ダイエットの悩み

スタイル改善に必須!皮下脂肪の落とし方6つの秘訣

女性に多い悩みとして、お腹まわりに皮下脂肪がついてしまったという悩みが多いかと思います。

このお腹まわりにつく脂肪ですが、特に女性の場合は「皮下脂肪」のケースが多いです。

お腹まわり中心について、スタイルを崩す原因になる皮下脂肪。

なんとかして、皮下脂肪を落としてキレイに痩せたいですよね。

そこで皮下脂肪の落とし方について、情報をまとめてみました。

Sponsored Link

皮下脂肪とは

皮下脂肪とは

皮下脂肪の落とし方を知る前に、そもそも皮下脂肪とは何なのかを確認しておきましょう。

脂肪には大きく分けて2種類あり、「皮下脂肪」「内臓脂肪」に分けることができます。

そのうち皮下脂肪は、皮膚のすぐ下につくタイプの脂肪で、この脂肪で太ったときには「洋なし形肥満」と呼ばれます。

皮下脂肪はお腹を中心に、お尻や太ももといった場所につきやすく、下半身がどっしりとしてしまうので洋なしのような体型になってしまうのです。

特徴としては、一度身体についてしまうと落ちづらく、スタイルを崩す原因になりやすい脂肪です。

これは、皮下脂肪が身体の備蓄エネルギーとして溜められるからで、予備のエネルギーとして身体につくので、中々落とせないのです。

また迷惑なことに、女性につきやすいタイプの脂肪なので、女性は自分のスタイルを維持するためには、この皮下脂肪の落とし方を覚えて、戦う必要があるのです。

ちなみに皮下脂肪と内臓脂肪の違いについては、こちらの記事を見て頂ければ分かるかと思います。

6つの皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪の落とし方

有酸素運動

脂肪を燃やすといえば、やはり有酸素運動でしょう。

ウォーキングダイエットやジョギングなど、心拍数を上げすぎずに長時間運動することで脂肪を燃やせます。

ポイントとしては20分以上走るようにすることで、有酸素運動は走り始めには、あまり脂肪を燃焼してくれません。

開始後15分くらいから脂肪の燃焼が始まるので、最低でも20分以上は走る必要があるというわけです。

可能であればここに筋トレも加えると、より効率的に皮下脂肪を落とせるようになります。

筋トレ

ダイエットの基本ではありますが、皮下脂肪を落とすためにも、筋トレは有効な方法です。

筋トレをして筋肉を増やしていけば、基礎代謝を上げられて自然に燃焼できる脂肪の量が増やせます。

残念ながら筋トレ自体には、あまり脂肪の燃焼効果はありません。

ですが、こうして筋肉の量を増やしていけば基礎代謝が上がるので、みるみる痩せていくようになるわけです。

 

もし筋トレでゴツくなるのが気になるようでしたら、インナーマッスルを鍛えるようにしてください。

外側の目立つ筋肉ではなく、内側の筋肉を鍛えることで見た目がゴツくなることなく、筋肉の量を増やせますよ。

 

また、筋トレと有酸素運動を両方やる場合、筋トレ⇒ 有酸素運動という順番でやりましょう。

この順番のほうが、身体を温めてから有酸素運動に移れるので、脂肪の燃焼効果をより高めることができますよ。

マッサージ

皮下脂肪の落とし方には、運動だけでなくマッサージもあります。

長期間蓄積された皮下脂肪はその形を変えていき、ボコボコとしたセルライトになっていきます。

このセルライトをマッサージで潰すことにより、身体から排出しやすい状態に戻し、リンパで流しましょう。

 

