ダイエットの悩み

理想の体脂肪率は何%?男性・女性で年齢別の平均を一覧表で見よう 

体脂肪率の平均

よく太っているか、痩せているかという指標にされる体脂肪率

体脂肪率が高すぎれば肥満とされ、生活習慣病などのリスクが高くなってしまいます。

とはいえ、限りなく体脂肪率を低くする必要があるかと言われれば、そういうわけでもありません。

体脂肪が平均を維持していれば、健康的な生活を送ることができますし、体系的にも問題ない範囲に収まります。

では体脂肪率はどれくらいが平均なのでしょうか。

この体脂肪率の平均について、考え方や理想の数値などをまとめてみました。

Sponsored Link

実は生きていく上で重要だった!?体脂肪の働き

体脂肪の働き

何かと悪者として扱われがちですが、体脂肪はどのような働きをするのでしょうか。

実は体脂肪も健康に重要な役割を果たしており、ある程度はないといけないモノなのです。

 

体脂肪は身体を動かすために必要なエネルギーを、備蓄として溜め込む働きをしています。

栄養が足りなくなった緊急時などには、身体に溜め込んだ体脂肪を燃焼して予備のエネルギーとして活用するのです。

食料が安定して手に入れられなかった昔などは、体脂肪が生きるためにも非常に大切だったのです。

 

また寒さから身を守ったり、免疫を強化する働きも体脂肪には備わっています。

そのため、体脂肪を落として極端に痩せた人は、風邪をひきやすくなると言われています。

ですので、体脂肪も落とせば良いというわけでなく、平均を目安にある程度維持する必要があるのです。

体脂肪率の考え方と肥満度の区分

次にそもそもなのですが、体脂肪率とは一体何なのでしょうか。

この部分から考えてみましょう。

 

一般的に使われている体脂肪率とは、体重に占める体脂肪の割合の事です。

自分の体重の何%が体脂肪なのか、という事を表した数値なのですね。

この体脂肪は年齢や性別によって、身体への付きやすさが変わってきます。

そのため、理想の体脂肪率も年齢や男性か女性かによって変化するのです。

 

理想の体脂肪率は変化しますが、分類の仕方はすべて共通のものが使われます。

具体的には、以下の5通りです。

  • 痩せ

  • 標準-(マイナス)

  • 標準+(プラス)

  • 軽肥満

  • 肥満

 

体脂肪の平均としては、この標準+-の範囲に収まっていれば、健康的に過ごせると言われています。

しかし実際に測定してみると軽肥満~肥満だったという方もすくなくありません。

社会人になり運動することが減り、年齢によって代謝が落ちる事で、太りやすくなっているのです。

標準に収めるためにはこまめに体脂肪率の測定を行い、早めに対策を打つべきです。

体脂肪率は増えれば増えるほど、後で落とすのが難しくなりますよ。

体脂肪率を下げてくれる漢方薬

理想の体脂肪率が良い理由

理想の体脂肪率

先ほどご紹介したように、体脂肪は平均を維持するのが理想的です。

もしこの平均を外れてしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

体脂肪率が平均より高過ぎる場合

まず、体脂肪率が高過ぎる場合。

いわゆる「肥満」という状態ですね。

体脂肪が多過ぎる状態であるため、身体に様々な負担がかかってしまいます。

具体的には、体重も重くなりがちですので、脚や腰などに大きな負担がかかってしまい、痛めてしまう原因になります。

 

また生活習慣病の原因になる事もあり、健康的な被害を受ける可能性もあります。

糖尿病や動脈硬化、高血圧症など危険な病気を引き起こすこともあるので、体脂肪が高い基準に入っているなら注意してください。

体脂肪率が平均より低過ぎる場合

逆に体脂肪率が低すぎる場合も様々なリスクがあります。

痩せ過ぎているということは、「生命の危機に近い」と言い換えることもできます。

いわゆる、飢餓状態というものです。

 

自分ではそう感じていなかったとしても、身体が危ないと感じ、命を守るためにエネルギー配分を調整します。

その結果、月経が無くなってしまったり、免疫が低下してしまったりと健康面で非常に危ない状態になってしまいます。

 

特に元から痩せている訳ではなく、ダイエットで急激に痩せた場合などは過度に痩せてしまい、こういったリスクが高くなります。

ですので、いくら痩せるためとはいえ、体脂肪を落としてしまうのは危険ですし、ほどよい体脂肪率は維持するように気をつけてください。

年齢別での男性・女性の体脂肪率の区分

最初の方に「年齢・性別によって体脂肪率の平均は変化する」とご紹介しました。

では、いったい自分の状況では、どれくらいの体脂肪率が平均なのか気になっているのではないでしょうか。

そこで体脂肪率の平均について、年齢別で男性と女性に分けてまとめてみました。

自分の体脂肪率はどのレベルなのか一度、確かめてみてください。

男性の体脂肪率の平均

~14歳 痩せ:体脂肪率~6% 標準(-):体脂肪率7~15% 標準(+):体脂肪率16~24% 軽肥満:体脂肪率25~29% 肥満:体脂肪率30%~
15歳~17歳 痩せ:体脂肪率~7% 標準(-):体脂肪率8%~15% 標準(+):体脂肪率16%~23% 軽肥満:体脂肪率24%~27% 肥満:体脂肪率28%~
18歳~39歳 痩せ:体脂肪率~10% 標準(-):体脂肪率11~16% 標準(+):体脂肪率17~21% 軽肥満:体脂肪率22~26% 肥満:体脂肪率27%~
40歳~59歳 痩せ:体脂肪率~11% 標準(-):体脂肪率12~17% 標準(+):体脂肪率18~22% 軽肥満:体脂肪率23~27% 肥満:体脂肪率28%~
60歳~ 痩せ:体脂肪率~13% 標準(-):体脂肪率14~19% 標準(+):体脂肪率20~24% 軽肥満:体脂肪率25~29% 肥満:体脂肪率30%~

