サプリ・健康食品

防風通聖散は授乳中に飲んでも良いの?赤ちゃんへの影響の有無

授乳中の防風通聖散

防風通聖散って授乳中にも飲めるのか、気になっているお母さんいますよね。

妊娠・出産を経て産後太りしてしまい、どうにかして体型を元に戻したい。

けれど赤ちゃんがいるから運動もできず、母乳を出すために食事制限もできない。

だったら漢方薬でのダイエットなら、飲むだけで大丈夫だしできるのでは?

そんな風に考えている人は、実はそれなりに数がいるものです。

また産後に便秘になった際に、母乳からの赤ちゃんへの影響を考えて、下剤を割けて防風通聖散を選ぶ。

これは正しい選択なのでしょうか。

そこで授乳中の防風通聖散の摂取について、大丈夫なのかどうか、調べてみました。

授乳後、ダイエットを再開したときにオススメの防風通聖散は「生漢煎・防風通聖散」です。数ある防風通聖散の中でも、配合してある生薬の量が限界まで増やされているので、ダイエット効果が限界まで高められています。

包装も1回分が小分けになっているので、育児の合間でもサッと飲みやすく、忙しい子育ての中でも継続して飲み続ける事ができますよ。

出産後、なるべく早く体型を戻すことが大切な産後ダイエットで、ぜひ生漢煎・防風通聖散を活用して出産前の体型を取り戻してください。

生漢煎・防風通聖散でダイエット

基本的に授乳中の防風通聖散はNG

防風通聖散は妊娠中はNG

防風通聖散の効果や影響を調べた際、授乳中の摂取が可能かどうか、医師や薬剤師の声を集めてみました。

その結果、授乳中の方に関しては防風通聖散は飲むべきではないという声が一貫して挙がってきました。

赤ちゃんへ授乳しているときには、防風通聖散は飲んではいけないのですね。

では、なぜ安全と思われる漢方薬の防風通聖散を授乳中に飲んではいけないのでしょうか。

 

その理由は、母体が摂取した薬の母乳を通した移行にあります。

基本的に医薬品は母乳移行しやすく、母親が飲んだ量の3分の1から5分の1は、母乳を通して赤ちゃんへ移ります。

そのため健康な状態の赤ちゃんへ、症状の改善を目的とした防風通聖散を母乳を通して飲ませてしまう事になります。

授乳時の赤ちゃんはまだ抵抗力も弱く、体調を悪化させてしまう可能性もあり、危険性が考えられます。

実際、防風通聖散の注意書きにも、「授乳中の方の服用はおやめください」と書かれており、公式にNGとされています。

ちなみに同じ漢方薬でも、大黄が含まれていない別の漢方薬であれば、飲んでもOKという商品もあります。

このあたりは配合している生薬によるので、注意書きを見て飲む必要があるでしょう。

漢方薬だから飲んでも大丈夫だろう、なんて高をくくらずに赤ちゃんのことを第一に考えてください。

防風通聖散を飲むのは、授乳が終わるまで我慢しておきましょう。

赤ちゃんに出てしまう影響

防風通聖散の授乳と赤ちゃんの影響

ちなみに授乳中に防風通聖散を飲むと、赤ちゃんにはどんな影響が出てしまうのでしょうか。

防風通聖散の効果のひとつに、便秘の解消があります。

この便秘の解消効果は、防風通聖散の中に含まれる大黄の働きで腸を刺激することで起こされます。

この大黄の成分が母乳を通して、赤ちゃんの体内に入ってしまうのです。

すると便秘でもない赤ちゃんも排便を強制的に促されることになり、便がゆるくなったり下痢することもあります。

もちろん、軽い症状で収まるでしょうが、これを引き金に体調を悪化させてしまい、大事になる可能性も否定はできません。

また、ある程度成長した赤ちゃんならまだしも、生後3ヶ月のような生まれて間もない子なら、その影響度合いもより大きなものになります。

まだ抵抗力も強くない時期なので、この時期にはなるべく体調を安定させて、健やかに育てたいところ。

防風通聖散の影響をあたえて、ムリな下痢はさせないようが良いでしょう。

赤ちゃんの体調を大事に思うのであれば、授乳中は防風通聖散の使用は控え、乳離れしてから飲むようにしてくださいね。

まとめ

授乳中の防風通聖散について、いかがでしたでしょうか。

漢方薬といえば安全な薬というイメージが強いと思います。

ですが授乳中は母乳を通して、赤ちゃんに薬の成分が伝わりやすく、そのまま影響を与えてしまいます。

防風通聖散の大黄は下剤的な働きをし、赤ちゃんの便がゆるくなってしまい、下痢をさせてしまうかもしれません。

各社公式の注意書きにも授乳中の防風通聖散の服用はNGと書かれています。

もし防風通聖散を飲むたいのであれば、授乳を一旦止めるか、赤ちゃんが母乳を飲まなくなるまで待ちましょう。

授乳が終わったあとなら、ダイエットに防風通聖散を使っても、悪い影響は出なくなるでしょう。

防風通聖散とダイエットについては、別に記事を用意しているので、そちらも参考にしてみてください。