よくある悩み

ダイエットを始める前に知ろう!内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは

皮下脂肪と内臓脂肪の違い

お腹に脂肪がついてしまった、なんて話をよく聞きますが
そのお腹の脂肪にも、二種類あるってご存知ですか?

聞いたことがあるかもしれませんが
脂肪は、「内臓脂肪」「皮下脂肪」というものに分けられます。

この脂肪の種類によっては
お腹につく部位や落とし方も変わってくるので、見極めが重要です。

詳しく知らなかった、というひとのために
内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて、まとめてみました。

Sponsored Link

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは?

内臓脂肪と皮下脂肪の違いには、いくつかの特徴があります。

  • 脂肪がつく部位
  • ダイエットしたときの落ちやすさ
  • 性別でのつきやすさ
  • 脂肪がついたときのリスク

これらを知っておくことで、お腹まわりの脂肪がどちらか判別することができ
いまの自分にどんな問題があるのか、どう落とせばいいのかが分かります。

まずは、自分の脂肪がどちらなのか見極めましょう。

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは

内臓脂肪とは、読んで字の如く
お腹の内臓周りについてくる脂肪です。

お腹の奥深くにつくので、脂肪がついていると分かりづらく
体全体が丸くなっていくイメージですね。

内臓脂肪で太ってしまった場合は
「りんご型肥満」と呼ばれる体型になりがちです。

男性ホルモンによって蓄積されるため
どちらかというと、男性に多いタイプの脂肪ですね。

内臓脂肪は「普通預金」に例えられ
溜まりやすいけれど、落とすのも簡単な傾向にあります。

とはいえ、健康的に問題にもなりやすく
糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなることがあります。

内臓脂肪の落とし方については、個別に記事を用意しているので
こちらを参考にしてください。

皮下脂肪とは

皮下脂肪とは

皮下脂肪とは、「皮の下の脂肪」という文字通り
皮膚のすぐ下で、内臓の上につく脂肪のことです。

お腹の表面に近い部分に脂肪がつくので
ぱっと見でも脂肪がついている事が分かりやすいですね。

皮下脂肪で太ってしまった場合には
「洋ナシ型肥満」と呼ばれる体型になりがちです。

男性ホルモンが比較的少ない女性は
内臓脂肪よりも、皮下脂肪で太るケースのほうが多いです。

皮下脂肪は「定期預金」に例えられ
一度ついてしまうと、中々減らせないという問題があります。

スタイルを大事にする女性には、減らしづらいというのは深刻な問題ですが
健康に対しては、影響は少ない傾向にあります。

この皮下脂肪の落とし方についても、個別に記事を作りましたので
詳しくはそちらを見てみてください。

どちらのほうが危険なのか

危険な脂肪

それぞれの脂肪の特徴についてでも触れましたが
より危険な脂肪は、生活習慣病の原因にもなる内臓脂肪の方です。

内臓脂肪を溜めすぎると、糖尿病や高血圧、高脂血症に動脈硬化といった
深刻な病気の原因になることが予想されます。

ある研究データによると、脳梗塞や心筋梗塞での脂肪率は
内臓脂肪が多い人のほうが16~20倍も多かったという結果もありました。

スタイル的には目立ちづらくても、健康や死亡に直結する内臓脂肪は
より積極的に減量していく必要があると言えるでしょう。

健康的な目安としては、ウエストが85cm以上あると危険だといわれています。

このときのウエスト周りについては、BMIは関係ありません。

もしウエストが85cm以上あるのであれば、すぐにダイエットを考えた方が良いでしょう。

 

この記事に興味がある方には、こちらもオススメです。

まとめ

内臓脂肪と皮下脂肪の違いや特徴について、いかがでしたでしょうか。

内臓脂肪は、男性に多く健康に影響が出やすいタイプの脂肪。

皮下脂肪は、女性に多くスタイルに影響が出やすいタイプの脂肪。

ダイエットをした場合には、内臓脂肪は減らしやすく、皮下脂肪は減らしにくい
といった特徴がありましたね。

どちらにせよ、脂肪を増やすことで喜びにつながる
なんてことは中々無いと思いますので、どっちの脂肪も落とせるように頑張りましょう。

頑張って、健康的なスタイルを手に入れてくださいね。