よくある悩み

放っておくと危険!?内臓脂肪の危険性と落とし方3つのコツ

内臓脂肪の落とし方

お腹につく脂肪には、皮下脂肪の他に内臓脂肪というものがあります。

見た目では少しわかりづらいですが、内臓脂肪が溜まってくると病気の原因にもなるので危険といえます。

この内臓脂肪がどういうもので、どんな落とし方があるのか

こういった情報をまとめましたので、内臓脂肪の落とし方を知りたい方は目を通してみてください。

Sponsored Link

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは、読んで字の如く、お腹の「内蔵まわりにつく脂肪」のことです。

比較的お腹まわりが脂肪で膨らみ、全体的に丸く見えるので「リンゴ型肥満」と呼ばれる体型になりがちです。

男性ホルモンによって蓄積されるため、どちらかというと男性の方が内臓脂肪がつきやすい傾向にあります。

とはいえ、女性には縁がないかというとそうではなく、内臓脂肪が蓄積してしまう可能性もあるので注意が必要です。

この内臓脂肪の特徴としては、簡単にお腹につきやすく落としやすいという傾向があります。

そのため脂肪を預金に例えた時に、内臓脂肪は「普通預金」だと言われることがありますね。

より詳しい内臓脂肪と皮下脂肪の違いについては、別に記事を用意しているので、こちらを参考にしてください。

内臓脂肪の危険性

内臓脂肪の危険性

冒頭でも少し触れましたが、内臓脂肪は内臓の周りにつくために病気の原因になる事があります。

主に生活習慣病の一因となることがあり、糖尿病や高血圧症・動脈硬化に脂質異常などを引き起こしかねません。

これらの病気は内臓脂肪によって、血糖値や血圧・中性脂肪が上昇してしまう事が原因になります。

皮下脂肪に比べて見た目的には分かりづらいですが、健康的なリスクは皮下脂肪以上なので注意しなければいけません。

内蔵脂肪の落とし方

内臓脂肪の落とし方

有酸素運動

内臓脂肪の落とし方で効果的なのは、有酸素運動です。

長時間の運動をすることで、内臓脂肪がエネルギーとして燃やされて、結果的に内臓脂肪を減らせます。

ダイエットには、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動が有効だと言われますが、とくに内臓脂肪で太った場合には、これが当てはまりますね。

内臓脂肪で太ったと思ったら、積極的に有酸素運動を取り入れるというのが、効果的な内臓脂肪の落とし方です。

ウォーキングダイエットランニングダイエットについてのやり方は、こちらにまとめた記事を用意していますので、実践の際には参考にしてください。

筋トレ

有酸素運動と平行して実践することで、効果を発揮するのが、筋トレでのダイエットになります。

筋トレ自体には、そこまで内臓脂肪を減らす効果はありません。

しかし筋トレで筋力をあげることで身体の基礎代謝があがり、何もしていないときにも、どんどん脂肪を燃焼出来るようになります。

また筋トレをした後の有酸素運動は、より脂肪を燃焼しやすくなるので、筋トレと有酸素運動をセットで実践するようにすると良いでしょう。

炭水化物を減らす

有酸素運動と並んで効果的な内臓脂肪の落とし方は、食事で炭水化物を減らすことです。

炭水化物を摂る量を減らすことで、必要なエネルギーが内臓脂肪から取り出されて使われます。

内臓脂肪の場合、こういった時にエネルギーとして使われやすいので、炭水化物ダイエットが効果を発揮しやすいのですね。

 

とはいえ炭水化物を抜きすぎると、どんどん痩せなくなってくるので、いきなり減らすのではなく徐々に炭水化物を抜きましょう。

また皮下脂肪で太っている場合は、炭水化物を抜いても効果薄なので、自分の脂肪がどちらなのか見極めが重要になります。

内蔵脂肪を落とすコツ

内臓脂肪を落とすコツ

内臓脂肪を落とす場合のコツは、短期集中です。

皮下脂肪と違い、内臓脂肪は短期間で落とす事ができます。

そういった場合、長期的にダイエットをしていると、途中でモチベーションが下がって止めてしますことを考えて、短期集中で一気にダイエットしたほうが効果が出やすいです。

いつまでにどれくらい痩せるのかという計画を立てたら、そのダイエット計画に沿って内臓脂肪を落とすために頑張りましょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

内臓脂肪の落とし方について、いかがだったでしょうか。

皮下脂肪と違い、つきやすいけど落としやすいという特徴は、ダイエットする上ではありがたいかもしれません。

運動と食事制限で簡単に痩せられるので、やる気が続いている間に手早く痩せるようにしましょう。

内臓脂肪で太った場合は痩せるのも難しくないので、ぜひ頑張ってくださいね。