ダイエット方法いろいろ

あなたは大丈夫?痩せる座り方と太る座り方のポイント8つ

痩せる座り方

いま、椅子に座っているとしたら
きれいに座れているか、自分を確認してみてください。

もし座り方が崩れていたら要注意。

座り方次第では、座るだけで痩せられたり
逆に太ってしまう原因になったりもします。

どういう座り方が良くて、どういう座り方が駄目なのか。

また、座ったままできる手軽なエクササイズについて、ご紹介します。

Sponsored Link

悪い姿勢は太る

悪い座り方

子供の頃、座っている時の姿勢を注意されたことがあるかもしれません。

この悪い姿勢というのは、集中よくなどだけでなく
体型にも悪い影響を与えてしまうことが分かっています。

とくに現代人は、1日の半分以上を椅子に座って仕事をする
なんて方も多いので、座り方は非常に重要になってきます。

同じように椅子に座って、1日を過ごすのであれば
座り方をきれいにするだけで、見違えるほどダイエット効果を得られます。

将来的に、老後に背骨が曲がってしまう恐れもありますし
このダイエットを機に、座り方を改善してみましょう。

悪い座り方とは

太る座り方

きれいな座り方、悪い座り方と言いますが
どういうものが悪い座り方なのでしょうか。

よくあるパターンの座り方についてご紹介します。

足を組んで座る

悪い姿勢の代表的なのが、足を組んだ座り方です。

足を組んで座ると、足の付根にある骨盤が歪んでしまいます。

骨盤の歪みはポッコリお腹や代謝が落ちる原因になっており
それを解消して痩せる骨盤ダイエットがあるくらいです。

また、お腹などにうまく力が入らない座り方なので
腹筋が衰えてしまい、脂肪がつきやすくなる恐れもあります。

猫背で座る

足を組まずに座っていても、猫背になっていたら
ダイエットにとっては悪い座り方といえるでしょう。

猫背はお腹や腰に力を入れない座り方なので
こちらもお腹まわりの筋力を低下させ、スタイルがくずれる原因になります。

とくにパソコンを使った仕事の場合は、猫背になりがちなので
座り方を改善するだけで、ある程度スタイルが良くなる可能性があります。

背もたれにもたれかかる

猫背とは逆に、背もたれに身体を預けて座っている場合も
あまり良い座り方とはいえないでしょう。

背もたれに身体を預けて座ると、変に体重がかかってしまい
骨盤が開いてしまう原因になります。

また、お尻や下腹部にお肉がつきやすくなるので
この座り方も改めたほうが良いでしょう。

キレイに痩せる座り方

キレイに痩せる座り方

反面教師になる悪い座り方が分かったら
次はやるべき正しい姿勢を学びましょう。

ダイエットに効く座り方のポイントは、以下のとおりです。

  • 背筋をしっかりと立てて、「L字」になるように座る
  • 深く椅子に腰掛けず、真ん中あたりにすわるようにする
  • 背もたれに身体を預けず、お尻や太ももに体重をかける
  • 足は組まずに、両足とも地面につけて座る

特に難しいことは何もないでしょう。

こんな単純な座り方を続けていくだけで、きれいな痩せ方ができるのですから
今すぐに実践しない手はありませんよね。

座り方でのポイント

上記で説明したように座れば、徐々に痩せていくでしょう。

この座り方ダイエットについて、1つポイントがあります。

それは、とにかく続けることです。

多分、思い当たる節があると思いますが
長時間座っていると、気を抜いた瞬間に姿勢が崩れてしまいがちです。

もちろん、無意識レベルで正しい座り方ができれば良いですが
そうでなくても、気づいたらすぐに座り方を気をつけるようにしましょう。

ただ座るだけなので、当然すぐにダイエット効果は表れません。

これをコツコツと続けていくことによって
徐々にダイエット効果を発揮していくことになります。

頑張って、正しい座り方を継続してくださいね。

併用したいサプリメント

痩せる座り方を実践しながら
一緒に飲みたいサプリメントがあります。

そのサプリメントとは
脂肪燃焼を促進する効果を持つサプリです。

痩せる座り方で、代謝が高い状態になるため
その効果を高めるサプリも一緒に摂って
一気にダイエット効果を高めるべきでしょう。

 

スリムバーンで脂肪を燃やす

おすすめの脂肪燃焼サプリは
「スリムバーン」というダイエットサプリです。

このスリムバーンは高い評価を集めており
燃焼サプリランキングで1位を獲得する
という高い実績を持つサプリです。

厳選した素材によって身体の代謝を高め
脂肪が燃えやすい状態を作ってくれます。

これを飲んだ上で痩せる座り方を心がければ
日常生活での脂肪の燃焼効率は
飛躍的に伸び、痩せやすくなるでしょう。

そういう意味で、スリムバーンと痩せる座り方は
非常に相性の良い組み合わせと言えます。

 

もちろん、単体でもどちらも効果はありますが
せっかく相性が良い組み合わせがあるのですから
一緒に使用すると良いでしょう。

少しでも脂肪燃焼の効率を高めて
理想の体型を目指してみてください!

slimburn-button01

座ったままできる手軽なエクササイズ

座ったままエクササイズ

日常的な正しい座り方にプラスして
座りながら手軽にできるエクササイズをご紹介します。

電車の座席でやってみたり、仕事の合間に息抜きとしてやったりすれば
積み重ねでダイエットに対しても、良い影響を与えられます。

特にお腹から太ももにかけての下半身に効果を発揮するので
下半身が気になっている方は、少し試してみてください。

足をくっつけてみる

このエクササイズのやり方は簡単です。

まず足を閉じたまま座ります。

さらにギューッと締めてみてください。

思った以上に、力が入りづらくてキツいのではないでしょうか。

このエクササイズを実践することによって
内転筋と呼ばれる、太もも内側の筋肉を鍛えられます。

内転筋は普段はあまり使わないため
しっかりと鍛えることによって、代謝アップと太ももの引き締めが見込めますよ。

足上げエクササイズ

次はお腹に効くエクササイズです。

椅子に座ったまま、両足をお腹にくっつけるように上げてみてください。

この時、最初はふらつくと思いますので
手で椅子を押さえて、身体を支えてもOKです。

足をお腹に近づけていくと、下腹部の腹筋に効いてる感じがあるはずです。

これを10回1セットとして、3セットを毎日繰り返せば
下っ腹の引き締め効果が期待できますよ。

慣れてきたら、椅子を支えている手を話しても良いです。

手を使わないことで、より腹筋を集中して鍛えられます。

骨盤クッションを使う

これはエクササイズというか、道具を使うだけですが
骨盤クッションに座ってみてください。

骨盤クッションというのは、
真ん中に穴が空いている、ドーナツ型のクッションです。

これに座ることで、体重が自然にお尻の両脇にかかってくるので
骨盤に圧力をかけられて、骨盤矯正をすることができるのです。

「骨盤クッション」という道具を使う事にはなりますが
座るだけで体質の改善に繋がるので
お財布に余裕があれば、骨盤クッションの使用をおすすめします。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

座るだけで痩せる、正しい座り方とエクササイズについて
いかがでしたでしょうか。

大部分の方はやりがちですが
腰や背中に体重をかけて座らずに
ちゃんとお尻を中心に背筋を伸ばして座るようにしましょう。

はじめはすぐに姿勢が崩れるかもしれませんが
毎日意識して座ることで、いずれ無意識でも座れるようになります。

ただ座るだけで痩せられるのであれば
少しくらい面倒でも、頑張って正しい座り方を心がけてください。