ダイエットの悩み

ストレス過食はセロトニン不足に原因!解消のための3つのポイント

ストレスによる過食

ストレスが溜まってくると
食事を食べ過ぎる「過食」をしてしまいがちです。

実はこのストレスによる過食には
とある原因がありました。

この原因を解消することで
ストレスによる過食を防ぎ
食べ過ぎによる体重の増加を防ぐことができます。

ストレスと過食について
原因と対処法をご紹介します。

Sponsored Link

ストレスによる過食の原因

ストレスによる過食の原因

ストレスを感じて過食してしまう
いわゆる「ストレス太り」には
とある脳内物質に原因がありました。

その過食の原因になる脳内物質とは
「セロトニン」というものです。

 

このセロトニンには
脳の機能を安定させる働きがあり
精神バランスをコントロールする役割があります。

セロトニンが不足すると
モチベーションを左右するドーパミンや
不安の原因になるノルアドレナリンのバランスが崩れます。

その結果、ストレスを必要以上に感じるようになり
過食の原因になってしまうのです。

ストレスを感じて、過食気味になっている場合は
このセロトニンが不足しているのではないか
という可能性を疑うべきでしょう。

セロトニンの不足によるストレス

もう少し、セロトニンとストレスの関係について
詳しく見てみましょう。

セロトニンのバランスが保たれている時には
精神も安定しやすくなります。

 

では、このセロトニンが不足する原因ですが
これは心身両面からくるストレスにあります。

精神的なストレスを受けたり
疲れが溜まり過ぎた際
セロトニンの分泌が弱くなってしまいます。

そしてセロトニンの分泌が少なくなると
脳内物質のバランスが崩れ、不安を感じやすくなり
さらにストレスを受ける事になります。

脳内物質の不均衡からストレスを受け
さらにセロトニンの分泌が少なくなる
という、負の連鎖が起こってしまいます。

この負の連鎖を断ち切らない限り
ストレスは溜まり続ける一方なので
過食も止まらず、太り続けてしまうでしょう。

ストレスを溜めながらのダイエットは
過食の原因にもなってしまうので
失敗する可能性も高くなります。

セロトニンを増やす方法

ストレスでの過食の解決法

ストレス太りを解消し、過食を止めるためには
セロトニンを増やすのが1番の近道です。

セロトニンの分泌を増やすには
ストレスで弱っているセロトニン神経を鍛えて
分泌する力を取り戻してあげるのです。

ということで、ストレスによる過食を解消するため
セロトニンを増やす方法について
いくつか具体的な方法をご紹介します。

定期的な運動

セロトニン神経は、規則性のある運動をすることで
その機能を活性化することが出来ます。

具体的には、ウォーキングやマラソンといった
一定時間、規則的な動きをする運動をすることで
セロトニンを増やす事ができるでしょう。

有酸素運動には、ダイエット効果もありますし
身体を動かす事でストレスも解消できるので
一石二鳥といったところでしょう。

 

また、ジョギングやランニングだけでなく
ヨガのような、呼吸を意識するゆっくりした運動
セロトニンを増やす上では有効です。

ヨガにはリラックス効果もあるため
ストレスによる過食の解消にも期待できるでしょう。

人とのふれあい(グルーミング)

あまり知られていませんが
人との会話など、ふれあいによって
ストレスを緩和し、セロトニンを増やす事ができます。

これはふれあいによって、休むタイミングだと身体が感じ
リラックスするようになるのです。

身体がオン・オフをしっかりと使い分ける事で
セロトニンの分泌も増え、ストレスが緩和されます。

また、人と一緒にいることで
人目を意識することができるので
ひとりでいる時よりも、過食を予防できます。

太陽の光を浴びる

昔から、「落ち込んでいる時には陽の光を浴びろ」
と言われていますが
これは科学的にも実証されています。

まず、セロトニン神経には
朝に活性化し、夜に機能を休める
という特徴があります。

目の網膜が太陽の光を感じると
身体が朝だと感じ、セロトニン神経を活性化させます。

その結果、セロトニンの分泌が始まり
ストレスが緩和されるのです。

 

時間としては、30分程度で十分ですので
過食しそうだと感じたら
外に出たりして、太陽の光を浴びましょう。

直接見ると、目を痛める可能性があるので
体全体で太陽の光を浴びて
日光浴をすると良いでしょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

ストレス太りの原因である過食

その原因や解決法について
いかがでしたでしょうか。

ストレスによる過食は
そのほとんどが、セロトニンの減少によるもの
という可能性が大きいです。

身体をよく動かし、陽の光を浴びながら
人との交流をしっかりとする。

こうするだけで、セロトニンが分泌されて
ストレスによる過食を防ぐ事ができます。

 

崩れがちな生活リズムを正すだけで
これらのポイントは守れるはず。

まずは、自分の生活リズムを見直すことから
ストレスからの過食を解決してみましょう。