ダイエットの悩み

体脂肪を減らすのは食事や運動だけじゃない!押さえておきたい31の方法

体脂肪を減らす方法

ダイエットをして痩せると言っても、体重だけを落とすことには、あまり意味はありません。

体重が落ちていても筋肉も一緒に落ちており、贅肉が残ったまま、スタイルはあまり変わらないなんてこともあるからです。

スタイルを良くしたいのであれば、体脂肪を減らす事を目的にダイエットをやらなければいけません。

では、どうすれば体脂肪を減らすことができるのでしょうか。

注目度の高い体脂肪を減らす方法について、色んな方向からの方法をまとめてみました。

Sponsored Link

体脂肪を減らすために必要な考え方

体脂肪を減らすには

まず体脂肪を減らすには、何をすればいいのでしょうか。

体脂肪の増減については、基本的な考え方があります。

筋肉を残したまま、体脂肪を減らす

これが、綺麗なスタイルを作るための原則です。

 

目的を体脂肪を減らすという事に置いた場合、方法は次の3つに分かれます。

  • 食事のカロリーを気をつける

  • 運動で体脂肪を減らす

  • 基礎代謝を上げて体脂肪を燃焼させる

これらの体脂肪を減らす方法について、それぞれをご紹介していきます。

3つの種類別!体脂肪を減らす方法31個

こちらでは体脂肪を減らす方法について、上記でご紹介した3つに分類しています。

ひとつひとつの方法も効果がありますが、それぞれの種類の方法を一緒に実践することで、相乗効果を発揮しながら、体脂肪を減らすことができます。

自分で実践できそうなモノを見つけたら、出来る限り色々と取り入れてみてください。

代謝を上げて代謝を減らす方法

代謝で体脂肪を減らす

体脂肪を減らす方法は、上記の2つがメインになりますが、補助的に代謝を上げる方法もあります。

こちらの方法も組み合わせることで、運動や食事をしていない日常生活を送っている時間も、勝手に身体が脂肪を燃焼し減らしてくれるようになります。

その量は多くはありませんが、最も時間の割合は大きいので、実践する価値は十分ありますよ。

漢方薬を活用する

意外と知られていませんが、代謝を上げるのに有効な方法として漢方薬の活用があります。

自然の成分によって身体の機能を高め、身体に大きな負荷をかけずに痩せられる、健康にもおすすめの方法です。

代謝を上げるためにおすすめの漢方薬は、防風通聖散という漢方です。

この防風通聖散は身体の発汗機能を高め、たくさん汗をかけるようにして余分なエネルギーを外に出してくれます。

また血行も良くしてくれるので、総合的に代謝を高めていき、痩せやすい状態を作ることができます。

防風通聖散は色んな種類があり、多くの会社から販売されていますが、その効果は、配合量などによってマチマチです。

 

脂肪を減らすEGタイトLightはこちら

その中で特に効果が期待できる防風通聖散のおすすめは、EGタイトLightという漢方薬です。

この防風通聖散に限りませんが、漢方薬の効果をしっかりと出すためには飲み続ける事が必要不可欠です。

ですが漢方薬は持ち運びに不向きだったり、味が苦い・臭みがあるなどのものが多く、すぐに飲まなくなってしまう人が少なくありません。

その点、EGタイトLightは飲みやすさを最重要視して作られているので、苦味やニオイが気になることはありません。

またポケットサイズのパックに入っているため、外出先にも持って行けて飲み忘れなく飲み続けることができます!

せっかく効く漢方薬を選んでも、飲み忘れが多かったりして飲み続けられていないと、しっかりと効果を発揮できません。

その最大のマイナス面をEGタイトLightで防ぎつつ、代謝の高い体質を作ってください。

いまなら980円で試す事が可能なので、少しでも気になったらEGタイトLightを飲んでみると良いでしょう。

体脂肪を減らすEGタイトLightはこちら

 