とはいえ、マッサージでの皮下脂肪の落とし方というのは、あくまでも補助的なもの。

皮下脂肪を燃焼しやすくする方法なので、直接マッサージで皮下脂肪を落とすわけではありません。

筋トレや有酸素運動と組み合わせて、しっかりと皮下脂肪を落とすようにしましょう。

カロリー制限

カロリー制限も有酸素運動と同じくらい、本質となる皮下脂肪の落とし方ですね。

自分の基礎代謝や運動量から、カロリーの消費量を計算し摂取するカロリーをそれ以下に抑えるようにします。

このとき、早く痩せたいからといって、極端にカロリーを摂らないようにするのはお勧めしません。

栄養を摂らないと、筋肉にも栄養が行き渡らなくなり、筋肉量が落ちて、基礎代謝まで下がってしまいかねません。

かならず1日3食をしっかりと食べるようにし、1食だけドカ食いするということは避けましょう。

寝る前に食べ過ぎると、身体に脂肪がつきやすいので、しっかりと食べるなら朝食を多めにすると良いでしょう。

カロリー制限を組み合わせることで、より効率的に皮下脂肪を落とせるようになるので、ぜひ組み合わせてください。

カプサイシンを摂る

これは補助的な皮下脂肪の落とし方ですが、カプサイシンを摂ることで、皮下脂肪をより落ちやすくできます。

唐辛子などに含まれることで有名なカプサイシンは、身体を温めて代謝を向上させる効果があるため、脂肪の燃焼を助けてくれます。

このカプサイシンを普段から食事に取り入れたり、運動前に摂るようにすれば、より効率的に皮下脂肪を落とすことができます。

辛いものが苦手なのであれば、カプサイシンのサプリなどもありますので、自分に合った方法で、カプサイシンを摂ると良いでしょう。

漢方薬を活用する

カプサイシンと同様に皮下脂肪を落とす上でおすすめしたいのが漢方薬の活用です。

一見、関係が薄そうに見えますが、実はダイエットに効果の高い漢方薬も多く、活用することで皮下脂肪を効果的に落とせます。

漢方薬には、代謝を向上させたり排出を促進したりして、痩せやすい体質を作れるものがあるのです。

生薬の力で代謝を自然に高められるので、副作用をあまり気にすること無く気軽に使いやすいのが魅力です。

皮下脂肪に効果の高い漢方薬

皮下脂肪を落とすコツ

皮下脂肪を落とすコツ

皮下脂肪の落とし方は上記にある通りですが、この皮下脂肪を落とす上で大切なのが、継続して実践することです。

残念なことに、皮下脂肪の特徴には「短期間では落ちない」というものがあります。

もともと備蓄用のエネルギーとして蓄えられる皮下脂肪は、いきなり運動をしたからといって、ストンと落ちてはくれないのですね。

また、急に摂取カロリーを減らしたりしてしまうと身体が飢餓状態だと勘違いしてしまい、カロリーを溜め込もうとして、落ちづらくなります。

焦れったくなるかもしれませんが、コツコツと筋肉をつけて基礎代謝を高めながら、徐々に摂取カロリーを減らしていく。

これが皮下脂肪の落とし方としては、1番の近道ということです。

焦らずにゆっくりと痩せるように頑張りましょう。

皮下脂肪を落とす最終兵器

先ほど、皮下脂肪の落とし方のひとつとして、漢方薬が有効だとご紹介しました。

その中でも、皮下脂肪を落とす効果が高く、ぜひともダイエットに活用してもらいたいおすすめお漢方薬をご紹介します。

 

その漢方薬とは、防風通聖散というものです。

これはお腹についた、邪魔な脂肪を分解・燃焼・排出促進をしてくれる皮下脂肪にかなり効果的な漢方薬です。

18種類の生薬が身体に作用して代謝アップや便秘に肩こり、むくみの改善など様々な効果を発揮してくれます。

 

EGタイトLightでお腹痩せ

その中でも、特にオススメなのがEGタイトLightという商品で、効果が医学的に認められた医薬品です。

特徴としては飲みやすさにこだわっており、漢方独特のクサみや苦味を感じずに飲めるので、漢方薬が苦手な方でも気にならずに飲めます。

パッケージもポケットサイズのパックになっているので、外出時にも持ち運びしやすく、いつでもどこでも飲めるが嬉しいポイント。

これによって飲み忘れを防止して、効果が出るまで継続して飲み続けることが楽になっています。

 

サプリなどは、本当に皮下脂肪を落とせるのかという疑問がどうしても拭いきれませんが、防風通聖散であるEGタイトLightは大丈夫です。

医薬品で検証を重ねており効果効能が医学的に認められています。

そのため、確かな代謝のアップが見込め、皮下脂肪を効率的に落とす事ができます。

いまなら980円でEGタイトLightを試せるため、気になったら自分に合うか試してみると良いでしょう。

確実に皮下脂肪を落としたいのであれば、ぜひEGタイトLightも活用してしっかりと痩せてください。

EGタイトピュアで皮下脂肪を落とす

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

皮下脂肪の落とし方について、いかがでしたでしょうか。

すぐに痩せたい人には残念なことですが、この皮下脂肪というものは、すぐに落とすことはできません。

代謝を増やしカロリーを減らす方法で、ゆっくりと皮下脂肪を落としていくというのが、実は1番の近道なのです。

焦る気持ちは分かりますが、リバウンドしては元も子もないので、気持ちを落ち着かせて、ゆっくりとダイエットするようにしましょう。

長期的な減量になるので、レコーディングダイエットと組み合わせるというのも、お勧めですよ。