飲むとお腹を壊しやすい
という方は、朝にはライスミルクを飲むと
お腹を壊さずに朝食が食べられますよ。

ライスミルクの選び方

ライスミルクの選び方

ライスミルクには
使っている原料に幾つかの種類があります。

お米を使っているのか、玄米を使っているのか。

植物油や塩を加えているのかなど
製品によって違いがあります。

では、どんなライスミルクを選ぶべきなのでしょうか。

お勧めのポイントとしては
玄米を使用したライスミルクを選ぶべきです。

理由としては、栄養価の高さがあります。

玄米を使用したライスミルクは
お米のライスミルクとくらべて
栄養素が多く含まれています。

なぜなら、白米へ精製する際に
本来、玄米が持っていた栄養を
削ぎ落としてしまうからです。

この削ぎ落としてしまう部分に
ビタミンなどの栄養が豊富に含まれているため
白米のライスミルクを選ぶともったいないのです。

美容や栄養をしっかり補給するために
ライスミルクを飲むのであれば
必ず玄米を使用したライスミルクを選びましょう。

ライスミルクの美容効果

ライスミルクの美容効果

なぜこれほどまでに
ライスミルクが人気なのかというと
ひとえに、高い美容効果のためです。

ライスミルクには、
女性に嬉しい効果がいくつもあります。

単に飲むだけでも美味しいですが
その効果も目が話せないので
簡単に知っておいてください。

ダイエット効果

ダイエット中にも
栄養は摂らないといけませんが
その配分が難しいところ。

とは言え栄養豊富な牛乳は
脂肪分が多いため、迂闊に飲めません。

そこで牛乳の代わりに
ライスミルクを飲むことで
栄養摂取をしながら、脂肪分をカット。

さらに玄米のに含まれる
ビタミンB1、ビタミンB2の効果で
脂肪の分解・代謝を促進してくれます。

玄米には食欲抑制効果もあるため
ダイエット中には積極的に使っていきたい
理想の飲み物といえます。

むくみ防止

むくみの原因には
身体の中に余分な塩分が溜まる
というものがあります。

ライスミルクの原料である玄米には
その余分な塩分を排出してくれる
カリウムが豊富に含まれています。

そのため、ライスミルクを飲むことによって
体内の塩分濃度を調整でき
むくみを防止してくれるのです。

デトックス効果

美容には欠かせない
体内の毒素を排出するデトックス。

このデトックスを玄米に含まれる
フィチン酸という成分が行ってくれます。

フィチン酸は身体の中に溜まった
毒素と結合し、体外へ排出してくれるのです。

排出するために必要な水分も
玄米と水を混ぜることによって
しっかりと確保しています。

毒素を排出することで、肌の艶も良くなり
アンチエイジングや美肌にも繋がりますよ。

白髪予防

ライスミルクの原料の玄米には
ミネラルの一種である
セレニウムが含まれています。

このセレニウムは
白髪や抜け毛の防止に効果が高く
しっかりと予防してくれます。

いつまでも美しい髪でいたい
という方は、ライスミルクを常飲すると
黒くてきれいな髪を保てるでしょう。

ライスミルクの作り方

ライスミルクの作り方

お米で作る飲料なので
ライスミルクは自宅でも作ることができます。

特に珍しい材料などは必要ないので
手間さえかければ、誰でも作れるでしょう。

もしライスミルクに興味があれば
一度、作ってみるのもアリかもしれません。

ライスミルクの材料

1リットル分のライスミルクの材料は
以下の通りです。

  • 白米or玄米:4分の1合
  • 飲料水:1リットル
  • 食塩:小さじ8分の1

材料に玄米を使う場合は
発芽させたものを使うと
栄養価が高くなってお勧めです。

ライスミルクのレシピ

上記の材料を用意できたら
以下のような流れでライスミルクを作ります。

  1. 白米or玄米を水に浸す(夏:2~3日、冬5~6日間)
  2. 朝と夕方に浸した水を換える
  3. 白米or玄米の水をしっかりと切る
  4. ブレンダーに移し替え、食塩と飲料水を混ぜる
  5. お米の形がなくなるまで念入りに混ぜ合わせる
  6. 完成

数日間の準備期間はかかりますが
作業自体は簡単なはずです。

時間に余裕がある方は
自分で作ったライスミルクを試してみても良いかも。

ライスミルクの注意点

ライスミルクの注意点

美味しくて栄養価の高いライスミルクですが
飲む際には1点注意が必要です。

それは「作ったらすぐに飲まないといけない」
という事です。

 

どういう事かというと
通常の白米や玄米を使うと
その中の菌が繁殖してしまうからです。

お米は耐熱芽胞菌という菌を持っており
数時間の放置で爆発的に増殖し
食中毒の原因になるからです。

市販のライスミルクは
高温度で熱殺菌しているため安全ですが
家庭ではそれほどの温度で殺菌はできません。

ですので、常備しておきたい場合は
市販のライスミルクを飲むようにしてください。

この記事を読んだ人には、こちらもお勧めです。

まとめ

ライスミルクの特徴や効果について
いかがでしたでしょうか。

玄米の素晴らしい栄養価を
余すところなく吸収できる
理想の飲み物、ライスミルク。

牛乳の代わりとしても優秀なので
そのまま飲むもよし、料理で代用するもよし。

様々な使い方ができます。

美容・アンチエイジングに興味がある方は
是非一度、ライスミルクを試してみてください。

効果だけでなく、その飲みやすい味から
純粋なファンになるかもしれませんよ。