気になった方は、こちらの記事でEGタイトLightの効果や口コミをまとめているので、そちらをご覧になってみてください。

体温を高める

なるべく体温を上げることで身体が体脂肪を燃焼して、減らすようになります。

女性に人気の岩盤浴やサウナなどは、体温を高められるので、代謝を高める効果が期待できます。

またクーラーなどの仕様を控える事で身体を冷やさなくなり、代謝を落とさないようにできます。

体温を高めて冷やさないようにする事が、体脂肪を減らす最も簡単な方法と言えるでしょう。

水をしっかりと飲む

水ダイエットというものがあるように、しっかりと水を飲むことで体脂肪を減らす事ができます。

意外と必要量を飲めていない人も多いですが、1日あたり2リットル以上、飲みたいところ。

それも一気に飲まず、1日かけてこまめに飲むのがコツです。

お白湯を飲む

「水を飲む」「体温を上げる」という2つの方法を同時に実践できるのが、お白湯です。

水を温めて白湯にして飲むだけですが、白湯ダイエットがあるように、効果の高い方法として、一般でも認知されています。

お金のかからない方法ですので、明日の朝からでも試してみてはいかがでしょうか。

オリーブオイルを摂る

油といえば太る原因というイメージが強いですが、オリーブオイルの場合、適量であれば体脂肪を減らす手助けをしてくれます。

その効果は中々のもので、オリーブオイルダイエットが一部で人気になるほど。

家で使う油は、オリーブオイルに変えてみると良いでしょう。

ココナッツオイルを飲む

オリーブオイルと同じような理由で、ココナッツオイルも体脂肪を減らす効果が期待できます。

最近は人気が出てきたのか、ダイエット商品に取り入れられる姿をよく目にします。

こちらも適量を摂取することで、脂肪の燃焼効率を向上させて体脂肪を減らしてくれます。

褐色脂肪細胞を活性化させる

褐色脂肪細胞とは、脂肪を燃やし体温を上げる細胞です。

主に肩甲骨の間や首周り・脇の下などに多くあり、この部分を刺激することで、褐色脂肪細胞を活性化させ、体脂肪を減らす力をアップさせることができます。

この効果を狙ったものが、肩甲骨ダイエットなどです。

意識的に動かすようにして、褐色脂肪細胞を刺激するようにしましょう。

急激なダイエットをやらない

特に食事でのカロリー制限などが、これにあたります。

なるべく早く痩せようと極端なダイエットをしてしまうと、身体が飢餓状態だと勘違いして、痩せにくい体質に変えようとしてしまいます。

これは人間の本能みたいなものなので、残念ながら改善することはできません。

ですので、あまり焦ることなく、ゆっくりと痩せるように心がけましょう。

食事で体脂肪を減らす方法

食事で体脂肪を減らす

まず、食事を調整して体脂肪を減らす方法です。

3つの方法のうち、最も効果が高いのがこの食事についての方法です。

1番カロリー全体に大きな影響を与えられるので、出来る限り力を入れて取り組んでください。

食事回数は減らさない

ダイエットといえば、食事制限をイメージしがちですが、食事はしっかりと食べるようにしましょう。

よく、朝食や昼食を抜く女性がいますが、食事を抜いてしまうと逆に身体が飢餓状態と勘違いして、脂肪を溜め込みやすい体質に変えてしまいます。

そうすると体脂肪を減らすには難しくなるので、しっかりと3食以上食べるようにしてください。

食事の回数を増やす

上記で、しっかりと食事を食べると言いましたが、減らすよりもむしろ食事の回数は増やした方が良いです。

ただし回数自体は増やしますが、1食あたりのカロリーは減らすのがポイント。

つまり1日単位の摂取カロリーは変わらず、食べる回数を5回程度に分散するということです。

そうすると栄養を余らずに吸収しやすくなるので、体脂肪として残りづらくなり、減らすことに繋がります。

カロリー計算をする

1日にどれくらいのカロリーを摂取するのか、ある程度目安を立てておいて、それに沿って食事をするようにしましょう。

ダイエットを目的に考えるのであれば、年齢にもよりますが、女性の場合1日あたり1800kcal以下に抑えたいところ。

可能であれば、1500kcalくらいまで抑えられればベストです。

男性の場合は2000kcal強といったところ。

減らし過ぎは、逆に痩せにくい身体の原因になるので、これくらいの摂取カロリーを目安にしてください。

体重・体脂肪の変化を記録する

これはレコーディングダイエットという方法ですが、毎日決まった時間に体重計に乗り、体重と体脂肪を記録していきます。

これにより、変化をしっかりと把握することができ、自分のダイエットの進捗がわかります。

体重が減っていなくても、体脂肪は減らす事ができているという場合もあるので、必ず両方を記録していきましょう。

炭水化物を控える

食事の中で、体脂肪を増やす原因になりがちなのが炭水化物です。