女性の体脂肪率の平均

~13歳 痩せ:体脂肪率~14% 標準(-):体脂肪率15~24% 標準(+):体脂肪率25~33% 軽肥満:体脂肪率34~37% 肥満:体脂肪率38%~
14歳~17歳 痩せ:体脂肪率~17% 標準(-):体脂肪率18~26% 標準(+):体脂肪率27~35% 軽肥満:体脂肪率36~39% 肥満:体脂肪率40%~
18歳~39歳 痩せ:体脂肪率~20% 標準(-):体脂肪率21~27% 標準(+):体脂肪率28~34% 軽肥満:体脂肪率35~39% 肥満:体脂肪率40%~
40歳~59歳 痩せ:体脂肪率~21% 標準(-):体脂肪率22~28% 標準(+):体脂肪率29~35% 軽肥満:体脂肪率36~40% 肥満:体脂肪率41%~
60歳~ 痩せ:体脂肪率~22% 標準(-):体脂肪率23~29% 標準(+):体脂肪率30~36% 軽肥満:体脂肪率37~41% 肥満:体脂肪率42%~

 

一覧表を見ても分かる通り、基本的に同じ年代でも女性の方が体脂肪率の平均は高く出る傾向にあります。

これは男性の方が筋肉量が多い事もありますし、乳房やお尻など女性らしい部分を形成するのが脂肪だからというのが理由です。

そのため異性の体脂肪率は参考にはなり得ませんので、計測する際には必ず男性なら男性、女性なら女性の体脂肪率を目安にしてください。

理想の体脂肪率になるために

上記の体脂肪率の平均をみて、自分と比較してみてください。

おそらく多くの方が軽肥満だったのではないでしょうか。

現代社会では食事バランスが崩れ、偏った食生活を送る方も多く、太りやすい時代になっています。

またお仕事をされている方は、そのせいで運動の時間を取れず肥満が加速するばかりです。

そのため多くの方の場合は、太ることよりも痩せる事を優先して考える必要があります。

 

体脂肪率を減らすためには、適度な運動と食事バランス、この2つを両立させてください。

食事を減らすだけでは一時的に痩せても代謝が低いため、すぐに元の体脂肪率に戻ります。

また運動だけでは体脂肪率を落とすために、長期間が必要になってしまいます。

バランス良く短期間で痩せ、その後も体脂肪率を維持するには食事と運動の改善が必須です。

体脂肪率を減らすなら!おすすめの漢方薬

EGタイトLightでお腹痩せ

とはいえ、忙しいため毎日の運動や食事の改善に、あまり時間を割くことができない。

そんな方も少なくないかと思います。

そういった忙しい方や中々痩せられないという方に、おすすめしたい漢方薬があります。

その漢方薬とは防風通聖散という脂肪燃焼に特化したものです。

 

防風通聖散は脂肪に対して合成の抑制、分解、燃焼という3段階全てにアプローチします。

そのため内臓脂肪、皮下脂肪どちらにも効果を発揮して、体脂肪率を減少させてくれるのです。

もともとは肥満症の治療に使われていた漢方薬ですので、歴史も長く効果や安全性への信頼性もサプリなどより群を抜いて高いです。

 

この防風通聖散の中でも特におすすめなのは、EGタイトLightという商品です。

EGタイトLightは飲みやすさに特化して作られた防風通聖散で、ポケットサイズのパックに入っているため持ち運びが非常に便利です。

さらにタブレット型に固めて作られているので、漢方独特のニオイや苦味などが気になりづらく、始めて漢方薬を飲む方も安心して飲む事ができます。

こういった特徴から外出先でも飲みやすく、忙しい人にも向いており継続して続けやすいのが魅力。

特にお腹の脂肪を中心に効くので、体脂肪率だけでなくウエストを減らせるのも嬉しいですね。

また今ならEGタイトLightをたったの980円で試す事ができるので、気になったら気軽にお試しができます!

体脂肪率を減らしたい方は、EGタイトLightをぜひ1度試してみて下さい。

体脂肪を減らすEGタイトLightはこちら

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。





体脂肪率の年齢別・男性と女性の平均と理想値のまとめ

体脂肪率の年齢別・男性と女性の平均について、いかがでしたでしょうか。

体脂肪が悪者のように言われがちですが、多過ぎても少な過ぎても健康的なデメリットがあるのです。

ですので、とにかく体脂肪を減らそうと考えるのではなく、調度良い平均を目指すようにして、見た目的にも健康的にも良い状態を手に入れてください。