炭水化物を食べることで血糖値が上がりやすくなり、その結果、脂肪を溜め込みやすくなるのです。

食事で炭水化物の量を減らすことで血糖値も上がりづらくなり、結果として体脂肪を減らす事に繋がります。

ダイエット方法としても効果の高いやり方で、炭水化物ダイエットや低糖質ダイエットなどが有名ですね。

たんぱく質中心の食事をする

炭水化物を食べないのであれば、一体何を食べるのか。

その答えが、たんぱく質が多い食品です。

たんぱく質をしっかりと摂取することで、筋肉が落ちづらくなり、代謝を維持したまま体脂肪を減らすことができます。

たんぱく質はお肉や大豆などに多く含まれているので、そういったモノを中心に食べてください。

週に1度だけ炭水化物を食べる

炭水化物の量は、なるべく控えるべきですが、摂らな過ぎても身体がその状態に慣れてしまいます。

身体を慣らしてしまうと体脂肪が減りにくくなるので、週に1日だけ炭水化物も好きに食べられる日を作りましょう。

これをチートデイと言い、身体を鍛えているアスリートなども取り入れている方法です。

ブロッコリーを食べる

食事をする際に取り入れていきたいのが、野菜の中でもブロッコリーです。

ブロッコリーには、クロムというミネラルが含まれており、脂肪の燃焼筋肉の強化が見込めます。

どちらとも体脂肪を減らす効果が期待できるので、積極的に食べたい野菜のひとつです。

アボカドを食べる

ブロッコリーと同様、体脂肪を減らすために食べておきたい野菜が、アボカドです。

アボカドは、L-カルニチンやカリウムなど体脂肪を減らす成分が豊富なので

また、糖質が非常に少ないので、糖質制限ダイエット中でもしっかり食べられます。

アボカドダイエットという方法もあるので、こちらを参考にしてみてください。

ラム肉を食べる

お肉にはたんぱく質が多いですが、特に体脂肪を減らす事を狙うなら、ラム肉を選ぶのがおすすめです。

ラム肉は、市販されているお肉の中で最もL-カルニチンの量が豊富です。

L-カルニチンは体脂肪を減らす効果が期待できるので、臭いが気にならないのであれば、ぜひラム肉を食べましょう。

唐辛子を食べる

食材は上記のようなモノを選べば良いですが、味付けに関しては唐辛子を選べば尚良しです。

唐辛子に含まれるカプサイシンには、脂肪の燃焼を促進する効果があります。

料理の中に唐辛子を添えたり、味付けに使うことで、より体脂肪を減らす効果のある料理ができますよ。

グリーンスムージーを飲む

芸能人やモデルを中心に人気があるグリーンスムージーを飲むというのも良いでしょう。

グリーンスムージーはお腹の中をキレイにしてくれるので、栄養の摂取効率が改善されて体脂肪を減らす助けにもなります。

グリーンスムージーのレシピさえ押さえておけば、忙しくても簡単に作れるので一度、試してみるのも良いと思いますよ。

黒烏龍茶を飲む

CMなどで有名な黒烏龍茶も体脂肪を減らす上で、大きな助けになります。

黒烏龍茶の効果は、脂肪の吸収抑制排出の促進など、ダイエットに対して理想的な働きをしてくれます。

食事に黒烏龍茶を取り入れる事で、体脂肪を減らす役に立ってくれるでしょう。

コーヒーを飲む

コーヒーを習慣的に飲む人は、痩せやすいというデータがあります。

これは、コーヒーに含まれるカフェインが脂肪の燃焼を促進するからです。

そのため仕事の息抜きなどで、コーヒーを毎日飲むようにすれば、痩せやすくなるでしょう。

ダイエット方法に、コーヒーダイエットなんてものがある程ですからね。

ただし、飲み過ぎは睡眠不足の原因になるので、1日2杯程度に抑えておきましょう。

えのき茶を飲む

あまり耳にしませんが、えのき茶は体脂肪を減らす効果が高いという評判が増えています。

普通に売っているえのきを干して刻み、それをお茶にするだけなので簡単に作れます。

実際にえのき茶ダイエットで痩せた人も多いので、一度飲んでみてはどうでしょうか。

カルピスを飲む

意外なことですが、あのカルピスには体脂肪を減らす効果がありました。

腸内環境を整える事で体脂肪を減らすようで、実際に調査の結果、体脂肪の減少が確認されたようです。

とはいえ、甘くてカロリーもあるので、飲み過ぎは厳禁です。

飲むなら、カロリー0のダイエットタイプにしておきましょう。

酵素を摂る

体脂肪を減らすために、色々な成分を摂ると思いますが、できれば、酵素も積極的に摂るようにしましょう。

酵素は5大栄養素に加えて6つ目の栄養素とも言われ、他の栄養がしっかり働けるように助ける効果があります。

酵素の効果にはダイエットのみならず、健康や美容にも嬉しい効果があるので、特に女性は、積極的に摂ることをオススメします。

 

特に酵素ドリンクを活用したダイエットは、ほしのあきや小倉優子などモデルや芸能人に愛用者が大勢います。

中には90日間で18kg痩せた事例もあるほど!

短期間で体脂肪率を減らしたいのであれば、経済的にも効果的にも、そして健康的にも最もオススメできる方法のひとつです。

なるべく早く体脂肪率を減らしたいのであれば、一度酵素ドリンクを試してみてください。

こちらではオススメの酵素ドリンクであるベルタ酵素について、気になるポイントを網羅した記事を用意しています。

酵素ドリンクに興味があれば読んでみてください。

運動で体脂肪を減らす方法

運動で体脂肪を減らす

食事の次は、運動で体脂肪を減らす方法です。

運動にも2種類があり、その運動自体でカロリーを消費する方法と筋力をつけて、代謝を上げる方法です。

これら2つを組み合わせることで、代謝を減らすスピードもアップするので、積極的に取り入れrていきましょう。

有酸素運動をする

まず体脂肪を直接減らす運動ですが、これは有酸素運動にあたります。

ダイエット方法として有名なウォーキングダイエットランニングでのダイエットなど、長い時間バテないようにやる運動ですね。

直接、体脂肪を減らせる数少ない方法なので、ぜひともダイエットに取り入れておきたいところ。

筋肉をつける

次に代謝を上げるやり方ですが、これは身体に筋肉をつける事です。

筋肉を増やすことで、日常生活で自然にカロリーを燃焼してくれて、体脂肪を減らすことに繋がります。

特に社会人で運動不足を感じているのなら、軽い運動から始めて少し筋肉をつけると良いでしょう。

インナーマッスルをつける

筋肉を増やすと痩せやすいとはいえ、女性ならゴツくなるのに抵抗があるでしょう。

そういう場合は、インナーマッスルを鍛えるという方法があります。

インナーマッスルは、身体の内側の筋肉でして、鍛えても表面上はあまりゴツくなりません。

負荷も軽いトレーニングで鍛えられるので、あまり運動をしたことがない女性にも始めやすいです。

まずはバランスボールのダイエットなどから、お家で初めて見てはいかがでしょうか。

ドローイング

インナーマッスルを鍛える方法で、スキマ時間でできるのが、このドローイングダイエットです。

力を入れながらの深呼吸で、数分あれば1セットできるので、ちょっとした空き時間や休憩中にもできます。

特にお腹まわりを鍛えられて、体脂肪を減らしくびれを作る効果が期待できるので、スタイルを良くしたいならぜひ実践してみてください。

ストレッチをする

あまり運動というイメージがありませんが、ストレッチでもインナーマッスルを鍛えられて、体脂肪を減らす手助けができます。

朝に起きた直後寝る前などに、毎日ストレッチをやるようにすれば、それだけでもいくらかの筋肉を刺激できます。

ストレスの解消にも繋がるので、習慣にしてみてはどうでしょうか。

筋トレの後に有酸素運動

筋トレと有酸素運動を組み合わせる場合ですが、先に筋トレをやって、終わってから有酸素運動という順番でやりましょう。

この順番で取り組むことで、身体が温まった状態で有酸素運動を始められるので、より効率的に体脂肪を減らすことができます。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。





まとめ

体脂肪を減らす30の方法について、いかがでしたでしょうか。

大きく分類すると、食事運動代謝を上げる補助と、分かりやすい方法だったかと思います。

ですが、その手段としては色んな方法があるので、自分に合ったものをピックアップして、できるものから実践してみてください。

 

ちなみにどの方法を選ぶとしても、身体の脂肪燃焼力を高めておけば、より楽に体脂肪率を減らせます。

体脂肪を燃焼させやすくする成分を毎日定期的に摂取しておくことで、紹介した方法の効果も倍増するのです。

脂肪燃焼の成分の摂取という点でおすすめな方法はサプリや漢方薬の服用ですね。

脂肪合成の抑制、分解、燃焼

この3つに働きかけるサプリや漢方薬であれば、体脂肪を減らす大きな助けになります。

昔はこういうサプリも高かったですが、いまは格安で使えるものもあるので、試してみる事をおすすめします。

こういったアイテムを活用すれば、体脂肪を減らすのが楽になりますよ。